« D6-3G(4.15)さわんだふるリリーフ | トップページ | D6-1G(4.16)川井プロ初勝利 »

2008.04.16

なんだかんだで勝ってしまった

 ナゴヤドームでのジャイアンツ戦に先勝。
思いっきりふんぞり返って振り返れば
「野球の質の違い」ってヤツですか?

ドラゴンズの野球の質が極上でもないのですが(苦笑)



ドラゴンズの話題

ドラゴンズ6-3ジャイアンツ

中田に愛のゲキ G戦7連勝も不満(大本営)
中日中田今季2勝目も球威不足(日刊)
デキ悪くてもGキラー!中日・中田、対巨人戦6連勝!(サンスポ)
落合監督「最善の策」的確采配で勝利呼び込む(報知)

中田「(勝ったのは)たまたまです。
5イニング3失点じゃ喜べないです。もう少し回数も行きたいし、点の取られ方が悪いです。
先制点を取られ、味方が点を取ってくれたあとにすぐ取られる。あれではチームにリズムを持ってこられない。そういうところをしっかりやっていかないと、これから苦しくなる。
真っすぐの勢いがなかった。あれだけしっかり(相手打者に)とらえられていたのはあまりない状態だったので、そのほかで何とかしないといけなかった。
急に良くなるときもあるし、変わらないときもある。いい方に変われるようにやっていきたい。」(大本営)
「もっと長い回を投げないと中継ぎの方に負担がいってしまう」(日刊)

落合監督(中田について)「誰が見てもよくないだろう。」(日刊)
「中田の立ち直る気配がないから、代えようということだった。最善の策じゃないかな」(報知)

森コーチ(中田について)「丁寧にいくピッチャーじゃないだろ。荒れ球を振らすのが持ち味だろ。去年10何勝したピッチャーだから、今まで何も言ってこなかったけどそろそろ言うよ。」(日刊)

中田は前回ムチャクチャだった四球こそ少なかったものの、
勢いのある球がありませんでしたね。


チェン「コントロールが良かった。下半身をうまく使えた」(サンスポ)

小林「しっかり低めに投げられた。この調子を持続したい」(サンスポ)

リリーフしたチェンと小林が好投して岩瀬につなぎました。


谷繁、驚異の得点圏打率“5割”(大本営)
谷繁が竜の首位打者「この調子でいきたい」満面笑み(スポニチ)
恐怖の8番!谷繁が今季2度目猛打賞(デイリー)

谷繁「ノリがバントで送ってくれたから最低でも犠飛で1点は、と。だから気楽に打席に入れた、いやそんなに気楽でもなかったかな。一番いい結果になってくれてよかったです。
毎年、出だしが悪いんだけど、今年は何とかうまくいっている。この感じで続けていきたいですね。
自分でもよくわからないんだけど、今のところ感じはいい。」(大本営)
「今年は何とか出足が良いのでこの調子でいきたいね。打率チームトップ?あんまり言わないで。そういうこと言われると落ちるから」(スポニチ)
「あしたは多分内海なんで、あしたも打ちたい」(サンスポ)
「毎年3割打ってりゃ、説明しても説得力があるのにね。去年までとの違いが分かってりゃ、もっと打ってますよ」(デイリー)

谷繁が猛打賞。
ダメ押し打が打てなくて異様に悔しそうだったほうが印象的。


中日・李炳圭V撃!4回イッキ逆転で上原をKO(スポニチ)

イ・ビョンギュ「同点にしてくれていたし、楽な気持ちで打席に入ったよ。直球を待っていたら良い感じで狙い球がきた。
上原との相性が良いとは思わない」(スポニチ)
「前の2打席はチャンスで打てなかったので、真っすぐを狙っていた」(サンスポ)

イ・ビョンギュが同点後の満塁機を逃さないタイムリー。
狙い球を絞りきったときはすごい感じですね。


デラロサが早出特打(日刊)

デラロサ「自分はレギュラーじゃないので、どんどん打って準備しておかないといけないから。」(日刊)

デラロサが早出特打ち。
ルイスはいろんな仕事こなしていますね。


投げた!憲伸 1軍復帰「時間かからない」(大本営)
中日・川上、早期復帰の見込み(デイリー)

川上「体? 大丈夫ですよ。
チームに迷惑をかけてしまった。吉見とかの若手が頑張っているので、言い方は悪いですがホッとしている部分はある。
コーチと相談しないとわかりませんが、急いでやっています。そんなに時間はかからない。」(大本営)

川上が報道陣の前でキャッチボールを披露。



<ウエスタン・リーグ:ドラゴンズ17-13 富山サンダーバーズ 

4.15(ナゴヤ)
TB|033|000|250| =13
D:|400|043|51X| =17


ドラゴンズ投手リレー
樋口(3)-高江洲(2)-
赤坂(2)-ネルソン(2)

ドラゴンズ野手スタメン
4森岡、7中村一、9堂上剛、D新井、8平田、2前田、3福田、5堂上直、6谷

ドラゴンズ本塁打
新井(1回3点)、平田(2回1点)

大味なゲーム(富山サンダーバーズ)(公式ファーム情報)
樋口苦い“初先発” BC富山交流戦(大本営)
谷、初安打&初盗塁だ(大本営)

樋口(先発6回3失点)「自分では、力ます投げようと思ったのですが、返って裏目に出てしまいました。バランスも悪かったし、一からやり直します。」(公式サイト)
「腕がちゃんと振れなかったし、1カ月以上も(課題を)練習してきたことが、何一つできなかった。
これまでの野球人生で一番悔しいかも。本当に自分に腹が立ちます。」(大本営)

赤坂(山内について)「ストライクを取りに行った球を打たれました。」(公式サイト)

(安打&盗塁)「公式戦じゃないけど、1本(安打が)出たのは良かったです。」(大本営)

新井(本塁打)「快心でした、打ったのは抜けたフォークです。調子を維持します。」(公式サイト)

ナゴヤでの富山サンダーバーズ戦は
樋口、赤坂、谷などルーキーたちと
福田、堂上直ら2年目の
の実戦経験に使われたようですが・・・

とんでもない乱打戦に

相手も独立リーグのプロですからね・・・
なんて理屈は通用しないわな(苦笑)




|

« D6-3G(4.15)さわんだふるリリーフ | トップページ | D6-1G(4.16)川井プロ初勝利 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんだかんだで勝ってしまった:

« D6-3G(4.15)さわんだふるリリーフ | トップページ | D6-1G(4.16)川井プロ初勝利 »