« T4-1D(7.3)同一カード3連敗 | トップページ | D4-2G(7.4)連敗ストップ »

2008.07.04

7月4日の記事

翌日に勝った事を知っていると、
多少は気も晴れて投稿できるものです。



ドラゴンズの話題

タイガース4-1ドラゴンズ

落合監督「必死こいて一塁に頭から飛び込んだやつがいる。あれができる間はあいつは大丈夫だ。その姿がなくなったら手を打つ。今も手を打たなきゃいけないところは何カ所かあるんだけどね」(大本営)
「勝ったり、負けたりよりガツーンとやられた方が目が覚めるのも早いだろう!」(日刊)


竜立ち上がれ きょうからナゴヤDでGたたき(大本営)
悪夢の落合竜「3連戦で7失策!」今季初の4連敗(スポニチ)
落合中日22年ぶり甲子園3連敗(日刊)
オレ竜、完全制覇へ赤信号(デイリー)

荒木「カバーでも全力疾走でも、できることをやっていくしかないんです。みんなでね」(大本営)
「やれることをやるしか…。もう、5年もやってきてるんですから」(スポニチ)

荒木も必死にはやっているのですがねぇ


朝倉に光 5イニング無四球1失点(大本営)
「シュート頼り」やめて腕振れた 本紙評論家・今中慎二(大本営)
朝倉粘投「5回1失点」敗戦の中、竜に明るい材料(スポニチ)
朝倉、1カ月ぶり先発で「持ち味出た」(日刊)

朝倉「(粘り強く)自分の持ち味は出せたと思います。全体的に悪くなかったと思います。
行けと言われればいけました。
これからチームに貢献できるように頑張りたい。次は長いイニングを投げて、白星ですね。」(大本営)
「全体的に悪くなかった。最低限の仕事はできたと思います」(スポニチ)
「出ばなをくじかれたけど、気にはならなかった」(日刊)

先発朝倉は5回1失点。
本人の言うように最低限の仕事といったところか


チェンぼう然…完敗台湾対決(大本営)
チェンが北京五輪へ意欲(日刊)

チェン「投げたコースが甘かった。
(林とは)2軍では1度対戦していましたが1軍ではなかった。うれしかった。
北京に行くかどうか、最終的な判断はお互いの球団の意見も聞いてという話はしました。その上で、『一緒に出たいですね』と言いました。
林さんとはまた対戦したい。次こそは抑えます。」(大本営)
「コースが甘かったです…。」(スポニチ)

チェンが敗戦投手。
大きく弾むような不運な当たりもありましたが、
ああいうのがヒットになる可能性は
初めからわかっている球場でもあるのでいいわけにはならないところでしょうか。



<ファーム:ホークス1-9ドラゴンズ

7.3(雁ノ巣)
D:│011│102|013| =9
H:|100|000|000| =1



ドラゴンズ投手リレー
○川井(7)-中里(1)-山内(1)


ドラゴンズ野手スタメン

9藤井、4森岡、6井端、8森野、D堂上剛、3柳田、5谷、7中村一、2田中

ドラゴンズ本塁打
中村一(4回1点)、堂上直(9回3点)

2008年07月03日 ソフトバンク - 中日 12回戦(公式サイト)
堂上直“つかんだ”一発 1カ月ぶり「右を意識し」3ラン(大本営)
井端&森野あすにも復帰 「左足もう大丈夫」(大本営)

堂上直「何かがあったから良かったです。
考え方をちょっと変えたんです。体が開いて打ちにいっていたので、センターから右方向に打つ意識で振ったんです。ああいう打球にはなりましたけど、意識は右でした」(大本営)

井端「もう大丈夫ですよ。守備でもあれだけ動ければ問題ないでしょう。あれだけやれて、それで何も(患部に異常が)出ないのだから。いつ呼ばれても大丈夫です。」(大本営)

森野「問題ないです。全く違和感なく(プレー)できていたし。あとはボクが決められることではないけど、いつでも(1軍で)出られる準備はできたと思います」(大本営)

高代コーチ「フルイニング出て、完全に不安をなくしてからでいい。2人とも(故障が)足だけにな」(大本営)

川井が投げたので
週末の先発の可能性は消えました。

井端と森野は復帰2試合目。
4日の甲子園の試合にも出場しました。

|

« T4-1D(7.3)同一カード3連敗 | トップページ | D4-2G(7.4)連敗ストップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月4日の記事:

» ナンパ系アダルトDVD館 [ナンパ系アダルトDVD館]
ナンパ系アダルトDVD館 [続きを読む]

受信: 2008.07.05 08:45

« T4-1D(7.3)同一カード3連敗 | トップページ | D4-2G(7.4)連敗ストップ »