« 交流戦(6.2)E1-0D 12年ぶりの2ケタ借金 | トップページ | 交流戦(6.5)D4X-3Bs とりあえず最下位回避 »

2013.06.03

交流戦(6.3)E2X-1D 希望はないといっている

9回に追いついたものの延長11回サヨナラ負け。

ブラッドリーを打たれる前に降ろすなんてことをしなかったから投手リレーは若干楽になり
松井雅を無駄に引っ込めたから駒が足りなくなる。
ある意味わかりやすい試合。

っていうか辻をマウンドに送った時点で一度あきらめているよね。
選手の頑張りで追いついたけど…

・ブラッドリー7回1失点
 来日して一番良い投球。

・岩瀬なぜか10回裏に登板
 ビジターチームの投手リレーではないですよね。

・武藤サヨナラ負け
 結果としてどうなったかわかりませんが9回彼でよかったと思いますよ。
 嶋にも惜しい球はあったんですけどね。送りバントの小田の悪送球みたいなのが出ると厳しいです。

・中軸で追いつく
 4割とか冗談みたいな打率ではなくなりましたが
 ルナもコンスタントに打っていますしそこまで悪くない感じ。
 クラークも信用を失っているようですし3番森野もしばらく固定できるかもしれませんね。

・下位打線で無死満塁無得点
 なんというか控えには守備につけない谷繁がいる。(実質的に捕手2人制なわけです)
 クラークを使ったので堂上にファーストをやらせるしかなかった。
 松井雅もいないので小田のところに代打も使えない・・・
 凡退した3選手の技量の問題もありますが、
 8回表の無駄な『代打クラーク』で駒不足になっているわけでベンチワークがひどすぎるんですよね…
 まぁいまさらですが

 

|

« 交流戦(6.2)E1-0D 12年ぶりの2ケタ借金 | トップページ | 交流戦(6.5)D4X-3Bs とりあえず最下位回避 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦(6.3)E2X-1D 希望はないといっている:

« 交流戦(6.2)E1-0D 12年ぶりの2ケタ借金 | トップページ | 交流戦(6.5)D4X-3Bs とりあえず最下位回避 »