カテゴリー「まとめ」の62件の記事

2016.12.30

2016年 私的ドラゴンズ重大ニュース

10個もないので10大ではなく重大で。

・谷繁監督がシーズン途中休養。

監督専任になり変化が期待された谷繁監督だったが、
相も変わらずの近視眼的采配に加えてフロントからのバックアップも期待できないとあってはこうなるのも必然か。
後任は森ヘッドを据えてセ・リーグでは群を抜いての高齢監督に。
数年後に小笠原二軍監督への禅譲が既定路線なんでしょうが道のりは決して平たんではなさそう。
功績は松井雅人を1年でほぼ完全に見切ったことくらいでしょうか。

・ビシエドがあたり

最後は故障で尻すぼみになったものの可能性を見せた新外国人のビシエド。
きちんとお金をかければ当たりの確率はぐんと上がるという当たり前のことを再認識させるにはいい結果だったようで、ゲレーロ、アラウホと150万ドルクラスの外国人補強が続いています。

・小笠原慎があたり

外れ1位だったものの前年の甲子園優勝投手小笠原をドラフト1位指名しました。
いろいろめぐりあわせもありましたが後半戦はしっかりローテに定着して2勝上げることができました。
中途半端な即戦力投手よりスケールの大きい高校生投手という当たり前のことを再認識させる結果に。
伊藤準規や鈴木翔太のスケールが大きいかどうかは知らない。

・田島が開幕からの連続試合無失点記録。

開幕当初は勝ちパターンに入っていなかった田島でしたが、
開幕直後から好調、無死満塁で降板しても後続が抑えるなどの運もあって記録達成。
80試合以上投げるような登板ペースでしたが中盤以降はクローザーになって登板過多とまではいかない程度にセーブできました。

・堂上直倫が規定打席到達

「250打てたらレギュラー(だけどどうせ打てない、という皮肉)」を現実のものにした稀有な選手に。
3番ショート遠藤を谷繁がたった7試合で見切ったことで達成。
ぶっちゃけこの程度のことを重大ニュースにしなければいけないほど話題のないシーズンでした。

・大島、平田がFA残留。

隔年の当たり年のあとに交渉できた大島はともかく、
平田はいろいろと不満の残る成績でしたが長期契約を勝ち取りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016.12.18

2016年 私的選手短評

基本的に何もなかったシーズンなので・・・

00 エルナンデス 帯に短したすきに長し。ただしチームは布なら何でも欲しい状況だった。
1 友永 ネタにしてやるほどの出番すらなかった。
2 荒木 不調の時の監督が谷繁でなければもう少し見栄えのいい成績だったかな?とは思う
3 髙橋 5年後くらいにはじめて規定打席到達してそう。
4 藤井 この人のFAに関しては球団の方針の方が正しかったようだ。
5 阿部 監督休養後1軍に上がったのには笑った。多少打ったのはもっと笑った。
6 平田 いろいろ器の限界が見え隠れしたシーズン。
7 森野 これを「去年よりマシ」と言っていいのだろうか?
8 大島 地味に隔年といういかにも中日らしい選手。
9 石川 街ですれ違ってもまず気が付かない。
11 小笠原 期待以上だった。
12 田島 予想外だった。クローザーの座ってからは最後の2試合以外安定感もあった、
13 岩瀬 谷繁の博打に付き合わされていろいろ回り道してしまった印象。
14 佐藤 野村と浜田のおかげでマシに見える。
16 又吉 中継ぎで2週で4敗とかいう地獄。
17 雄太 老衰ってことでいいんだと思う。
18 鈴木 出身高校の名前以外の個性がなくなっていく。
19 吉見 復活。溢れる小姑臭。
20 野村 出身会社の名前以外の個性がなくなっていく。
21 岡田 恐るべし侍JAPAN補正。
22 大野 左の門倉。
23 遠藤 3番に据えたい理想はわかるが役者不足だった。
24 福谷 コーチが変われば案外簡単に化けそうな気はしている。
25 武藤 あ、いたんだ、とかそういう印象。
26 井領 下手すりゃ2年目で首が涼しかったがプロ初ヒットで踏みとどまった。
27 谷繁 途中休養は功労者に対する仕打ちではないと思うが、来季も監督をやってほしいとは全く思わない。
28 岩田 春先、タイミングが合えばなぁ。
29 山井 有給2年目消化。
30 阿知羅 戦力外候補からまさかの逆襲。
31 野本 スタメンで使うような選手層だったのが悪い。
32 西川 あ、うん・・・そうだね・・・って感じの戦力外。
33 祖父江 絶対に勝ち星つかないマン。
34 福 浜田よりマシという風潮。
35 木下 チャンスはあると思うが。
36 石岡 謎の俊足ファースト。
37 三ツ俣 SNSでよく見かける人。
38 松井雅 捕手にも打力を、という当たり前のことを再認識させた男。
39 加藤 第2の松井雅になるか上を行くか正念場。
40 桂 いろいろとタイミングが悪かった。
41 浅尾 客寄せパンダも1軍にいなければ意味はない。
42 ハイメ パワプロ動画で見た。
43 濱田達 実は開幕ローテだった。
44 バルデス スピードスター。
45 杉山 ケガをせずに打ては活路は開けるという話。
46 古本 2軍中継で見た。
47 浜田智 たぶん野村よりは有名。
48 溝脇 1軍の試合に出てこないことで期待値を上げる人。
50 金子 その他大勢から脱却できるか?
51 山本 山本昌がいなくなったただの人になってしまった。
52 武山 ファームではサードもやってたりする。
53 亀澤 実質2年目のジンクスにどっぷりハマった。
54 ネイラー 使い捨てみたいで悪いことしたなー、とは思う。
55 福田 大器晩成なるか?
56 松井佑 2安打翌日にスタメン外されたのは多少同情する。
57 小川 地味にキャリアハイというか1軍キャリアの本格スタート。
58 八木 一芸枠。
59 大場 プロアマ戦での喜びようは素直でいいなぁと思った。
60 ナニータ たぶんドラゴンズ随一の巧打者。でもいらない。
61 若松 実質2年目のジンクスの沼に腹からダイブしていった。
62 工藤 たぶん一番打てる左の控え野手(苦笑)
63 堂上 これを成長といっていいのだろうか・・・守備は抜群に安定していた。
64 小熊 好事魔多し。
65 伊藤 去年よりマシになったかもしれないが去年よりさらに魅力がなくなったと思う。
66 ビシエド 待望の長距離砲。『クジ』ではなく、きちんと投資した外国人がひとまずあたったのは大きい。
67 近藤 予想外に頑張った。
68 赤田 いついたのかもわからない。
69 赤坂 いつの間にかいなくなってた。
70 谷  何年連続の崖っぷちなんだろう。
98 セプティモ よくある外れ外国人。
99 ジョーダン 起用法が気の毒だった。
202 岸本 所属チームが気の毒だった。
206 三ツ間 契約が気の毒だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2015.12.28

ドラゴンズ2015年私的重大(10大)ニュース

年内最後の更新

1.山本昌引退

順位をつけるならぶっちぎりの1位項目かな。
最後の方、某日曜朝の番組で現役にしがみついていることを批判的に言われることもありましたが
32年間ほぼ『戦力』として貢献してくれた偉大な投手。
40歳シーズンの当たりでは「ぎりぎり200勝届かないかなぁ…」なんて思っていましたがそこから10年も頑張ってくれました。
来春に引退試合は用意されていますが、現役選手としての登板は今季で終了。
お疲れさまでした。

2.和田2000本安打達成そして引退

昨年の死球禍で通算2000本安打を逃していた和田が2000本安打を達成。
その後史上3人目の両リーグ1000安打も達成しました。
そして今シーズン限りでの引退発表。
昨シーズン中に達成していたら今季は代打の切り札的な使われ方もあったのかもしれませんが
そういう道は選ばずに自分で決断したという感じでしょうか。
福留と入れ替わる形での入団だったのでハードルは高かったと思いますが2010年のMVPなど十分チームに貢献してくれました。

3.川上憲伸、退団して無所属に

川上が球団から戦力外&コーチ要請を受けましたが、チームにとどまらずに退団。
現実問題としてNPB復帰は難しいと思いますが、
自分の中で整理のつかない部分もあるのでしょう。
MLB移籍前の貢献度だけでいわゆる「中日での引退試合の要件」は満たしている選手だと思うので、『引退』を決めたあとは普通にナゴヤドームで報告してほしいなぁ。

4、谷繁引退専任監督へ

こちらは既定路線通り。
自分の立場もあって派手な引退試合とかはやめたかったみたいですが
ラストゲームになった横浜スタジアムでの盛り上がりを見るに
きちんとナゴヤドームでも「引退試合」をやってやるべきだったかなぁ。
選手としては出場試合のNPB記録も更新。
監督としては権限がどこまで及んでいるのかあいまいな部分が
来年以降改善されるかも注目でしょうね。

5、小笠原、朝倉も引退

このままだとみんな1項目ずつ行きそうなので(苦笑)
「ドラゴンズでの貢献」が一歩落ちる小笠原とつう戦成績が一歩落ちる朝倉をまとめよう。
2人とも現場とフロントで中日球団に残ることになりました。

6、大野200イニング到達で3年連続二けた勝利

過去2年の10勝10敗ペースとはチームへの貢献度という部分で段違いのシーズンでした。
来年は自身初の開幕投手も現時点でほぼ確実。
名実ともにチームのエースになる感じですね。

7、亀澤が存在感示す。

他球団の育成から支配下での移籍という少し変わった形での獲得でしたが
キャンプ終盤から1軍に合流するとそのまま1軍で完走しました。
平田とともにパフォーマンスの面でもチームになじみました。
逆にホークスの選手層のすごさも感じますが(苦笑)
来季は2000本安打も視野にはいる荒木と本格的なレギュラー争いですかね。

8、若松が10勝

現有戦力の底上げの面で明るい話題の少ないドラゴンズでしたが
交流戦途中から完全に一軍に定着した若松があれよあれよという間にローテにも定着。
「10勝」に関しては雨天中止とかいろいろ運もめぐってきた感じもありますが
頑張ったご褒美というところですかね。

9、福谷、又吉、田島らのツイッター更新が滞る。

だったらやるなというべきか、賢明な判断というべきか(苦笑)

10、平田が侍ジャパン(日本代表)で活躍

堂上ほどではないにしろ「これじゃない感じ」に成長しているなぁ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2015.12.21

2015年 私的選手短評

00エルナンデス 雑。

0ルナ 大きな故障でもしない限り来年はやられる。その回数と質の問題。

1友永 春はド最悪のタイミングで故障した。

2荒木 谷繁としては亀澤優先なんだろうけど…。

3高橋周 背番号しか話題にならなかった印象。 

4藤井 なんだかんだで谷繁には気に入られていると思う。3番は勘弁してほしいが。 (去年のコピペ)

5和田 自分を貫きおった。

6平田 いろいろと物足りない。けど何となく「こんなものかな」というのも見えてきたような…。

7森野 打点10。本気でサードやるつもりならまず痩せてみては?

8大島 ミスターセカンドゴロ。隔年法則なら16年は打つ年

9石川 死球災

11川上 せめて引退報告はナゴヤドームやってほしい。

12田島 頑張った。けど安定していたわけではない。

13岩瀬 背水の陣

14朝倉 OP戦の指名打者は何だったのか。

16又吉 デニーの三重殺リレーに殺された人。その1。生き返りそうなタイミングでデニーが殺してゆく

17雄太 使えば6回3失点くらいには抑えそう。でもそれではドラゴンズでは勝てない。

18鈴木 消えた。

19吉見 中10日をやめたとたんに失速して、何とも言えない気分に。

20野村 素材型高卒社会人という触れ込みは間違っていなかった。 

21岡田 もっと使いどころがあるだろう。

22大野 一番の成長株。数字以上に昨年とは雲泥の差 

23遠藤 福田といい、こういう人がスタメンでいるうちはそこそこチームの状態は良かった。

24福谷 デニーの三重殺リレーに殺された人。その2。

25武藤 もう先発は勘弁してください。

26井領 まぁむずかしいわな。

27谷繁 結局無駄な2年間だった。来年から監督をやるにしても兼任監督はなかった。

28岩田 使えば5回3失点くらいに抑えそう。それではどのチームでも迷惑である

29山井 37歳シーズンで2年目のジンクスに嵌った男

30阿知羅 珍名以外に話題すらなかった。

31野本 代打の切り札…は目指すのもではないのだろう。

32西川 使えば5回4失点くらいに抑え…たとは言わんよなぁ

33祖父江 それでも頑張った方だとおもう。

34山本昌 ただただすごい投手。山本昌がいないシーズンというのがいまだに想像できない。

36小笠原 これほどの選手、最後にいいシーズンを送れたのはよかったと思う。

37三ツ俣 想像以上に打てなかった 

38松井雅 想像以上に打てなかった上に、時々守備でもテンパりやがる。

39加藤 そういえばいたなぁ。

40桂 イップスだなんだの1年目を思えば上出来。ただ期待との比較ではまだまだ。

41浅尾 先発やらせてみたい投手の1人だったけど本人にその気はないみたいね。

42 リーバス リバース

43濱田 デニーは『育てたい』んだと思う。

44バルデス 1デニーの三重殺リレーに殺された人。その3。中4日で無理やり回して壊れるとか目も当てられない。

45杉山 まさかの正捕手争い参戦、といって過言ではあるまい。

46藤沢 だったら獲るな。的なアレ

47浜田 期待外れ。新人王はいかないまでも5勝くらいするもんだと

48溝脇 うーん。亀澤加入でいろいろタイミングを逸したかも

49ペレス ネイラーと2人で4勝と思えば、まぁ・・・

50金子 ルーキー投手で一番頑張ったのが彼という(苦笑)。

51山本雅 名前ネタだけだった。

52武山 相手投手の左右で松井とツープラトンとかシャレにもならなかった。。

53亀澤 思わぬ拾い物。

54ネイラー 時すでに遅し。(ネイラーの責任ではないが) 

55福田 好調な春先に高橋とツープラトンだったのは不幸だった。

56松井佑 その他大勢になり下がった感

57小川 厳しそう。

58八木 カープ専用機。なのはいいことなのか悪いことなのか。(どこにも通用しないよりはるかにましだろうけど)

59山内 山内が10勝できる統一加藤球とかいう球界の黒歴史。

60ナニータ 化ける気配がない…というか谷繁が全く信用してないよね。

61若松 チェンジアップで築いた10勝。一番2年目のジンクスに嵌りやすいタイプではあるが…

62工藤 工藤がいればな・・とは思わなかったなぁ

63堂上 札幌で打ったあと、使われなかったのは不幸といえば不幸

64小熊 不運というかなんというか… 

65伊藤 使ってやれば3回4失点くらいになりそう。

66古本 迷走中 

67高橋聡 使ってやれよとは思った。使う気がなかったのではと今は思っている。

68赤田 人数合わせ

69赤坂 まさかの活躍だった。

70谷 70番で2年目を迎えるなかなか珍しい人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015.06.18

交流戦後休みのドラゴンズ私的選手短評

あすの東京ドームでのジャイアンツ戦からリーグ戦再開。
予告先発は菅野と大野。

で選手短評。採点は10点満点平均は6.0くらいのイメージで

大野 9.0 アレだけ捕手をころころ変えられる中、抜群の安定感。マイナス要素はライオンズ戦くらいかなぁ。

バルデス 6.5 馬車馬。5月6日のような継投や援護があれば4勝4敗くらいにはなったと思う(6勝2敗になるとは思えない)

山井 4.5 去年と足して5割くらい、かな

八木 3.0 数字ほど評価は低くないんだけどできれば中のロングリリーフやってほしい

小熊 5.5 信頼されていないよね

若松 6.0 小熊より多少運が良い。

武藤 5.0 使われ方に同情はするが、先発は役者不足だとも思う。

岩田 5.0 6回3失点のうちに勝たせてやらないと3回5失点とかしだすぞ。

吉見 5.0 要は中10日未満がダメってことでいいんじゃなかろうか。 

祖父江 5.0 地味に二年のジンクスに

又吉 5.0 なんだかんだで戻りつつあると思う。5月6日の継投がなけりゃもっと楽だったろうに

福谷 5.5 又吉より失敗は少ないよね。5月6日の継投が酷過ぎて時間がかかった感じ

浅尾 4.5 どうするんだろ

田島 6.0 去年よりは安定してる。

岡田 5.5 期待外れ

高橋聡 5.5 期待されているのかどうかわからない

金子 5.0 キャンプで1軍にいなかった彼くらいしかルーキーで戦力になっていないというのがね・・・ 

西川 5.0 期待していなかった分、よくみえる。

朝倉 - 彼の失敗の時点で「第2先発」なんて発想やめればよかったのに。

大島 6.0 ケガをしないって大事なことなんだな、と

亀澤 7.0 めっけもん。

平田 5.5 怪我がなければよかったんだけどね

ルナ 7.0 怪我をしてなお高評価というドラゴンズナンバーワン野手

和田 5.5 出遅れ分マイナス。出て以降だけなら6.5とかそんな感じ

森野 4.5 ケガをしなかったら福田も出てこなかったわけでね。

福田 6.0 そこまで悪くないと思う…というかいいか悪いか判断できるほど最近の出番がない。

高橋周 5.0 積極性のなさってファンに訴えるって意味で不利だよね。

荒木 5.5 言うほど悪くはないんだろう。普段ならボチボチエンジンがかかるところだけど今年は亀澤がいる。

エルナンデス 6.5 雑。期待よりはよくやっている。

ナニータ 5.5 巧打者。ただしこれがドラゴンズにどうしても欲しい外国人野手かと言われれば・・・

藤井 5.0 豊橋限定なら10点。和田が戻ってきて何となく落ち着いた。和田がいない時に実力を発揮してほしかった。

堂上 4.5 札幌のあと不出場が続いたのには同情するが、それもここまでの行いのせいである。

小笠原 7.0 ちょくちょく使われどころがはやい気はするがそれは小笠原の責任ではあるまい。

松井佑、野本 - うん・・・もう・・・

工藤 - 言うほど必要な選手か?

井領、友永 - 期待されているわけでもなさそう・・・

桂、加藤、武山 - 人数合わせ。そんな中で結果を出した桂は評価してやりたいけど。

杉山 6.0 桂と比べて何がいいってわけでもないけど、タイミングよく谷繁が怪我をした。

松井雅 3.5 捕手として云々もそうだけど打撃であまりに期待できない。

谷繁 4.0 ホームラン打てるあたりはさすがだなぁ…と。さすがに選手としては限界っぽいけど

1軍戦力で漏れている選手は本当に忘れています(苦笑)

<ウ・リーグ:ドラゴンズ5-6タイガース(150617)>

鳴尾浜
D|000 000 203|=5
T|000 000 06X|=6
  

ドラゴンズ投手リレー
雄太(7.0)→岸本(1)

野手スタメン
6遠藤、8友永、9井領、D松井佑、7ナニータ、5高橋周、3野本、4谷、2武山

ドラゴンズ本塁打
谷(9回2点)


8回に集中打を浴びて逆転負け

<ウ・リーグ:ドラゴンズ4-5タイガース(150618)>

鳴尾浜
D|000 003 100|=4
T|011 001 011X=5X
  

ドラゴンズ投手リレー
山本昌(2)→朝倉(3)→八木(3)→金子(0.1)

野手スタメン
6遠藤、8友永、5高橋周、7松井佑、Dナニータ、3野本、4谷、9井領、2武山

ドラゴンズ本塁打
高橋周(6回2点)、野本(7回1点)

山本昌が復帰登板。
2回20球3安打(被本塁打1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015.02.26

【備忘】セ・リーグ守備指標(2014年UZRとか)

ソースはスラッガーの選手名鑑

0が平均 10超えるとスゴイ(良い方も悪い方も)
15越えるとGG文句なし いろいろイチャモンのつく指標だけどだいたいそんな感じ。

2014年UZR 守備イニング400以上

一塁手
森野D  +4.2
ロペスG +1.7
畠山S +1.4
エルドレッドC +0.9
ブランコB -2.5
キラC -3.0
ゴメスT -12.8

二塁手
片岡G +11.2
菊池C +11.0
荒木D +0.7
山田S +0.6
石川B -3.3
上本T -10.1

三塁手
ルナD +6.4
梵C +0.5
今成T +0.1
バルディリスB -1.8
川端S -2.1
村田G -8.3

遊撃手
堂上直D +9.1
坂本G +7.0
森岡S +4.8
木村C +3.2
エルナンデスD +0.7
梵C -2.2
山崎B -4.2
白崎B -4.5
鳥谷T -5.3
田中C -7.4

左翼手
筒香B +8.2
藤井D +5.4
アンダーソンG +1.0
エルドレッドC 0.0
和田D -1.3
ロサリオC -2.4
マートンT -5.5
バレンティンS -8.5

中堅手
大島D +13.8
大和T +6.6
橋本G +2.4
上田S -0.7
丸C -3.8

右翼手
平田D +15.3
梶谷B +10.2
福留T -0.78
雄平S -0.82
長野G -9.5
松山C -11.2


2014年セ本塁生還阻止率10傑
(外野単打で二走の本塁生還を阻止した割合。機会20以上)

藤井D 46.9%
大島D 46.8%
平田D 45.3%
福留T 42.9%
バレンティンS 41.7%
梶谷B 40.9%
筒香B 39.5%
長野G 38.6%
大和T 35.9%
橋本G 35.5%

続きを読む "【備忘】セ・リーグ守備指標(2014年UZRとか)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014.12.26

私的選手短評2014年版

たぶん10年目のこのブログ最後の記事です。

00エルナンデス ドミニカンだなぁ。セサルとかいう前例がなければもう少し普通に見ることができたかもしれない。

0ルナ 間違いなくドラゴンズ随一の打者。そのせいでないものねだりまでされてしまう。
    自分が中二なら、「ルナが2番を打てれば強い」とかドヤ顔で言ったかもしれない。

1堂上直 春先の好調は何だったのか。

2荒木 復活。ただし進歩したわけではない。

3吉川 背番号3を受け入れなかった森野が悪いってことで

4藤井 なんだかんだで谷繁には気に入られていると思う。3番は勘弁してほしいが。

5和田 2000本安打を達成しなかったことでいろいろと難しくなった。

6平田 合格ではなく赤点回避というところ。しかも受けたのはレギュラー試験ではなく4番試験だったはずだが…

7森野 打棒は復活。本気でサードやるつもりならまず痩せてみては?

8大島 藤井との激突でいろいろ失った感。

9高橋周 「ナゴドで打てない」はオカルトの範疇だと思う。走塁と守備はできないまでも意欲は持ってほしい

11川上 川崎、浅尾、ネルソン以上の空気開幕投手。

12田島 ルイージみたいなピーキーさ。先発させてみたい投手の1人。

13岩瀬 守護神スタートだとは思う。中継ぎはもうできないとも思う。さて・・・

14朝倉 勝てたのはめでたい。彼以外に地方で投げる投手が欲しい。

16又吉 見てて楽しかった。

17雄太 小笠原孝の正統後継者

18鈴木翔 浜松ジョイナス要員から脱却成るか

19吉見 まさか本当に戦力としてアテにしていたとは…

20山崎 (笑)

21岡田 実質2年目のジンクスというヤツである。

22大野 左の門倉(ただし三振はとれない)

23鈴木義 又吉とうまい感じで世代交代できたかな。お疲れ様。

24福谷 今季もっともドラゴンズファンの手首を破壊した男。「ふくやん」の呪いを打ち破った。

25武藤 岡本2世になりえると思ったんだが。

26山内 いたっけ?

27谷繁 監督としては徐々に小慣れてきた感じはある。戦力としては・・・まぁ第一捕手だよなぁ…

28岩田 マジカルフォークとか誰も覚えていない。

29山井 早熟なのに大器晩成。初の規定到達をいうならこれくらいやらんとなぁ>平田君

30阿知羅 珍名さん。

31野本 最初の方、代打の切り札だったんだぜ…

32西川 頑張ってほしい人だけど厳しいかも

33祖父江 プロ入りのタイミング的に背水の陣だったが押し返した。又吉、福谷と比べると格は落ちるけど一緒に扱われている感じがどう出るか?

34山本昌 木俣や小松を黙らせるためにも(苦笑)ケガなくやってほしい。

35辻 いろいろ厳しかったなぁ。

36小笠原 井端とのトレードと思えばよい買い物だった。

37三ツ俣 思わぬ拾い物。

38松井雅 8月中旬の2軍落ちからチームの歯車が微妙に狂ったと思う。彼の離脱で狂う程度のチーム力だったってことだが。

39三瀬 去年の大変な時期ご苦労様でした。

40桂 イップスとかいわれたけど最後出られないまでも1軍に上がれたのはよかった

41浅尾 先発やらせてみたい投手の1人。

43濱田 BIG3の3番手の座を死守した。救世主である。

44ゴメス 10万ドルで獲得できる選手なんてこの程度である

45杉山 ツイッターで変な公式RTしている印象しかない(笑)

46藤沢 今回この短評書くにあたって背番号から調べなおした人。

47パヤノ 期待外れ・・・というほど期待してもなかったろ。

48溝脇 出てないから失敗をする機会がなくて叩かれないってレベルだとは思う。化けてほしいけど。

49武山 まー獲ってよかった。どうしても必要、とは思わないけど。 

50中田 ポジション的に厳しいよなぁ。動けるといっても見た目のイメージの割にって注釈がつくし。

51川崎 短評無し

52小田 昌専用みたいになったのはよかったのかどうなのか。お疲れ様。

53井上 今回この短評書くにあたって背番号から調べなおした人、その2。

54森越 守備の人・・・というほど守備のイメージがないのだ。

55福田 未完の大器・・・というか完結する気はあるんだろうかとすら思う。

56松井佑 和田がちょくちょく休んでいるときは頑張ったけど長期離脱の際は頑張れなかった。

57小川 今も地上波で珍プレー集があれば有名になれたかもしれない。

58田中 いろいろタイミングが悪かった。

59矢地 又吉と比べるとさすがにね。

60井藤 よく育成から這い上がったと思う。お疲れ様。

61若松 完成系は吉見…なのか?

62工藤 ベンチ要員from宝の山。英智ほど「絶対に1軍に必要」とも思わないけど意外に打てた。

63堂上剛 育成契約は原の厨二病的采配の延長みたいなもんだと思う(すぐに支配下に行きそう)

64小熊 そういえばいたな、という程度

65伊藤 優遇されていた人。それに応えたかと言えばかなり微妙。

66古本 溝脇の項と同じ

67高橋聡 まーた故障した

68赤田 いつ支配下になったんだけ?とかそういう感想

69小林 落合じゃないと使いこなせなかったというところなんだろう。お疲れ様。

70谷 頑張った。がんばったけど70番を継続する程度の頑張り。

71波留 彦野より言い訳がましくない。

72佐伯 不徳の致すところってヤツである

73赤坂 遠回りした分を取り戻せるか、厳しい立場に。

80森 抗議で退場もしたし、思い出作りはできただろう。思い残すことも少ないのでは。

81友利 この人の権限はどこまであるんだろうか

90達川 いたんだ・・・

99カブレラ 不遇だとは思う。全面的に擁護するほどではないけど。

GM落合 「風よけ」になるって意味では成功している。『オーナー付きシニアディレクター』とかの役職が実態に近いとは思うがそれでは風よけにはならんしな。


こうしてみると期待外れの選手は
カブレラ、吉見(故障明け)、岡田(先発転向1年目)くらいで
その次に平田や大野が来るって感じになって
頑張った選手は多いと思う。

だからこそこのオフに『上積み』が欲しかったけど…

続きを読む "私的選手短評2014年版"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2014.12.22

ドラゴンズ2014年私的重大(10大)ニュース

選手短評は年内に発表できれば・・・

10.平田初の規定打席到達

それで?という話だがそんな程度しか話題がない今季のドラゴンズだった。

9.大島3割とGG

前年、WBC用調整でいろいろ失敗した大島が復活。
故障したオールスター前後と8月に活躍できず
チームの勢いをどうこうすることはできなかった。
オフは契約更改交渉で保留してマスコミにネタを供給。

8.大野2年連続10勝

開幕投手を川上に譲った大野は
見た目の数字以上に安定しない投球でモタモタしたものの、
2年連続最終登板で2ケタ勝利到達。
チームが苦しんだ8月に未勝利とチームの軸とは言い難い内容でした。

7.和田2000本安打達成ならず

通算1900安打でシーズンが始まった和田だが残り15本でバリントンから死球を受け記録達成ならず。
Jスポーツでの森ヘッドコーチの発言を見るに今期中に記録達成して2015年シーズンは世代交代を推し進める腹づもりだったようだが絵に描いた餅となった。
なおバリントンはシーズン終了後荒木に死球を食らわせて骨折させた東明のいるバファローズへ移籍。

6.侍ジャパン、ドラゴンズとかかわらずに日米野球

日本代表が侍ジャパンの名を冠して日米野球が行われましたが、
ドラゴンズからの選出はゼロ。
Bクラスチームだけに妥当な人選とも言えるが、
当落線上の選手を選んで要らぬ雑音を封じるという措置は取られなかった模様。
かつてプロ野球脱税事件の震源地的な球団だけに代表監督も思うところがあったかもしれない。

5.岩瀬が400セーブ

前人未到の地をひたすら歩む岩瀬がまたしても大記録達成。
ただ直後に故障発生し、NHKサンデースポーツのインタビューのそのままお蔵入りとなった。
岩瀬離脱後は福谷が守護神として安定したところを見せただけに正念場のシーズンとなる。

4.観客動員200万を回復

前年200万人を割り込んだナゴヤドームの観客動員だが
レプリカユニの無料配布日を前年比1日増やすことで200万人を突破。

3.山本昌最年長勝利

投げる最年長記録、山本昌が勝利を挙げて来季は50歳となるシーズンになる。
本人は「9割引退」と言っているが、その発言をしっかり受け止めている人間は少ない模様。

2.又吉・祖父江が活躍

入団会見時のかどやのごま油に実家のキャラメルとネタ新人と思われた両投手が活躍。
ドラゴンズのドラフト独自路線は相変わらず投手ではいいところをついているところを見せた。
特に独立リーグからはじめてドラゴンズ入りとなった又吉は交流戦明け以降完全に勝ちパターンに定着。
ドミニカでMLBスカウトにその雄姿を見せるまでの活躍を見せた。

1.85-86年以来の2年連続Bクラス

心機一転、谷繁監督体制となったドラゴンズだが
勝負どころと見られた8月に大失速し結局4位となった。
ピースがひとつハマれば2位くらいまでは望めそうなチーム力だとは思うが、
そのひとつのピースを見つけることが現体制でできるのか
やや不安を見せたシーズンともなった。

番外・球団が私設応援団を公募

シーズン初めから鳴り物応援がないという異様な状態が続いていたが、
公募を募りシーズン終盤の9月下旬に応援再開。
6年前の騒動あたりから想像できた展開だが
もっともスピード感に欠ける対応に終始した。
選手の応援よりも大事なメンツがあったものと思われる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2014.07.19

前半戦選手短評(投手編)

きょうはオールスター2日目

山井が2イニングの予定を全うできずに5失点、
福谷は(たぶん)登板前倒しになって1回1/3を1失点、
大島は最後に代打で出てきて投ゴロ(後半戦大丈夫かなぁ?)

というわけで投手編(平均で6.0)

大野 5.5 数字みたら6でもいいんですけどね。一応期待分彼にはマイナスで
カブレラ 4.5 最後の登板って普通にいい球投げていたよねぇ・・・
山井 6.5 そもそも山井が普通にローテを守っていること自体が奇跡的ではあるんだが・・・
濱田 6.5 出てきたタイミングが最高だった。
雄太 5.5 開幕ローテ外してなかったら平均くらい。
朝倉 5.0 ここ数年を思えば上出来、ローテ投手としては平均割れ。
川上 2.5 ちょっと厳しいなぁ 
吉見 -- ほぼ計画通りに戻ってきた。(これで計画より遅いとか言ったらおかしいと思う)。数字はこれから

福谷 8.0 前半戦投手MVP
田島 4.0 二軍に落ちたころは福谷とどっちもどっちって感じだったんですけどね
高橋聡 4.0 まぁ恒例の途中離脱
浅尾 4.5 守備に足を引っ張られてかわいそうな部分もあるけど・・・
又吉 6.0 がんばってる。対左打者はそこまで深刻に考えないでいいかなーとも思ってみたり
祖父江 5.0  がんばってる。ただ「ルーキーにしては」が付くかんじ
武藤 3.0 思いっきり期待を裏切ってくれた人1。
岡田 3.5 思いっきり期待を裏切った人2。1軍にいるから+0.5
パヤノ 2.5 思いっきり期待を裏切った人3.外国人だから-0.5
小林正、鈴木 1.0 きびしいなぁ。

岩瀬 5.0 福岡ドームのアレがなければ数字の見栄え的にもそこまで印象は悪くなかったとは思う。とはいえアレがいろんな部門に影を落としている感じはする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014.07.18

前半戦選手短評(野手編)

きょうはオールスター
谷繁が3打数1安打(オールスター最年長安打)
大島が途中出場1打数無安打2盗塁(守備にはつかず)
大野は2イニング無失点

というわけで前半戦を軽く振り返ります
(6で平均)

大島 7.5 高いレベルで安定。あの下位打線では打点は仕方がない面もある。
荒木 5.5 ここ数年では一番状態はよさそう。怪我がなければ、というところ。
森野 7.0 多少波はあるけど安定している。守備で動かなくなったなーとか思ってみたり
ルナ 7.5 普通にチーム最強打者。エラーの数ほど守備もヘタではないし
和田 5.0 7月爆上げだけどそこまではやや低めで安定
平田 4.5 晴れのち豪雨。まずは故障を直すこと
エルナンデス 5.0 6月爆上げでほぼレギュラーを手中に。もっとも左打者のもろさは…
谷繁 3.0 監督としては及第点だと思うけど。

松井雅 4.5 第2捕手として足場を固めた、まではいかない感じ
武山 4.0 思ったよりは使える

小笠原 5.5 守備につくことができればもっと高評価だが、それでももうけもの。
堂上直 3.0 そういえば開幕直後好調だったなぁ
高橋周 1.0 成績的には短評に名前を書くのもどうかと思うところ。書くのは期待分
谷 5.5 頑張っている。攻守に荒っぽいけど
森越、岩崎、中田、福田ら 1.5 一芸枠という指針は示されているものの…

野本 5.0 序盤がんばった。
松井佑 5.0 途中からがんばった
藤井 4.0 間が悪い
工藤 4.5 いうほど「すごい」わけでもないよなぁ。代走、守備固めとして有能ではあるけど

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧