« 開幕前夜 | トップページ | 160326 T7-3D 1-1② 山井爆発 »

2016.03.25

160325 T2-5D 1-0① 開幕戦勝利

大野の粘投で久しぶりの開幕戦勝利。
大阪ドームでの連敗も止めました。

3.25(大阪ドーム)
D❘000 111 110❘5 
T❘100 010 000❘2

【ドラゴンズ本塁打】
ビシエド(8回1点)

【ドラゴンズ投手】
○大野(7.2回 113球 被安5奪三3与四死2失2責2)
H又吉(0.1回 6球 被安0奪三0与四死0失0責0)
S福谷(1回 15球 被安0奪三0与四死0失0責0)

【ドラゴンズ野手】
(8)大島(5-2)
(4)荒木(3-0)→H4エルナンデス(1-0①)
(6)遠藤(3-0)→1又吉→H赤坂(1-0)→1福谷
(3)ビシエド(5-2②)
(9)平田(4-2)
(7)藤井(5-2)
(5)高橋(4-3①)
(2)桂(5-1)
(1)大野(2-1)→H6堂上(1-0)

日刊スコア
本当は中盤で一気に得点して突き放せばいいんでしょうけど、
それでも異論の人が勝利に絡んだナイスゲームでした。

大野は立ち上がりの初回、勝ち越し直後の5回に失点するなど
2年くらい前の悪い感じの投球でもありましたが粘り強く投げました。

又吉は相手ヘイグに助けられた感じもあったけどこういうのを積み重ねていけば。

福谷も問題なし。この人もこういうことの積み重ねでしょうね。

打線はビシエド、高橋といったところに早いうちに数字がついたのは大きいかな。
ビシエドの本塁打は反対方向へのホームラン。こういうのがあれば警戒もしてくれるかな。

最後赤坂を守備固めに送ることもできたのにしなかったのはどういう意図なのかな?とは思います。
最後ビシエドもうまい守備を見せましたが。

明日はデーゲームで予告先発は能見と山井の両ベテラン

3.25(ナゴヤ)
H❘102 000 030❘6 
D❘000 110 120❘5

【ドラゴンズ本塁打】
谷(8回2点)

【ドラゴンズ投手】
小熊(5回 88球 被安6奪三5与四死1失3責3)
岸本(2回 28球 被安0奪三1与四死1失0責0)
●祖父江(0.1回 12球 被安0奪三1与四死0失3責0)
三ツ間(0.2回 12球 被安1奪三2与四死0失0責0)
阿知羅(1回 11球 被安0奪三2与四死0失0責0)

【ドラゴンズ野手】
(4)溝脇(5-2)
(6)三ツ俣(4-0①)
(7)松井佑(5-1)
(3)福田(4-1①)
(D)森野(4-2)
(5)谷(3-1②)
(9)古本(3-1)
(2)松井雅(4-0)
(8)友永(3-1)

公式サイト
競り合いも終盤失策が絡んで勝ち越されました。
谷が本塁打。

|

« 開幕前夜 | トップページ | 160326 T7-3D 1-1② 山井爆発 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 160325 T2-5D 1-0① 開幕戦勝利:

« 開幕前夜 | トップページ | 160326 T7-3D 1-1② 山井爆発 »