« D7-4S(10.19):CS1st Game3 | トップページ | 決戦の前日 »

2009.10.20

立浪、代打二塁打で一旦ナゴヤドームに別れ(2-1)

スワローズに競り勝って
クライマックスシリーズ第1ステージを突破。
21日から第2ステージが始まります。

あとこのブログにつけてるカウンターが200万ヒットまでいきました。
今後ともよろしくお願いします。



ドラゴンズの話題

<CS1st:ドラゴンズ7-4スワローズ

東京ドームへ行くぞ!!(公式ドアラブログ)
明日から第2ステージです。(公式ドアラブログ)
CS第1ステージ突破です!! (公式カメラブログ)
落合中日が突破、さあ雪辱G戦だ(日刊)
待ってろ巨人!中日、連勝で第2S進出!(サンスポ)
【落合監督トーク】第2Sへの抱負「愚問」(サンスポ・監督談話)
落合竜、意地の逆転突破…さあリベンGだ(デイリー)

落合監督「巨人戦対策?あした(20日)ゆっくり練習させて疲れを取って、それから考えます」(スポニチ)
「前にも言いましたけど、内容は関係ない。勝つか。負けるか。ただそれだけ。
チャンスが残っているわけだし、必死にやっている。日本一への自信? なかったらユニホームは着ていません」(報知)

監督コメントに関しては
なんというか・・・不器用というか、意固地というか・・・。

適当にあしらえばいいのにともおもうけど
その「適当」ができない人なんだよなぁ・・・。
いつぞやの会見中止発言あたりで
一度、堪忍袋の緒は切れているんでしょうし。


竜突破!逆転!和田弾!よっしゃ~!(大本営)
中日、逆転で第1S突破! 和田“ワザあり”V2ラン(スポニチ)
中日和田が逆転千金2ラン(日刊)

和田「ちょっと入られた(差し込まれた)んですが、何とか押し込めた。
1回に打つことができず、嫌な感じになったんですが、追い越すことができて良かった。
自分の成績に満足した年がない。すごい成績? 大した数字じゃない。
あくまでも2位で臨んでいるチームなので、失うものは何もない。思い切っていきたいと思います。」(大本営)

決勝打は和田ということになります。
少々思い展開でしたが、あそこで一歩前にでることができたのは大きかったです。


立浪、大一番燃えた 竜、第2ステージへ(中日新聞)
立浪「必ずナゴヤに帰る」勝負を決める代打2点打(スポニチ)
代打・立浪が2点二塁打で突き放した(報知)
ナゴヤ沸いた!立浪が代打で2点二塁打(デイリー)

立浪「初戦で負けて非常にプレッシャーがある中で戦った。ずっと接戦。今季ヤクルト戦で1本もヒットを打っていなかったので、何とか打ちたかった。これで次のステップにいける。
毎日、最後のつもりでやっている。チームメートがつくってくれた展開で、自分の出番を待つ。この3連戦は、たぶんここでの出番はないだろうと思うようなところでも、バットを振って備えていた。だから、今日も5回の代打に準備が遅れることはなかった。
短期決戦を乗り越えるのはベテランの力が大きい。若い人たちもこういうところで活躍することが実になっていくし、自信になる。
今年ずっとやられてきた。もう1回戦えるチャンス。最後の最後までこういう重圧の中で野球ができることに感謝したい。」(中日新聞)
「ヤクルト戦では今季ヒット1本も打ててなかった(CS含めて13打数無安打)ので何とか打ちたかった。
短期決戦は何があるか分からない。ないだろうという場面でも用意していた。
最後の年に皆のおかげで長く野球ができている。(第2ステージの決戦地)東京には行けることになった。必ずナゴヤドームに帰ってきたい。」(スポニチ)

立浪が5回に試合の流れの主流を決めるツーベース。
一応ナゴヤドームのラストゲームですが
シリーズまでいくならまだ見られる可能性はありますね。


中田、大役果たした(大本営)

中田「あの初球で『いける』と思った。思った以上に腕が振れた。
投げるタマに自信を持っていた。攻めて攻めてという気持ち、最近にはない心理状態だった。
ずっとベンチにいて、気持ちを切らずに集中していた。
ボクが悪いときは体が開き、頭がぶれる。それを避けるためにも、しっかり右足で立たないといけない。
極端に言えば、クイックが少し遅くなっても仕方ないというくらいの気持ちでいます。それくらい意識しています。
出遅れた分を取り返したかった。
きょうのような真っすぐをしっかり投げ込みたい。」(大本営)
「行けるところまで全力で行こうと思っていた」(スポニチ)

谷繁「アイツはやっぱり真っすぐあっての投手。きょうはよかった。」(大本営)

先発の中田は5回1失点。
代打で5回で降りたのもうまく回ったってかんじですかね。


同点阻止!野本ストライク返球(大本営)

野本「早出練習とかで守備の練習してきた成果が出てよかったです。ボクの送球はシュート回転する。コースだけは間違わないようにと思っていました。
走者(畠山)は足が遅いから焦るなって受け止めました。
まだバント失敗とか反省しないといけないこともある。悪いところは反省していきたい」(大本営)

この日、スタメンだった野本ですが、
その起用に応えました。
補殺については谷繁のブロックもよかったですね。
一番大きいのは5回のヒットだと思います。


勝崎トレーナー「うがいや手洗いの徹底は再確認。風邪予防の意味も含めてビタミン類を多めに摂取させている。」(スポニチ)

インフルエンザに関しては「明日はわが身」ですからね。
可能な限りの予防はしっかりしているようですね・

|

« D7-4S(10.19):CS1st Game3 | トップページ | 決戦の前日 »

コメント

200万ヒットおめでとうございます。毎日お世話になってます。
ぜひCSを勝ち抜け、思い出深い区切りとなればいいですね!

投稿: ac | 2009.10.21 22:13

>>acさん
ありがとうございます。
100万の時は2007年の9月だったので
今度も日本一までいってほしいですね。

投稿: MegaDra@管理人 | 2009.10.22 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立浪、代打二塁打で一旦ナゴヤドームに別れ(2-1):

« D7-4S(10.19):CS1st Game3 | トップページ | 決戦の前日 »