« 190419 D4-2S(ナゴヤドーム) 10勝7敗(2位タイ) | トップページ | 190421 D7-5S(ナゴヤドーム) 11勝8敗(3位) »

2019.04.20

190420 D3-5S(ナゴヤドーム) 10勝8敗(3位)

終盤、一度は追いつくものの及ばず
4.20(ナゴヤドーム)
S❘001 002 002 =5
D❘100 000 110 =3
【本塁打】
ドラゴンズ
なし

スワローズ

太田(3回1点)

【投手】
ドラゴンズ
柳(5.1回 112球 被安8奪三5与四死2失2責2) 中6日
又吉(0.2回 6球 被安0奪三0与四死0失0責0)中5日
田島(1回 17球 被安0奪三0与四死1失0責0)中3日
佐藤(1回 11球 被安0奪三2与四死0失0責0)中5日
●鈴木博(1回 24球 被安2奪三1与四死2失2責2)2連投(3試合連投)

スワローズ

石川(5)→マクガフ(1)→梅野(1)→近藤(0.2)→五十嵐(0.1)→石山(1)

【野手】
ドラゴンズ
(9)平田(4‐0①)
(6)京田(5‐1)
(8)大島(5‐1)
(3)ビシエド(4-3①)
(7)アルモンテ(4‐2)→R7遠藤
(5)高橋(4‐0)
(4)阿部(3‐1)
(2)加藤(2‐1)→H2松井雅(1‐1①)
(1)柳(1‐0)→1又吉→1田島→H井領(1‐0)→1佐藤→H福田(1‐0)→1鈴木博

スワローズ(スタメン)
5太田 8青木 4山田哲 7バレンティン 9雄平 6西浦 3村上 2中村 1石川
NPB公式
勝つなら8回裏に一気に追い越して。。。という感じだったでしょうが
基本的には「鈴木博志の出来がイマイチで負けた」という試合。
「鈴木なら仕方がない」というにはまだまだほど遠い選手なのでこれを反省してくれれば
先頭四球もそうですが山田哲を0‐2と追い込んでからの四球がもったいなかったですかね
松井雅が今季初出場で二塁打と押し出し四球
明日の予告先発は吉見と高梨

|

« 190419 D4-2S(ナゴヤドーム) 10勝7敗(2位タイ) | トップページ | 190421 D7-5S(ナゴヤドーム) 11勝8敗(3位) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。