« 交流戦(5.22)Bs6-3D 20年前よりブレーキの効きは悪くなっている廃車寸前の指揮官 | トップページ | 出場選手登録(5.24)大野ほか抹消 »

2013.05.23

交流戦(5.23)Bs8-3D 粛々と負け続ける

クラークの2点本塁打で勝ち越しましたが
大野が崩れて4連敗。
相手の先発海田の見切りが見事だったというところでしょうか

特に何もないですよ。
清水と武藤の登板は順調にかさんでいて
思い出したように4点ビハインドで小林をワンポイントで使ってそこで打たれる
もう無茶苦茶ですな。

ルナは1安打で23試合連続ヒット
クラークはスタメンで本塁打

一日あけてナゴヤドームに戻ってパリーグの関東2チームとの対戦です。

|

« 交流戦(5.22)Bs6-3D 20年前よりブレーキの効きは悪くなっている廃車寸前の指揮官 | トップページ | 出場選手登録(5.24)大野ほか抹消 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦(5.23)Bs8-3D 粛々と負け続ける:

« 交流戦(5.22)Bs6-3D 20年前よりブレーキの効きは悪くなっている廃車寸前の指揮官 | トップページ | 出場選手登録(5.24)大野ほか抹消 »