« 180710 DB8-13D 乱打戦を制す | トップページ | 2018年前半戦 私的選手短評 »

2018.07.11

180711 DB1-2D 前半終了

横浜では約2年ぶりの3連戦カード勝ち越し

7.11(横浜)
D❘002 000 000❘0
B❘000 010 000❘0

【ドラゴンズ本塁打】
京田(3回2点)

【ドラゴンズ投手】
小笠原(6.1回 101球 被安3奪三7与四死5失2責2)
又吉(1.2回 26球 被安0奪三3与四死1失0責0)
鈴木博(1回 10球 被安1奪三0与四死0失0責0)

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(4-1)
(6)京田(4-1②)
(9)平田(4-0)
(3)ビシエド(4-1)
(7)アルモンテ(4-2)→R7工藤
(45)高橋(4-0)
(5)福田(3-0)→H藤井(0-0)→2松井雅
(2)大野奨(3-1)→Hモヤ→H4荒木(1-0)
(1)小笠原(3-0)→1又吉→1鈴木博

日刊スコア速報
久しぶりに1点を守り切るという試合でした。

弱いチームの極薄選手層なりに打線もリリーフ陣も順番が決まってきたというところか。

松坂の運用と田島の処遇が差し迫った課題ですかね
少し中期的には大野奨太の肘の状態がよくなってスタメンを7,8割まかなえるようになれば。
先発は吉見と山井が「決壊」する前に何人でも中堅以下の選手に出てきてほしいんですけどねぇ・・・
攻撃面はあとは選手の好不調の波をどう見極めてって感じで打つ手はそんなに多くない感じ

金曜土曜のオールスターを挟んで
16日の海の日から後半戦開始

|

« 180710 DB8-13D 乱打戦を制す | トップページ | 2018年前半戦 私的選手短評 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 180711 DB1-2D 前半終了:

« 180710 DB8-13D 乱打戦を制す | トップページ | 2018年前半戦 私的選手短評 »