« D2-1T(4.21)格付 | トップページ | 出場選手登録(4.22)控え捕手交換 »

2009.04.22

朝倉、プロ通算50勝は岩瀬から奪ったウイニングボール(7-8)

プロ通算50勝を
次男の誕生後初めての登板で飾った朝倉が
ヒーローインタビューで居並んだ
球団記録達成の岩瀬を差し置いて
ウイニングボールの所有権を主張。

岩瀬は気にも留めずに(?)一件落着。



ドラゴンズの話題
ドラゴンズ2-1タイガース

岩瀬投手が球団新記録達成! (公式写真ブログ)

落合監督「(2年ぶり3度目の偵察要員起用)ピッチャー13人いるもん。(ベンチ入りの印はつけても実際にはベンチに入らない投手がいるという意味)
やっとこういう試合で勝てた。これで落ち着くんじゃないか。らしくない勝ち方してたから。こういう試合に慣れてるでしょう。こういう展開にならなきゃいけない。
逆に1点差が2点差になっていたら(朝倉の)緊張感も変わっていたかもしれない。結果論だけどな。それで全部やられてた。追加点取れるにこしたことはないけど、取れなかったからよしとしなきゃいかん。
最後の(ブランコの)エラーはいかん。あんな迷惑かけちゃいかん』。 」(大本営携帯版)


竜、連敗脱出 朝倉が好投(中日新聞)
朝倉で連敗脱出! 8イニング2安打1失点(大本営)
朝倉8回1失点、連敗ストッパー襲名だ(日刊)
朝倉、生まれたて愛息に贈る通算50勝(報知)
朝倉お手本トラ封じ星…愛息誕生にも花(デイリー)

朝倉「自分はゴロを打たせてなんぼの投手。今日は制球が思い通りにいき、持ち味が出せたと思う。
(6回一死一二塁では)バタバタしたってしょうがない。ピンチをつくっても、頭を切り替えられた。
(赤星に初球を打たれ)あれで初球の大事さを思い出すことができた。
自分が彼らに勝てているのは経験だけ。決してエリートではないし、酸いも甘いも知っているつもり。だから落ち着いていけたと思う。
(チームの柱かどうかは)それは自分が決めることではない。周りからそう思われればいい」(中日新聞)
「ボクにとって50勝というのは、プロに入ったという証しなんですよ。
(ウイニングボールは次男の)枕元に置きます。
ボクはエリートで進んできたわけじゃないし、いろんな苦い経験もしてきているつもり。だからきょうも落ち着いて投げることができたんだと思います。」(大本営)
「ブルペンから調子が良かったし、自分のピッチングをすれば大丈夫。二回以降は、初球が大事だと割り切れた」(デイリー)

朝倉は低めに集めてゴロを打たせる投球。
これで大丈夫かな?


岩瀬、587登板 チーム新(中日新聞)
通算登板試合587をセーブで決めた 岩瀬、球団新(大本営)
中日・岩瀬「まだ投げ続ける」球団新587試合登板(スポニチ)
岩瀬が球団最多の587試合登板(日刊)
岩瀬 球団新記録通算587試合登板(報知)

岩瀬「あの展開で気合がすごく入った。必死だった。
金本さんを出したら逆転の走者。勝負にいくしかなかった。
(登板数は)つ一つ毎日必死にやって積み上げてきた。
中日の歴史に残ることはうれしい。これから先、抜かれないような記録にしたい。
今季はチームと同じで、まだ乗り切っていない。でも、調子はいいと思う」(中日新聞)
「(対金本の場面で)一塁が空いていた? 出せば逆転の走者になる。あそこは勝負するしかない。
(ガッツポーズをする)そんな余裕はなかったよ。必死だった。
(プロ初登板)あれがボクの原点。すべての始まりだった。今でも一球一球を覚えているよ。
毎年毎年、1年間やるのは相当な覚悟がいる。そんなに簡単なものじゃない。体も気持ちも妥協できない。
中日の歴史に名前を残せたことはうれしい。この先投げ続けて、抜かれないような数字にしていきたい」(大本営)
「健太が子供が生まれて初めての登板だったんで、絶対勝たないと、と必死だった」(スポニチ)
「ここまで来られるとは思わなかった。いろいろ経験してきたことが引き出しになっている。これからも1つ1つ、必死に積み上げていきたい」(日刊)
「『カウントが悪くなれば次の打者にいってもいい』と言われたが、歩かせたら逆転の走者になるので勝負だと思った」(報知)

岩瀬は1点差を踏ん張りきって、
球団新記録に花を添えました。
あの花束、万が一にもノックアウトされたらどうしたんだろうか?


仕事人・和田が逆転打! 3回に2点二塁打(大本営)
和田“勝負強いゾ”下柳から逆転の2点二塁打放つ(スポニチ)
中日和田が天敵下柳を打ち砕いた(日刊)

和田「フォークかチェンジアップか。ストライクゾーンを打とうという意識で振りました。
何とかしようという意識はあったと思いました。
6連戦の初めを取れたので、この1週間、勝てる第1歩になれば」(大本営)
「ワンバウンドさえ振らなければいいと思って、来た球を強く振ろうと考えていた」(スポニチ)
「ストライク近辺だったので何とか対応できた。低めのボール球をいかに振らないかが大事。ワンバウンドを振らなければ何とかなると思った。
昔は剛速球を投げてきた。今の下柳さんとはイメージが違いますけど難しいことに変わりはない。術を持っている投手ですから。」(日刊)

和田が逆転のタイムリー。
普通に打線の軸ですね。


荒木、全開近し 今季2度目の3試合連続安打(大本営)

荒木「良かったり悪かったりがぼくの4月なんで。これで乗っていきたいと思います。
先頭が出ればリズムができますからね。(バスターエンドランも)こういう試合では動かないと。初球から行ける準備はしてました。
けがをしたのは自分の責任。しばらくは我慢の日々が続くと思う。
いいところで打ててよかった。」(大本営)

荒木は徐々に調子を上げてきた感じですね。



<ファーム:ドラゴンズタイガース:雨天中止>

雨で中止です(公式ファーム情報)
山内雨らめし~ 先発あすに流れる(大本営)

山内「今日はストレートで攻めていこうと思っていた。上(1軍)に上がったときにストレートが悪かったら話にならないので、それを試したかった。
次、頑張ります。」(大本営)

ナゴヤでのタイガース戦は雨で中止。

|

« D2-1T(4.21)格付 | トップページ | 出場選手登録(4.22)控え捕手交換 »

コメント

たぶん、岩瀬って区切りとかメモリアルとかっていう登板でしくじったのは記憶にもないですね。

区切りのセーブも1発で決めてますし。(しかもほとんど名古屋で決めてると思います)

200Sは4/30有力でしょうか。

投稿: はやぱん | 2009.04.23 09:05

>>はやさん

そもそも「本当に負けられないところ」を
岩瀬で落としたのって
せいぜい北京五輪のときくらいじゃないですかね(笑)
本当に通過点のような感じでクリアするんじゃないでしょうかね>200セーブ

投稿: MegaDra@管理人 | 2009.04.23 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉、プロ通算50勝は岩瀬から奪ったウイニングボール(7-8):

« D2-1T(4.21)格付 | トップページ | 出場選手登録(4.22)控え捕手交換 »