« 7月13日の記事 | トップページ | 7月14日の記事 »

2008.07.13

D4-10S(7.13)2匹目のドジョウはいなかった

先週好投したチェンと同じようにと思ったのか、
この日の先発は吉見
これ以上なく打ち込まれて、完敗

交流戦明け5カードで悲惨なことになりましたな。

7.13(ナゴヤドーム)
S:|080|000|200|=10
D:|310|000|000│=4

投手リレー
S:増渕(2)-○萩原(2.2)-吉川(1.1)-五十嵐(1)-松岡(1)-丸山(1)
D:●吉見(1.1)-佐藤充(1.2)-佐藤亮(2)-長峰(1)-清水昭(0.1)-小林(1.2)-長峰(1)

野手スタメン
S:9福地5宮本8青木3畠山4田中7飯原6ウィルソン2福川1増渕
D:4荒木6井端7森野3ウッズ5中村紀8平田9英智2谷繁1吉見

本塁打
S:なし
D:なし


スコア速報(日刊)
【評】ヤクルト、10得点で圧勝 中4-ヤ10(共同通信)
ヤクルト、2回に8得点=プロ野球(時事通信)

なんというかねぇ
はじめ投げた3人はいろいろと「なぜここで投げているのかわからない連中」ですねぇ

「チェンをジャイアンツ戦にまわした」がメインの理由なら最悪
「吉見に復活してほしかったから」なら論外

というところでしょうか

ただ「奇襲」なんてもんじゃないと思いますよ
すくなくともスワローズのほうに視線はいっていない気がする


2回裏、佐藤充に代打を出さなかったところで試合終了。

こういうところから『意外な試合展開』を出来るような甲斐性は
今のドラゴンズにはないですね。

5回に得点できたら・・・が
かすかな糸口だったのでしょうが
立浪がいつものように凡退して余興も終わり。

いまなお、立浪が出てくるところって基本的に「大事なところ」だから
ここで90%以上の確率で凡打を打たれると話にならないですね。
今の荒木は立浪のミスを取り戻すような調子でもないですし

立浪が「根を上げるまで」我慢するのかな。

週明けはメイクドラマシリーズ
テレビは音声なしが吉かなぁ

吉見「申し訳ありません」(日刊)
「自分の軸であるスライダーと外の直球でストライクが取れない。でも、疲れは言い訳にしたくない
」(サンスポ)

落合監督「(吉見の乱調の理由は疲れかと聞く報道陣に)すぐに疲れと言うな。今までチヤホヤされて、打たれたらボロカスに言われるのがこの世界。そこからはい上がらないと。」(毎日新聞)

|

« 7月13日の記事 | トップページ | 7月14日の記事 »

コメント

鈴木、中里、クルスが磐石なら、
吉見は中継ぎに回ることはなかったはずです。

チーム状況がこんなだから先発としての実績が一番少なく、
勢いのあった吉見が中継ぎに回るのは当然。
それだけ期待されていたわけで、
中継ぎで吉見が打ち込まれても監督は怒っていなかったはずです。

連敗が続き先発がグダグダな状況にテコ入れでチェンや吉見を頭で使わざるを得ない中、
結果出せないなら吉見はプロとしてはそこまでの選手ということ。

チャンスを活かせないのは選手が悪い。
チャンスを与える采配が悪いって言うなら若手にチャンスなんか与えられることは無くなりますよ。

吉見、チェン、佐藤充あたりが出てこないようなら川上が抜ける来年以降の新監督時代は暗黒時代確定ですね・・・

世代交代の過渡期を任される新監督が可哀想(笑)

投稿: | 2008.07.14 18:28

>>名無しさん

佐藤亮、佐藤充よりチェン、吉見を先発に置くほうが戦力的にいいということはまだいいとして

吉見を頭で使うなら
札幌あたりまで間隔をあけてやるとか
使いようがあっただろうという思いが強いわけです。
(「日曜、チェンを先発させない理由」というのをうかがい知ることは出来ないのですが)
これを過保護というのなら
過保護の何が悪いというところでしょうか

基本的に『13日は吉見を先発で使わざるを得ないという状況とは自分には思えなかった』、というのが根っこにあるので
なかなか難しいですね。


次の監督が楽できるかどうかは
朝倉と中田次第でしょうね。


来季の陣容はそれこそ外野が今どうこう言うことでもないのでしょうが

ちなみにワタシ、落合監督続投希望です。

投稿: MegaDra@管理人 | 2008.07.14 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: D4-10S(7.13)2匹目のドジョウはいなかった:

» 【08/7/13】ドラゴンズ−スワローズ【先発吉見】 [Dra☆mode]
{/star/}中日{/v/}ヤクルト (14時、ナゴヤドーム、38116人) ヤ ク 080 000 200|10 中 日 310 000 000|4 勝:萩原21試合1勝 S:− 敗:吉見28試合8勝3敗 {/baseball/}本塁打{/baseball/} − {/roket/}バッテリー{/roket/} 中日:吉見、佐藤充、佐藤亮、長峰、清水昭、小林、高橋−谷繁、清水将 ヤクルト:増渕、萩原、吉川、五十嵐、松岡、丸山−福川 竜スタメン      燕スタメン 1,(二) 荒木     1,... [続きを読む]

受信: 2008.07.13 19:09

» 【竜専】 「迷者不問」 [馬と闘球と男と女]
「4500勝の呪縛。」 ... [続きを読む]

受信: 2008.07.13 19:55

» 吉見先発の奇襲作戦、相手は奇襲と感じず。 [熟年ドラキチ  さぁ人生はこれからだぁ^^ ]
今日の先発は、なんと”吉見投手”。交流戦からず〜と中継ぎに回り、今年の成長株の投手。しかし最近は勝負どころで打ち込まれたりして、登板過多と自信も喪失気味のピッチャーで、中2日での”サプライズ”先発。この吉見先発の”サプライズ”、 一番驚いたのはヤクルトベンチでなく、ドラゴンズファンではなかったかな〜?今のドラゴンズ投手陣は、敵から見ても憲伸以外は、右でも左の投手が来ても相手ベンチはさほど気にはしていないのではなかろうか。先発で憲伸以外で勝ち星をあげているのは、確かここ1ヶ月誰もいない筈である。奇襲作... [続きを読む]

受信: 2008.07.13 20:00

» 7月13日中日対ヤクルト試合結果 [Our DRAGONS]
▼―――1敗1分で迎えた第3戦目。どうしても勝ちたいドラゴンズは初回森野、タイロンのタイムリーなどで3点を先制するも、2回、先発吉見が大炎上。6点を奪われ降板。2番手の佐藤充も2点を失い8点を奪われ試合をひっくり返される。 中盤は試合が落ち着き得点、失点..... [続きを読む]

受信: 2008.07.13 20:29

» パノラマカーホーンが止まらない [考え直させて (私家版)]
ただでさえ壊れたものをさらに壊しにいってくれるとはどういうことなんでしょうかね? →(ニッカンスコア) TBSラジオスコア 東京燕┃080│000│020┃10┃ 中 日┃310│000|000┃4┃ ○ 萩原1勝 S ● 吉見8勝3敗 本塁打:YS    :D 投手YS 増渕-萩原-吉川-五十嵐-松岡-丸山貴   D 吉見-佐藤充-佐藤亮-長峰-清水昭-小林正-高橋聡 なんというか、2回の猛攻時に燕応援団がトランペットでやってたパノラマカーホーンしか残らなかったなあ、と... [続きを読む]

受信: 2008.07.13 21:03

» 中日奇襲先発吉見が2回持たずKOヤクルトに完敗 [DRAGONS VICTORY]
2008年7月13日(日)の中日ドラゴンズニュースとして、ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズ、プロ野球公式戦12回戦が行われた。中日の先発は約2カ月ぶりの先発となる吉見一起、ヤクルトの先発は増渕竜義で14時00分試合開始。 ●中日4―..... [続きを読む]

受信: 2008.07.13 21:32

» Draえもん [なごやぶろぐ]
Draえも~ん、また中日負けちゃったよぉ。。 なんだよ、のび太くん、せっかくの日曜日に陰気くさいなぁ、ははは。 だって中日、弱すぎなんだもん。   今年も胴上げ見れると思ったのにぃ。。 よし、じゃあ、タイムマシンで胴上げを見にいこ... [続きを読む]

受信: 2008.07.13 21:56

» 潰す気? [スポーツ歩き]
今日も仕事だったので、 隙を見つけてPCで経過チェックを。 吉見先発を知った時は「勝つ気あるのか?」。 しばらく後に経過チェックをした時は既に3-8。 「そりゃそうだ。 今の吉見に中2日で投げさせて好投したら、 最近の不調振りがあるはずないじゃん」。 その後は....... [続きを読む]

受信: 2008.07.13 23:40

» 重罪 [ふ~たの珍道中☆]
________________________________________ [続きを読む]

受信: 2008.07.14 00:27

» パオロンデーを勝利で飾れず… [Party?Party!@neppie.com]
パオロンに癒されましょう。 こんばんは、ねぴです。私は毎週日曜日は教会の聖歌隊に... [続きを読む]

受信: 2008.07.14 08:10

» 悲惨デー吉見先発7失点KO、負越竜ついに貯金1。 [ドラゴンズスタジアム]
決め手に欠いて、延長12回ドロー。 地元に戻っても流れに乗れないドラゴンズ。 1敗1分けで迎えたナゴヤドームでの第3戦。 その先発に起用されたのは、なんとセットアッパーの吉見。 約2カ月ぶりの先発となった右腕を、立ち上がり打線が援護。 3点を奪い、盛り上げようとしましたが、 中2日での登板は疲れもあったか、本来の球威、制球を欠き、 直後の2回、東京ヤクルト打線に集中打を浴び7失点KO。 代わった佐藤充も勢いを止められず、よもやの大逆転負け。 5位の東京ヤクルトにも負け越し、リーグ戦再開後3勝10敗1... [続きを読む]

受信: 2008.07.14 09:57

« 7月13日の記事 | トップページ | 7月14日の記事 »