« 160429 出場選手登録(野本登録) | トップページ | 160430 出場選手登録(伊藤登録) »

2016.04.29

160429 C9-4D 14-11-2 ②  勝負手

若松が踏ん張り切れず

4.29(広島)
D❘002 002 000❘4 
C❘000 242 10X❘9

【ドラゴンズ本塁打】
ビシエド(6回2点)

【ドラゴンズ投手】
●若松(4.1回 111球 被安6奪三4与四死4失6責6)中6日
又吉(0.2回 19球 被安1奪三1与四死1失0責0)中2日
岡田(2回 28球 被安3奪三1与四死1失3責2)中2日
阿知羅(1回 15球 被安0奪三0与四死0失0責0)中1日

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(5-2)
(4)亀澤(4-1)
(5)高橋(3-0)
(3)ビシエド(2-1②)
(7)ナニータ(4-2)→1阿知羅
(9)平田(3-2)
(6)堂上(2-0①)
(2)桂(2-1①)→H森野(0-0)→R2杉山(1-0)
(1)若松(2-1)→1又吉→H野本(1-0)→1岡田→7藤井(1-0)


日刊スコア速報

若松と桂を組ませました。
去年から杉山の時の方がよかった感じなんですが
前日の打撃成績関係なしに捕手を起用していた谷繁監督にしてはまずらしい采配でした。

そのせいかどうかは定かではないですがふた回り目から審判ともケンカする感じになって四球から失点を重ねました。

攻撃はそもそも序盤に横山をノックアウトしなくちゃいけない展開だったと思いますが、
逆転された後のチャンスは6回2点差無死一二塁からの攻撃ですかね。
送って8番の桂のところに代打森野を送るわけです。
打っていないとはいえ扱い的には代打の切り札の森野を四球上等のところで使ってそのまんま四球で歩かされて
満塁で今季初打席の野本という展開。
しかも福田を抹消してまともに捕手ができる選手が二人しかいない状況で6回に桂に代打を出してきました。(福田がまともに捕手ができるか、っていうのも議論の余地はありますが)

うーん、ぶっちゃけムチャクチャです。
アクシデントなく試合を終えられたので運はよかった、といっていいのかもしれませんけどね。

谷繁監督もこれを勝負手と見ていたようですが
勝負するんなら第3捕手を登録しておくとか勝負のための準備をしておくべきだったかと(苦笑)

あすはデーゲーム予告先発は黒田に今季初登板の伊藤

|

« 160429 出場選手登録(野本登録) | トップページ | 160430 出場選手登録(伊藤登録) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 160429 C9-4D 14-11-2 ②  勝負手:

« 160429 出場選手登録(野本登録) | トップページ | 160430 出場選手登録(伊藤登録) »