« D3-2S(10.18)CS1st Game2 | トップページ | D7-4S(10.19):CS1st Game3 »

2009.10.19

荒木、対館山今季22打席目の初ヒットでタイに(1-1)

クライマックスシリーズ2戦目に競り勝って1勝1敗のタイに。
19日の3戦目でセカンドステージ進出の成否が決まります。



ドラゴンズの話題

<CS1st:ドラゴンズ3-2スワローズ

よし! 勝利です。(公式ドアラブログ)
CS第1ステージ 2戦目、勝利です!!(公式カメラブログ)
荒木V打で夢つなぐ 竜、きょう決戦(中日新聞)
荒木V打(大本営)
中日「逆王手」 荒木“今季初”天敵撃ちは千金V打(スポニチ)
竜逆王手!荒木天敵館やんからV打(日刊)
竜、逆王手!!(報知)
オレ竜逆王手!荒木決勝タイムリー(デイリー)

落合監督「こういう(短期決戦)戦いは慣れているから、なんとかしてくれるでしょう」(大本営)
「今日は負けたら終わりだから、勝つか、引き分けるしかない。最多勝とか関係ない。勝つか、負けるか。昨日と一緒で申し訳ないが、そういう戦いだ」(日刊)
「最多勝投手の投げ合い? 関係ない。きょう負けたら終わりで、勝つか負けるかだけの話。
(最終戦については)そういうのは、聞くだけやぼというもの」(サンスポ)

荒木「外角に目を付けていたら、内側を突いたはずのシュートが逆球できた。
前日は、初めてCSの初戦で負けて『えっ』という気持ちだった。ベンチで重苦しさは感じなかったが、一つ勝つことは本当に難しい」(中日新聞)
「初めて(CS第1ステージの)初戦で負けたので、アレッっていうか、そんなムードはあった。
足をしっかり地面につけてやらないと。
(レギュラーシーズンの対戦を)ひきずっているみたいだから、切り替えてやらないと。
藤井のバットで、前から入れてあったんです。(藤井が)調子いいから、これを使おうと。
ずっと同じボールにやられ続けていた。
「逆球だから打てたんでしょうね。
1勝1敗になって、また元通りのムードでできるでしょう。(チームメートは)みんな(短期決戦を)分かってるから。」(大本営)
「いろいろ考えて20回も、21回も打席に立ってだめだった。だから何も考えずにいこうと思った」(日刊)
「サイズも重さもあまり変わりませんけど、藤井がよく打っているので…。藤井には『ナイスバット』と言われました」(報知)

2-2の7回荒木が
苦手の館山から決勝タイムリー。
個人を見れば藤井や和田は館山が得意なのに
なぜ館山から勝てないのかということを考えると、
やはり荒木の出来だったんでしょうね。


逆王手 吉見粘った(大本営)
吉見8回2失点 最多勝対決制し“セ界一”証明だ(スポニチ)
吉見験担ぎヤクルト飲んで勝ち投手(日刊)
中日・吉見、館山に投げ勝った(報知)
最多勝対決制した!中日、吉見で逆王手!(サンスポ)

吉見「もう調子うんぬんの問題じゃなく、集中して投げました。ランナーを出しても、僕らしく粘って抑えられました。野手のみなさんが、何度も守ってくれたおかげです。それに応えたかった。
(ヤクルトを)家で飲んでからこようと思っていたんですけど、忘れていて。1本飲みました。
あしたもしっかり勝って、東京ドームでもいい投球をしたいと思います。」(大本営)
「今日は負けたら終わりだったので久々に緊張したけど、低めに投げてゴロを打たせるという基本に立ち返って投げました。」(日刊)
「がけっぷちというか、負けたら終わりだったので、気持ちだけはしっかり持った。
(打者を)見下すくらいのつもりで投げました。」(サンスポ)

吉見は替え時が難しいなぁと思っていたら、
粘りに粘って8回2失点。
8回のガッツポーズは本当に「思わず出た」って感じでしょうね。


中日・谷繁が2回同点アーチ(報知)

谷繁「(本塁打は)逆転されたすぐ後だったので、追いつけてよかったです。」(報知)

谷繁のホームランですぐに追いついたのは大きかったと思います。
ビハインドだとどうしても焦りますからね。


中日・浅尾がデントナK斬り(報知)

浅尾「勝ててよかった。でも、あと1試合あるので、気を抜かずに頑張ります。」(報知)

9回の頭は岩瀬ではなく浅尾でした。
少し力んだ感じもありましたがデントナを三振に取りました。


どうだ!!岩瀬復活S(大本営)

岩瀬「感覚は変わらなかったです。
ちょっとカウントを悪くし過ぎたかなというところはあるけど、結果がすべてだからね。
どんなかたちであれ、勝てて良かった。
それよりも、こうやって投げられるようにしてくれた人たちに感謝したいです。」(大本営)

締めは岩瀬。
ガイエルに四球こそ出しましたが、
「危ない球」はなかったと思います。



<フェニックスリーグ:ドラゴンズ13-2ライオンズ

10/18 中日vs西武 試合結果(フェニックスリーグ公式サイト)
2009年10月18日 中日 - 西武 フェニックス・リーグ(球団公式サイト)
赤坂バツグン安定感(大本営)

赤坂(6回2失点)「きょうはバランスが良かったし、冷静に投げることができました。
クイック(モーション)は速くなったけど、その分球威が落ちて本塁打を許してしまった。
球威を上げることもそうですが、新たな課題が見つかったので。これから取り組んでいきたいと思います。」(大本営)

小林コーチ(赤坂について)「宮崎に来てから安定している。変化球で簡単にストライクが取れるようになった。」(大本営)

小熊(1回無失点)「自分でも真っすぐが切れてるなと思いました」(大本営)

小田(3安打3打点)「与えられた所でしっかりやるだけです。きょうは結果が付いてきて良かった。」(大本営)

高柳コーチ(小田について)「3安打目が特によかった。ああやって右方向に打てば確率が上がる。」(大本営)

フェニックスリーグは
3戦連続完封負けが嘘のような猛打でライオンズに圧勝。

|

« D3-2S(10.18)CS1st Game2 | トップページ | D7-4S(10.19):CS1st Game3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒木、対館山今季22打席目の初ヒットでタイに(1-1):

» 【無修正】温泉旅館に連れ込んだ熟女2人と4P乱交! [オールジャンルアダルトチューブ]
【無修正】温泉旅館に連れ込んだ熟女2... [続きを読む]

受信: 2009.10.19 21:01

« D3-2S(10.18)CS1st Game2 | トップページ | D7-4S(10.19):CS1st Game3 »