« D2-2C(3.28)引き分け発進 | トップページ | D5-3C(3.29)ドラゴンズロードの出発点 »

2008.03.29

長い戦いの始まり

 ドラゴンズの08年開幕戦は延長12回引き分けでした。
ドラゴンズの開幕戦の引き分けは
与田がデビューした90年以来。

4年連続となった川上は9イニング2失点でしたが
打席でホームランを放つなど『健在ぶり』を見せました。



ドラゴンズの話題

ドラゴンズ2-2カープ

落合監督「この1試合が生きる」(大本営)
竜延長10回無死満塁で凡退…セ17年ぶり開幕戦ドロー(報知)

落合監督「野球が好きだねえ。
キャンプ、オープン戦と順調に来た。レギュラー陣も何をすべきか理解してよく動いている。若手も力をつけてきた。五輪で何人か抜けても大丈夫。1年144試合は長丁場だけど、最終的にはチャンピオンフラッグを持って帰ってくる。」(大本営)
「投手もバットを持っている。タイロン(ウッズ)ぐらいは飛ばす力があるんだから、打っても不思議じゃない」(日刊)

荒木「力が入りましたね。あそこは真っすぐとフォークしかないと思っていた。スライダーが頭になかった。」(報知)
「ちょっと力が入った。最低のバッティング」(サンスポ)

最大の勝ち越し期は延長10回の無死満塁でしたが、
荒木の初球打ち併殺でしぼんでしまいました。


憲伸、開幕弾 びっくり!竜投手史上初(大本営トップ)
中日・川上ビックリ1号…3度目開幕戦ドロー発進(スポニチ)
憲伸の開幕弾も、オレ竜開幕ドロー発進(日刊)
竜ドロー発進…6度目開幕投手・憲伸、粘投&同点ソロも反省(サンスポ)
川上無念…同点1号弾もドロー(デイリー)

川上(9回2失点)「(ホームランを)狙ったわけじゃないけど、甘い球に体が反応しました。
『しっかり投げろ』とヤジられて、悔しいから打ちました。
正直、完ぺきでした。
自分の悪いところは先取点を与えてしまったこと。開幕の緊張感の中で、追いかける立場よりは、追いかけられる方がウチの野球のペースなのに、それができなかったところを反省しないといけないですね。
状態が良くなかった割にはゲームをつくることができました。」(大本営)

川上はどうなることかと思った立ち上がりでしたが
終わってみれば9回2失点。
延長になったので2年ぶりの完投にはならず


岩瀬、08年初登板で無失点(日刊)

岩瀬「とにかくチームが勝つこと。」(日刊)

岩瀬の今季初登板は同点の延長10回でした。
走者2人だしたもののサード中村紀の好守もあって無失点。


救世主ノリ 9回執念の同点打(大本営)
ノリ意地の一撃…MVP男が勝負強さ見せつけた(スポニチ)
ノリ、チームを救う同点二塁打(日刊)

中村紀「2アウトになって、あの場面は妙な緊張感があった。でも、どうしても負けたくなかったからね。あの雰囲気の中で打ててよかった。真っすぐ狙いだったけど、うまくチェンジアップに対応できた。
憲伸が頑張っていたからね。何とか勝たせてあげたかった。まあ、次、勝てるように打ちたいね。
初めてのピッチャー(コズロースキー)を打てたのは大きいね。先に打っておけば少し気が楽になる。今後につながるかな。」(大本営)
「負けるわけにはいかない」(日刊)

9回2死から同点タイムリー。
追い込まれたときは打てそうもなかったんですけどね。


和田ちょっと空回り ちょっと緊張ほろ苦5の0(大本営)
和田の中日デビューは5打数無安打(日刊)

和田「開幕戦で緊張感はありましたけど、すごくということはなかったです。空回りした部分はありますね。
ちょっと(始動が)早すぎました。早かったり、遅かったりそんなのばかりでした。
あした(29日)から何とか立て直したいですね。」(大本営)

和田は5タコ。


李がチーム唯一のマルチ安打(日刊)

イ・ビョンギュ「いいバッティングだったと思うが、チームの勝利に結びつかなくて残念。」(日刊)

イ・ビョンギュはマルチヒットスタート。
打撃の調子はいいようですね。


“ぶっつけ開幕”の森野が二塁打(日刊)

森野「僕はそんなに経験があるわけじゃないし、どの試合も特別だし、いつも多少不安はある。今年だけ特別なことはないですよ。」(日刊)

森野は延長10回にツーベース。


2年目西川、ホロ苦プロ初打席(日刊)

西川「オープン戦の通り、落ち着いて打席に入ったのですが、いい結果が出なくて残念です。」(日刊)

西川は同点の延長10回二死満塁での代打がプロ初打席。
結果はセカンドゴロ。2ストライク目の変化球の対応を見て横山のほうが優位に立ったかなぁ


中日落合監督の夫人も連続日本一を確信(日刊)

落合信子監督夫人「監督はいつものように落ち着いていた。シーズン入ったらいろいろあるけど去年も気づいたら日本一になっていた。今年もそうだと思う。」(日刊)

監督夫人も観戦。


中日の私設応援団が活動を自粛(日刊)
ナゴヤDの“鳴り物”消えた…応援団応援自粛で…(スポニチ)

西川球団社長「中央の協議会の決定ですから。応援がないのは寂しいが、応援団の方の判断なので。我々にはどうしようもない。」(スポニチ)
「球団としては決定事項に従うしかない。」(日刊)

自粛ねぇ。
まさか去年までのように戻れるとでも思っているんだろうか

現実的にできる最大限のことをやったのが昨日の応援なのか
やろうと思えばできたけど自粛したのが昨日の応援なのか
処分食らった2団体がでかくてイマイチつかめんのですが

応援団の名の下に
ナゴヤドームの特等席を占拠しているなら(出禁くった団体もあるけど)
「できる応援をやる」ってくらいの気概はほしいけどね




|

« D2-2C(3.28)引き分け発進 | トップページ | D5-3C(3.29)ドラゴンズロードの出発点 »

コメント

今年のドラゴンズ打線はすごいですね。
だってホームランバッターの川上さんが9番を打っているくらいの打線なんですから。
ジャイアンツがいくら他球団の4番打者を集めても、9番打者にホームランは打たせられませんからね。

投稿: 可符香 | 2008.03.31 00:38

ある程度計算して投げるピッチャーって、憲伸さんが計算してるのはオフの年俸の事だけだろ。

そもそも何も計算しないで投げてるピッチャーなんていねぇよ。

投稿: まっくん35 | 2008.03.31 00:40

>>可符香さん

山田監督なら
川上8番、荒木9番とかやりかねない打撃ですね。

おそろしくケース打撃のできない9番打者ですが・・・

>>まっくん35さん

高橋聡文とかは計算している形跡が見られないのですが・・・

投稿: MegaDra@管理人 | 2008.03.31 19:24

アキフミは……実家の和菓子の売り上げでも計算してんじゃねぇか?

投稿: まっくん35 | 2008.03.31 20:22

>>まっくん35
彼、あまり和菓子は好きではないようです。
まあ、もうすこし投球が安定してくれればよいのですけれどもね

投稿: MegaDra@管理人 | 2008.04.01 20:23

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長い戦いの始まり:

« D2-2C(3.28)引き分け発進 | トップページ | D5-3C(3.29)ドラゴンズロードの出発点 »