« OP戦:D2-0E(3.9) | トップページ | OP戦:D3-3H(3.10) »

2008.03.10

川上、きっちり調整する

 週末のイーグルス戦は連続完封で、
川上、中田、朝倉、小笠原、平井、岩瀬の6人で18イニング零封。

川上は開幕へ向けて順調に調整しているようです。



ドラゴンズの話題

<OP戦:ドラゴンズ2-0イーグルス

憲伸・朝倉・岩瀬、完封リレー 竜投23イニング連続無失点だ(大本営)
中日・憲伸完ぺき「4回無失点」6度目の開幕濃厚(スポニチ)
朝倉、新球カットボールに手ごたえ(日刊)
これぞエースのお仕事!中日・川上、気合の投球で4回無失点(サンスポ)
フォーク手応え!川上4回無失点(報知)
憲伸、盤石…開幕へ4回無失点(デイリー)

川上「これを試して、とかではなく、打たれたくないところは打たれない、躍動感、とかを意識して投げた。自分で投げていて悪くないと思う。
(フォークは)投げるべきところで投げた。試しているのではなく、相手がいい打者で、空振りが欲しい、打ち取りたい、ということを意識して投げた。」(大本営)
「腕を振ることや躍動感など…打たれたくない気持ちで投げた。前回よりも良かったと思う。
(フォークは)多投したというよりは投げるべきタイミングで投げた。試す意識よりは打ち取りたい気持ちだった。
高かったけど抜けてくれた。あれが理想。
言われたところで投げるだけ。」(スポニチ)
「(フォークは) スライダー気味に巻き込むよりも(左打者の)外に逃げていったほうがいい。僕は基本的に腕の振りは内から外なので」(日刊)
「(オープン戦は)残り2試合(の登板)だと思うが、不安材料を残さないようにしたい」(サンスポ)


G上野スコアラー「対左の場合、川上選手は内側に曲がる変化球が多かった。外に逃げるフォークは警戒したい」(日刊)

川上は4イニング無失点。
フォークはスローカーブのような目先を変える球というよりも
振らせて打ち取る球を目指している感じかな。


ノリ技あり2点打!今年も満塁男だ(日刊)

朝倉「紙一重ですけどね。
自分の中で思い描いていた通りにゲッツーが取れたので、そういうところは良かった。
(速いスライダー(カットボール)を)4、5球投げた。」(大本営)
「今後はストレートをもう少し磨いていきたい」(日刊)

朝倉も4イニング無失点。
シュートの対になる球の習得を目指してます。


岩瀬、完封リレー締めた(日刊)

岩瀬「右打者のインコース直球に苦労したけど(課題は)そのくらいかな。今からやりたいことは別にない。今のボールの精度を上げていきたい」(日刊)

岩瀬は1イニング三者凡退。


平田、あきらめない 不振脱出2安打(大本営)
平田が2安打猛アピール「久々ヒットにホッとした」(スポニチ)
平田、中堅争い残った!(日刊)

平田「久しぶりのヒットだったんでよかったです。(3打席目は)気楽になったというか、小さくならずに打てたと思う。
焦り? ありましたね。(スタメンで)出してもらっていたんで、余計に不安でした。
(タイムリーは)バットの先っぽでしたけどね。でも安打が出てよかったです。」(大本営)

平田は久しぶりのヒット。


荒木OP戦盗塁成功率100%(日刊)

荒木「盗塁は効果的なところで走ることが大事」(日刊)

荒木は打率が低いながら盗塁は積極的ですね。



<プロアマ戦:ドラゴンズ2-3東海理化>

3.9(ナゴヤ)
T:|000|010|200| =3
D:|101|000|000| =2


ドラゴンズ投手リレー
佐藤亮(4)-石井(1)-樋口(2)-高江洲(2)

ドラゴンズ野手スタメン
4沢井、6岩崎、7中村公、3新井、9堂上剛、8中村一、D福田、5堂上直、2前田

ドラゴンズ本塁打
なし

プロ、アマ交流戦(ファーム公式ブログ)

樋口「今日は、ぜんぜん駄目でした。ストライク取るのがやっとです。調子にバラツキがあるので 何とか、安定するようにしたいです。」(公式ブログ)
「最悪です。調子が悪いなりに投げなきゃダメなのに、できなかった。
もう一度気持ちを入れ直したい」(大本営)


岩崎「何度か投手を見ているうちにクセがわかった。
あれは判断が遅れての防げる内野安打。エラーと一緒です」(大本営)

東海理化と練習試合。
7回にルーキー樋口がつかまって競り負け。
先発の佐藤亮は4回無失点。
打線は3安打2盗塁の岩崎はじめ10安打ながら2点どまり。



森野、間に合わせる 3週間ぶりティー打撃(大本営)
打撃練習再開 森野80球打った「だいぶいいデス」(スポニチ)
左手甲骨折の森野がティー打撃再開(日刊)

森野「痛み? だいぶいい。大丈夫です。思い切って振れている。
開幕までに試合に出られる状態にしたい。
まだ振ったというだけ。一つ一つやってくしかない。
実戦は『いける』と思ったときに自分から言います。」(大本営)
「下半身を使って、コントロールすることが課題だったけど。3回と4回はダメでした」(スポニチ)


左手甲骨折の森野がティー打撃再開。




|

« OP戦:D2-0E(3.9) | トップページ | OP戦:D3-3H(3.10) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川上、きっちり調整する:

« OP戦:D2-0E(3.9) | トップページ | OP戦:D3-3H(3.10) »