« 出場選手登録(180615)笠原登録 | トップページ | 180616 L9-2D 四球四球四球本塁打 »

2018.06.15

180615 L3X-2D 笠原7回無失点

笠原がリリーフに勝ちを消されるのは今季2度目

6.15(西武D)
D❘000 100 010 0 ❘2
L❘000 000 020 1X❘3

【ドラゴンズ本塁打】
木下拓(8回1点)

【ドラゴンズ投手】
笠原(7回 120球 被安2奪三7与四死3失0責0)
岩瀬(0.1回 15球 被安2奪三0与四死0失2責2)
祖父江(0.2回 17球 被安1奪三2与四死0失0責0)
又吉(1回 17球 被安0奪三1与四死1失0責0)
鈴木博(0.1回 19球 被安2奪三0与四死1失1責1)

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(5-2)
(6)京田(3-0)
(7)アルモンテ(4-2)→R7工藤
(D)ビシエド(4-1)
(9)平田(4-0①)
(3)福田(4-0)
(4)荒木(4-1)
(2)木下拓(3-1①)→2大野奨
(5)堂上(3-0)→H5亀澤(1-0)

日刊スコア速報
対上位で現状の鈴木博は通用しないが首脳陣の判断だったわけなので、
10回は首脳陣の読み通りということになります。

8回の岩瀬は8回走者を残して降りてそのうち5回走者をかえされているわけですが
どうしたものか
祖父江は悪い意味で「いつも通り」

笠原を続投させるか思い切って8回途中に田島ツッコむくらいする価値が笠原の今季初勝利にはあったかもしれませんねぇ
初回以外はほぼ完ぺきだった笠原にはもったいない試合でした。

打線は攻撃を放棄した下位打線なのによく2点取ったというべきか

明日の予告先発はカスティーヨとガルシア

6.15(甲子園)
D❘100 000 000 ❘1
T❘000 000 002X❘2

【ドラゴンズ本塁打】
なし

【ドラゴンズ投手】
Rマルティネス(6回 90球 被安6奪三3与四死2失0責0)
三ツ間(1回 12球 被安0奪三2与四死0失0責0)
浅尾(1回 13球 被安0奪三0与四死0失0責0)
谷元(0.1回 10球 被安2奪三0与四死0失2責2)

【ドラゴンズ野手スタメン】
(4)溝脇、(8)伊藤康、(9)遠藤、(D)松井佑、(6)阿部、(5)石垣、(3)石川駿、(2)Aマルティネス、(7)近藤

球団公式サイト
甲子園での試合。9回に逆転サヨナラホームランを打たれて敗戦
降格後初登板のR.マルティネスは6回90球無失点。一軍での課題を思えば「それがどうした」という話ではあるのですが

|

« 出場選手登録(180615)笠原登録 | トップページ | 180616 L9-2D 四球四球四球本塁打 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 180615 L3X-2D 笠原7回無失点:

« 出場選手登録(180615)笠原登録 | トップページ | 180616 L9-2D 四球四球四球本塁打 »