« IL:Bs4X-3D(6.14)6番井端 | トップページ | IL:Bs2-4D(6.15)そして時は動き出す…? »

2008.06.15

10年に1度の椿事

岩瀬が10年目で初のサヨナラ被弾。
専任クローザーになったのは04年からですが
それでもこれは『事件』なのではないでしょうか。

オリックスに敗れて今季2度目(案外少ない?)の3連敗



ドラゴンズの話題

バファローズ4X-3ドラゴンズ

岩瀬、逆転サヨナラ悲弾 竜3連敗、交流戦の勝ち越せず(大本営)
中日・岩瀬「プロ初の悪夢」サヨナラ負けにボー然(スポニチ)
中日必勝リレーも岩瀬プロ初サヨナラ被弾(日刊)
中日・岩瀬がプロ人生初の“サヨナラ被弾” (サンスポ)
岩瀬サヨナラ被弾 10年目初屈辱(報知)
岩瀬プロ初サヨナラ被弾(デイリー)

落合監督「岩瀬でウチは回しているんだ。そこまでつないで岩瀬がやられたら、負けてもサバサバしている。あいつの代わりはいないんだし」(大本営)
「いくらウチのピッチャーが我慢強いからっていっても、いつまでも頼ってばっかりじゃな。これまでだってピッチャーに助けられてきたようなもん。そろそろ打ちだしてもらわないとな。いつまでも我慢はしてくれないし、歯車がかみ合わなくなるからな」(デイリー)

岩瀬「打たれたら何も言えません…」(大本営)
「スライダーです。高かった?打たれたら何も言い訳できません」(スポニチ)

個人の結果がほぼダイレクトにチームの勝敗に結びつくクローザーの仕事ですから、
「岩瀬で負けて痛くない試合」はありえないわけです。

ただ今後に残す結果が
その痛みを少しでも和らげてくれることでしか
クローザーは報われないといったところでしょうか

岩瀬の『先』のことに不安がないわけではないですが
ファンの立場として極力考えないようにはしています。


憲伸、自分が悪い 岩瀬まさか…5勝目スルリ(大本営)
川上唇かみ「仕方ない」交流戦の通算14勝目を逃す(スポニチ)

川上「ホームランは2本とも悔いが残ります。特にローズはホームランバッターですから…。歩かせてもいい場面で1点を失ってしまったので、反省の残る内容となってしまいました。
調子? いや、悪い方だったと思います。
(岩瀬が打たれたのは)仕方ないですね」(大本営)

川上は6回2失点。
ホームランはふたつともストライクがほしいカウントで
ストライクを取りにいった結果でしょうかね。

川上にしては短い6回でおろしたことを
どう考えるかは難しいですねぇ。

チェンに対する信頼か
川上に対する不安か
ただの焦りか、それとも・・・


新打線で上向き3発 結果には結びつかず(大本営)
ウッズ18号&和田8号「主軸の2発」も実らず(スポニチ)

藤井「だいぶ落ち着いて打席に入れるようになりました。打順は関係ないです。しっかりといい結果を残せるように頑張ります。」(大本営)

ウッズ「三振しないように、ボールをしっかりと見た。狙っていた球が来た。調子が上がってくると願いたいよ。」(大本営)

和田「入るとは思わなかった。ラッキーでした。ここはそんなに広くないから。」(大本営)
「入るとは思わなかった。打順?関係ない」(スポニチ)

打線はソロホームラン3本



<ファーム:カープ3-7ドラゴンズ

6.14(由宇)
D:│000│302|020| =7
C:|010|000|200| =3



ドラゴンズ投手リレー
川井(6)
-菊地(0.2)-山内(2.1)

ドラゴンズ野手スタメン

7沢井、4岩崎、8上田 3福田、 9堂上剛、  5堂上直、6谷2前田1川井

ドラゴンズ本塁打
なし

2008年06月13日 広島 - 中日 12回戦(公式サイト)
川井、6イニング1失点(大本営)

川井(先発6イニング1失点)「課題の立ち上がりをスムーズに入ることができた。ランナーを塁に置いても踏ん張ることができ、次につながる投球ができたと思う」(大本営)

由宇でのカープ戦
川井は降格後2連勝。
沢井の外野、岩崎のセカンドはスタメンでは今季初。


ナゴヤ球場残留組(公式ファーム情報)

公式のファーム情報は久し振りにナゴヤ残留組の話題
かなりの不定期掲載ですが
ファームの担当さんの都合次第って感じですね。

|

« IL:Bs4X-3D(6.14)6番井端 | トップページ | IL:Bs2-4D(6.15)そして時は動き出す…? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年に1度の椿事:

« IL:Bs4X-3D(6.14)6番井端 | トップページ | IL:Bs2-4D(6.15)そして時は動き出す…? »