« T5-1D(7.1)守りきれず | トップページ | 出場選手登録(7.2)中川抹消 »

2010.07.02

7月2日の記事

完封ペースだった吉見が8回につかまって逆転負け。
今季ここまで完投のない吉見ですが、
「殻を破る」ことは出来るか?

タイガース5-1ドラゴンズ
吉見、魔の8回(大本営)
中日・吉見“魔の8回”続投裏目…貯金再びゼロに(スポニチ)
中日魔の8回…吉見4連打浴び逆転負け(日刊)
吉見、完封ペースから突然崩れた(報知)
完封目前の吉見、悪夢の4連打 (デイリー)

あそこで「浅尾を使えばよかった」というほどに
吉見のことを信頼していないわけでもないですし、
継投機に関してはあれでよかったんだと思います。

吉見は「おちこんだのを表に出さないようにする」みたいなことを
オフに言っていたような気がするんですが、
そこらへんは全く出来てませんねぇ。

ブラ、御礼弾(大本営)

ブランコは安藤から先制本塁打。
ただ6回のチャンス(一死一二塁)で併殺だったのが響きましたね。


球宴選手間投票 井端、和田・ブランコとともに選出(大本営)
ブランコ、井端、和田が選手間投票で球宴選出!(スポニチ)

オールスターの選手間投票が発表され
ドラゴンズからは井端、ブランコ、和田の3選手が選出。
セ・リーグでファン投票と結果が違ったのは4選手で、
そのうち3選手はドラゴンズの選手でした。

井端は来週にも戦線復帰の見込み。

<ウ・リーグ:オリックス2-4ドラゴンズ
壮馬1軍復帰準備OK(大本営)

同点の9回に藤井の勝ち越し二塁打が出て競り勝ちました。
先発の山内は7イニング2失点の投球。
3番ライトで先発出場(4打席、1二塁打、1四球)のセサルは一軍合流へ。

|

« T5-1D(7.1)守りきれず | トップページ | 出場選手登録(7.2)中川抹消 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月2日の記事:

« T5-1D(7.1)守りきれず | トップページ | 出場選手登録(7.2)中川抹消 »