« 出場選手登録(9.3)多数入替 | トップページ | 藤井、イニング途中の交代も実らず2週連続の週前半3連敗(68-49-1) »

2009.09.03

D1-8C(9.3)完敗

木俣がテレビを見るなと
言外にいっているような気がしたので
テレビを消した。

テレビ番組としてどうなのよ?これ

といったところ

9.2(ナゴヤD)
C:|000|620|000│ =8
D:|000|000|100│ =1

投手リレー
C:○大竹(9)
D:●吉見(6)-ネルソン(2)-小林正(1)

野手スタメン
C:4東出8赤松7フィリップス3栗原5マクレーン9天谷6小窪2倉1大竹
D:6井端9野本5森野3ブランコ7和田4デラロサ8藤井2谷繁1吉見

本塁打
C:なし
D:なし

スコア速報(日刊)

・藤井はきのうの試合を見て2番は無理
・デラロサはファームで2番なんて打っていない
・荒木以外に2番を打てるのが井端だけ
・井端を1番から外すのは無理がある
・一応左打者の野本に2番を打たせてみよう
・藤井は倉の打球の追い方がおかしかった

一応、この5年くらい可能な限り監督の意図を理解しようと思ってドラゴンズをみているけど
きょうの野本と藤井の同時交代はよくわからんなぁ(特に野本)。

吉見はきのうの山井続投のツケをはらったというべきか
なんというか投手はどうあっても12人じゃ足りないのか???

『膿を出すために今年は負けてもいい』なんて理屈を飲み込むほど
自分は冷めたファンでもないので、応援は続けますけどね。

むむむ・・・

|

« 出場選手登録(9.3)多数入替 | トップページ | 藤井、イニング途中の交代も実らず2週連続の週前半3連敗(68-49-1) »

コメント

藤井1人の交代だと目立つから、ぐらいでしょうか思いつくのは。
吉見はセンターフライだと思ってマウンド降りかけてました。
それを後ろに逸らすミスでしたが、それにしてもイニング中に
代えるのはちょっと抵抗ありました。
萎縮しなければいいのですが。

雰囲気変わるようなすっきりした勝ちが欲しいですね。

投稿: まる | 2009.09.03 23:22

>>まるさん

翌日になってコーチのコメントが出ていますね。
余計にわけがわからないですけど・・・。

いろいろ切羽詰っている感じですね。
普通の感覚なら二軍のコーチが萎縮すべきところです(苦笑)

投稿: MegaDra@管理人 | 2009.09.04 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D1-8C(9.3)完敗:

» 2週続けて前半3試合で3タテくらった [燃えよドラゴンズ!]
チェン、川井、吉見の3本柱で2週続けてKO負け。打線もつながらず暗雲ただよっています。 [続きを読む]

受信: 2009.09.03 21:23

» 【竜専】 「暗中模索」 [Uma-Dra]
【公式戦】 対広島21回戦 18:00 ナゴヤドーム ... [続きを読む]

受信: 2009.09.03 22:00

» 【09/9/3】ドラゴンズ−カープ【3タテ】 [Dra☆mode]
{/star/}中日{/v/}広島 (18時、ナゴヤドーム、26771人) 広 島 000 620 000|8 中 日 000 000 100|1 勝:大竹23試合8勝6敗 S:− 敗:吉見22試合13勝6敗 {/baseball/}本塁打{/baseball/} − {/roket/}バッテリー{/roket/} 中日:吉見、ネルソン、小林正−谷繁、小山 広島:大竹−倉 竜スタメン      鯉スタメン 1,(遊) 井端     1,(二) 東出 2,(右) 野本     2,(中) 末永 3,(... [続きを読む]

受信: 2009.09.03 22:15

» お手上げ [なごやぶろぐ]
8月最後にヤクルトに連勝し、いよいよ巻き返しと思われた9月。 そのしょっぱなのカープ3連戦… 「第1章・夏バテ」「第2章・息切れ」「最終章・お手上げ」の三部作で完結。 9月に入って3日間でシーズン終わってまった。。_| ̄|○ 今... [続きを読む]

受信: 2009.09.03 22:30

» 9月3日 D1-8C(●) [メタセコイアの樹とともに]
 広島が試合中盤の猛攻で4連勝。広島は4回表、2死満塁から倉の走者一掃となる適時 [続きを読む]

受信: 2009.09.04 02:03

» 止まらない負の連鎖、拙守竜秋風感じる3連敗。 [ドラゴンズスタジアム]
終盤の追い上げ及ばず、広島に連敗。 首位とのゲーム差が6と開いてしまったドラゴンズ。 3タテを阻止すべく迎えたナゴヤドームでの第3戦、 先発に広島戦連勝中の吉見一起を立てましたが、 味方の拙守にも足を引っ張られ、まさかの大炎上。 4回2死満塁から走者一掃の二塁打を浴び、先制を許すと、 その後も打ち込まれ、自己ワーストの12安打8失点。 一方打線も元気なく、小池の適時打による1点のみ。 落合政権後初となる対広島3連戦3連敗。 止まらない負の連鎖に秋風がさらに漂うこととなりました。... [続きを読む]

受信: 2009.09.04 10:41

« 出場選手登録(9.3)多数入替 | トップページ | 藤井、イニング途中の交代も実らず2週連続の週前半3連敗(68-49-1) »