« 碧眼の王子 | トップページ | 一月の沖縄 »

2009.01.26

秘密の新球

ナゴヤでの合同自主トレは最終日。
立浪、浅尾らも海外自主トレから帰国して
26日には選手の大部分は沖縄入りしました。

話題は岩瀬の新球とマサの本業あたり



ドラゴンズの話題

岩瀬新球 タテの変化?(大本営)
中日・岩瀬、上機嫌?「新球マスター成功」ポロリ(スポニチ)
岩瀬が新球手応え(報知)

岩瀬「キャンプではまずフォームをしっかり固めることです。本番は(キャンプインの)2月1日じゃない。(開幕の)4月3日でしょう。
(新球を)覚えたいんだけど、それが一番難しいのもよく分かっているから」(大本営)
「新しいボールも覚えた。今年はじっくりやっていく」(報知)

岩瀬の『新球』は
それこそ毎年のように出てくる話題ではあるのですが、
今年はどうなんでしょうね。
「あると思わせるだけで違う」とも考えられるけど、
岩瀬のポジションの場合、
「信頼できる球以外を投げる余裕なんてない」ともいえるしな・・・。

そこに持ってきて捕手が「見限った球は徹底的に使わない」谷繁ですからね。

ある程度の完成度に達しないと実戦では投げないかもしれませんね。


マサ、200勝ラジコンカーのおかげ(大本営)
山本昌「200勝記念ラジコン大会」愛車操縦に笑み(スポニチ)
山本昌ラジコン解禁!200勝記念大会開催(日刊)
昌がシーズン中の「ラジコン封印」解禁(報知)

山本昌「若いころに比べれば体力は落ちているけど、何とかここまで長く、考えながらやってこられているというのは、ラジコンとの出会いが大きかったのかなあ、と思うね。
こればかりは人それぞれだからね。(ラジコン仲間の)山崎武(楽天)なんかは広く浅くいろんなことをやっているし、ボクはマニアックにやってるしね。
野球をおろそかにしないようにやってます。先発ローテーション投手なら登板の前日や前々日は絶対にできないけど、時間はつくれる。座りっぱなしで腰を痛めそうなパチンコよりは体にもいいと思うし。」(大本営)
「今年は今のところ(封印は)考えていない。成績次第ではやらないかもしれないけど、投げない日はやってもいいと思う。
去年は200勝のこともあって『何かを絶ってやろう』と思い、シーズン中はここにまったく練習に来ず、断食状態だった。でも、ラジコンは趣味としてはいいと思うし、野球をおろそかにするつもりもない。シリーズにも出たいし、アジアで勝ちたい気持ちも持っている。
ラジコンの世界で細かく研究する姿勢を教えてもらい、鳥取で投げる時の体の仕組みに気付かせてもらったからこそ、今の僕がある。若い時よりも体力は落ちているが、それをカバーして何とかやってこれたのはラジコンとの出会いが大きかった。
こんな大会を用意していただいたのは初めて。ラジコン業界にはお世話になっているので、業界の発展に貢献できれば」(日刊)
「前半戦で8勝すれば球宴にも出られるだろうし、史上最年長で先発がしたい」(報知)

山本昌が行きつけのラジコン店での
『200勝記念レース』に参加。

多趣味がすごいというより、
そののめりこみっぷりがすごいですね。


浅尾、100万円超音波治療器 キャンプへも持参(大本営)
立浪ら帰国(報知)

浅尾「グアムでは思った以上に肩が動いた。でも大切なのはこれから。キャンプではとにかく故障だけはしません。昨年もそう思っていたのに、やってしまったので。
(購入した超音波治療器は)マッサージ効果があるそうです。遠征にも持っていき、毎日使っていました。
ボクはプロ野球選手です。自分に投資しないといけません。
昨年は周りが飛ばすので『自分も』と思いすぎてしまった。今度はしっかり自分の体と相談したい」(大本営)

グアムで自主トレを行っていた
立浪、井端、井上、中田、浅尾、藤井、岩崎達といったところが帰国しました。

|

« 碧眼の王子 | トップページ | 一月の沖縄 »

コメント

新球と言えばのぐちんのマッフォを未だに覚えています。
スプリット(SFFB)とどう違うのか分かりませんでしたけど。
実戦で使ったのでしょうか。

投稿: 可符香 | 2009.01.30 17:04

>>可符香さん

テレビゲーム以外で
SFFとフォークとの違いをはっきり説明するのが(自分にとって)難しいように変化球の分類って難しいですね。

野口の場合、フォークが落ちないので
その呼び名だったような・・・

投稿: MegaDra@管理人 | 2009.01.30 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘密の新球:

» めざせ、212勝! 昌さん「断食」解禁 [今を生きる+A]
何事も我慢はイケマセン昌さんがラジコンの封印を解き [続きを読む]

受信: 2009.01.27 10:13

« 碧眼の王子 | トップページ | 一月の沖縄 »