« 公式戦(9.17)D2-4G 粛々とマジック減少 | トップページ | 出場選手登録(9.19)中田抹消 »

2013.09.18

公式戦(9.18)D3-2G ナゴヤドームでの胴上げを回避

7回に森野の勝ち越しホームランが出て
浅尾、岩瀬のリレーで逃げ切り。
岩瀬は382セーブ目で佐々木主浩の日米通算381セーブを超えました。

先発は岡田、3イニング弱から
中2日の先発で普通に『先発投手』の役割を任されそうになっていましたが
打順のめぐりもあって4回に代打。事なきを得ました。
二軍では山本昌、西川、辻と一軍でも先発経験のある投手が投げているんですけどね。

その岡田のところの代打と違って堂上直のところの代打はどうなんでしょうねぇ?
相変わらずすぎて何も感じなくなってきていますが。

森越はプロ入り初安打
田中はふたつの長打を含む猛打賞。
8,9回もマスクを任されました。
ジャイアンツ戦で活躍したら1試合でもかなり扱いがよくなるチームですから田中はこういうのを踏み台にしたいところ。

明日は大野とホールトンの予告先発。

|

« 公式戦(9.17)D2-4G 粛々とマジック減少 | トップページ | 出場選手登録(9.19)中田抹消 »

コメント

何はともあれ、岩瀬のセーブ記録更新がめでたい。
星野時代の酷使に耐え、北京五輪予選&本戦での無茶苦茶起用に耐え、
心ないファンの声に耐え、昨年の権藤コーチの「岩瀬に引導を渡すのが
自分の役目」発言や酷使に耐え・・・・
これから先、どこまで頑張れるか分かりませんが、ドラゴンズの黄金時代も
日本一も、岩瀬あってこそだったと思っております。
シーズンだけじゃないもんなあ。
CSだの日シリだの加えたら、どれほど岩瀬に頼ってきたことか。

投稿: ドラマニア | 2013.09.19 00:40

やはり、なにはともあれ、ドームでの胴上げをさせないということができました。よかったよかった。
それにしても岡田をどのような投手にするつもりなんでしょうか?ままりにも酷使しすぎです。マドリガルもです。
方針など何もないように素人にはみえます。(素人でも監督ができるということか?)
また、なぜ野本を先発させたのでしょうか?これも全く理解できない。シーズンの終わりにかけても、何をしているのかさっぱり理解できない。シーズン始めからこの調子でした。ということは、ぢぢぢいには指導者としての能力がないということです。昨日の放送でも。解説者としての能力がない人がやっていた。素人にもわかるようにしっかりと解説をやれ。アナウンサーもどうでもええことを、べらべら言うな。
提灯放送をするな、みっともないぞ!!
次期監督。山崎のーみそ筋肉、こいつは解説もできない。断言できる。もちろん、監督の器ではないことは明らか。
立浪、下半身ユルユル、こいつはちょつと他のことで、だめだ。解説はいい。からくりもんもんとお友達か?
落合のことを懐かしむやつ?がいるが、もう落合はあきらめたほうがいいい。いつまでも落合は次のことをもう考えている。ドラゴ、ドランズにいたことに感謝で終われ。いつまでも失恋された、した気持ちではいけない。前へ進まなくてはいけない。だからぐずぐず言っている輩。みっともないぞ。中日新聞社は今、赤字なのです。高い給料は払えないのだ。

投稿: かの地のドラ | 2013.09.19 13:58

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公式戦(9.18)D3-2G ナゴヤドームでの胴上げを回避:

» PM2.5 (別名:微小粒子状物質)とは [PM2.5対策!中国大気汚染から身を守る方法]
中国で問題化している大気汚染PM2.5が日本にもやってきました。 花粉と黄砂のシーズンと重なり、健康被害の懸念が広がっています。 中国大気汚染から身を守る方法をまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2013.09.18 23:05

« 公式戦(9.17)D2-4G 粛々とマジック減少 | トップページ | 出場選手登録(9.19)中田抹消 »