« 公式戦(4.28)C7-1D 9回に代走小田 | トップページ | 公式戦(4.30)D0-3G 大勝のあとの何とやら。 »

2013.04.29

公式戦(4.29)D11-4G 中田賢一2回から本気を出す。

5回に崩れると交替だが初回だと監督は仕方なく我慢することを証明した模様。

・中田8回無四球で初勝利
 初回は何だったのか?という内容。
 ジャイアンツの早打ちにも助けられて2回以降はスイスイ
 完投できたでしょうけど8回交代
 ここで辻を2イニングから移動即ゲームで連投させるとかいうのが
 意味がないなぁとは思いますがまぁ小さいことです。

打線は4点差を逆転
・大島、井端の1,2番が機能。
 井端がWBCで勝負強さを見せたばっかりに遠回りしなしたがここに落ち着きそうな感じですね。
 まぁここまでエンドランがハマるのは出来すぎなんでしょうけど
 今後も序盤からのバントはしないでしょうし、こういう回数が増えてくれれば…

・森野がセカンドで出場
 堂上剛と接触して足を痛めた模様。
 なんというか・・・いろいろ、ないわ。

・ルナがまた打つ
 3番でいいんじゃね?とは思うんですけどね。(4番は森野でも和田でも)

・クラークお立ち台
 そういやこの人が勝利打点だったですね

明日は吉見と杉内の予告先発。

|

« 公式戦(4.28)C7-1D 9回に代走小田 | トップページ | 公式戦(4.30)D0-3G 大勝のあとの何とやら。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公式戦(4.29)D11-4G 中田賢一2回から本気を出す。:

« 公式戦(4.28)C7-1D 9回に代走小田 | トップページ | 公式戦(4.30)D0-3G 大勝のあとの何とやら。 »