« 最初の休日 | トップページ | 雨の続く沖縄キャンプ »

2008.02.09

第2クール開始

 2008年キャンプは7日目は第2クール開始。

第一クール最後のフリー打撃で
登板できなかった面々を中心にフリー打撃に登板
(高橋はお家族のご不幸で7日に沖縄を離れていたようです)

ルーキーの山内も一軍合流しましたが評価は厳しかったようです。

北谷キャンプ現地レポさんの8日のアルバムはこちらレポートも追加



ドラゴンズの話題

北谷の話題

中田キレキレ 巨神横007真っ青 フリー打撃なのにノリ谷繁なで切り(大本営トップ)
中田「いい感じ、イメージ通り」フリー打撃に初登板(スポニチ)
中田203球投げ込み「腕振れた」(日刊) 

中田「良かったです。しっかりと腕を振ることだけ考えました。(キャンプが)始まったばかりで、最初にしては腕が振れました。今投げられるベストの力で投げました。
投げていて、何となく悪いときにはこうなるというのが分かってきました。それを直せないのがぼくのセンスのなさですが、投げ込んで波をなくしたい。キャンプで直すコツを見つけたいというのもあります」(大本営)
「きょうは初めてにしてはよかったですね。コントロールに気をつけることが課題」(スポニチ)
「体力的に1度落ちると思うけど、感覚をつかんでおきたい」(日刊)

中村紀「速すぎてビックリしたわ。絶対、当たらんと思ったもん。(2を抜いて)1,3で振りました」(大本営)

G高田スコアラー「みんなすごいですね。(打撃投手で登板した)山井、朝倉はブルペンで見ましたが、十分できてる。打撃投手の中では中田がいい球を投げてる。さすがです」(大本営)

T嶋田スコアラー「順調にきていることが分かった。キレのあるボールを投げていますね」(大本営)

中田がフリー打撃登板。
ジャイアンツって担当制じゃなくて
複数のスコアラーが入れ替わり見に来てるのね


五輪代表に強敵?チェンGT007唸らせた(日刊)
中日の秘密兵器・陳にG&虎007仰天!バット3本へし折る(サンスポ) 

チェン「ストライクを取ることがきょうのテーマ。少し抜けた球があったのが今後の課題です」(大本営)
「感覚はまあまあです。ストライクを入れるためにバランス重視で力は入れてない。
北谷と聞いた時はびっくりしてうれしかった。
(台湾代表は)もし選ばれれば、頑張りたい。」(日刊)
「手術してからストレートがカット気味に入るんですよ」(サンスポ)

G高田スコアラー「右打者のインコースにまっすぐを自信を持って投げている。投げるバランスがいい」(日刊)

T嶋田スコアラー「バッターが差し込まれていた。実戦でもよければローテに入るでしょう」(日刊)
「いい球を投げてますね。オープン戦中盤くらいにならないと本当の力は分からないけど、(戦力として)出てくる可能性はありますね」(サンスポ)

チェンはフリー打撃で
中村一のバットを二本、
そして岩崎のバットを一本へし折りました。
一軍帯同は期待もあるけど
クルス、ネルソンとの競争いう側面も強いと思います


セットアッパー候補のクルス147キロ出た(日刊)

クルス「すごくいい感じだった。今年も自分のポジションが決まっていないから、勝ち取るために頑張らないと」(大本営)
「あの時(去年のキャンプ)は契約できるかどうか、何もわからず毎日が挑戦だった。今年は少し違うが、自分のポジションをつかむ必要がある。毎日投げる準備はできている」(日刊)

朝倉「この時期としては腕も振れたし、無難に投げることは出来ました。良くもなく、悪くもなくという感じですね」(大本営)

山井「腕の振りがよかったし、イメージ通り投げられました。コースよりバランス重視で投げたけど、いい感じでした。不安なく投げられました」(大本営)
「いい感じ。イメージ通り投げれました」(スポニチ)

さらに久本、鈴木も含めた7投手がフリー打撃登板


山内、神が認めたカーブ 杉下氏「いい素材だ」(大本営)
山内、肩落とす“評価は二分”「緊張して投げ急いだ」(スポニチ)
ルーキー山内、初1軍はほろ苦デビュー(日刊)
山内、1軍の練習に緊張 中日(共同通信)

山内「2軍の読谷とはやっぱり雰囲気が違いますよ。北谷ではボクが一番年下にもなりますし。緊張しました。
いつもと違いました。周りを考えすぎてペースを乱してしまった。
手首? (柔らかいことで知られる)先輩の鈴木さんほどじゃないですが、ボクも柔らかい。何せ杉下さんは『神様』ですから、うれしいです。
(次の機会は)ボクのベストな投球を監督に見てほしい」(大本営)
「投げる前に緊張した。投げ急いだ。
自分のペースを乱さないように練習していきたい」(日刊)

杉下茂氏「あのカーブはいい。キレがあった。手首が柔らかいから投げられるタマだ。きょうの内容は緊張していたから仕方ないが、これからの努力次第ではいい投手になるだろう」(大本営)

森コーチ「1日でも1軍にいて刺激を受ければいい。オープン戦で1度投げることにはなる」(日刊)

G田畑スコアラー「1軍投手と並んで投げてもそん色ない」(スポニチ)

山内の『体験一軍』はほろ苦いものになったようです。


長峰「先輩はアイドル」(大本営)

長峰「(磯山さやかが中学の先輩だというのは)そのころから知ってはいましたよ。今回も(あらかじめ)メールをもらって『ひょっとしたら取材させてもらうかも』って」(大本営)

長峰が磯山さやかからにインタビューを受けました


川上が今キャンプ最多の145球(日刊)

川上「今日はちょっとバランスが悪かった。バランスのチェックが目的だったので。第2クールは直球のキレを磨きたい」(日刊)

川上も徐々にピッチが上がってきたようです


高橋「昨夜、こっち(沖縄)に帰って来たのは夜中の12時でした。
テレビで巨人戦を見ながら、よくケンカしてました。自分は巨人が好きで清原さんを応援していると、ばあちゃんが『これは打たん。ダメだ』とか、横から言ってくる。それでよくケンカに・・・。」(大本営)

高橋は祖母の葬儀のために6日の練習後に実家に戻って葬儀に出席。


森野フリー打撃で黙々と打ち込み(報知)

森野「まだまだ投手を打てる状態じゃないですね。
(去年の成績から)プラスにしたい。超えられるでしょう」(報知)

ノリ135メートル場外弾(日刊)

中村紀「(場外弾は)関係ないよ。今は引っ張っても何の得にもならない。第2クールのテーマはセンターから右方向に強い打球を打つこと。下半身を使うことが大事。
足がパンパンや。でもいい張り具合や」(日刊)

中日・和田“3時間ロング特打”「時間気にならない」(スポニチ)
和田が1時間45分居残りマシン打撃(日刊)

和田「時間の長さも気にならない。ドラゴンズカラーに染まりました。
このクール頑張ろうかと。皆から刺激を受けてます」(スポニチ)
「ここ2、3年振る数が少なくなっていた。振れるときに振っておこうと思って…。若いヤツがよく練習するんで刺激になっています」(日刊)

ぶっちゃけ、このクラスがエンジンかかってくると
今の控え連中じゃどうにもならない感じではあるんだよな。
レギュラーが頼もしくもあり、層の厚さが不安でもあり
何とも微妙なところ


新外国人デラロサに守備指導(日刊)

デラロサ「投げる際の体の角度などについて言われた。もっとよくなるつもりでがんばっている」(日刊)

デラロサに守備指導。
柳田が「自分がやったらひじ壊す」とか言ってた投げ方のことかな


イ・ビョンギュ「プロ入り以来、間違いなく一番順調なキャンプを送っている。
元気に出てきています。山井?まだ軽く投げているからじゃないですか?自分がやるべきことをしっかりやる。それだけです。
(旧正月も)何も特別なことはしなかった。」(大本営)

イ・ビョンギュは山井から3本塁打。
東スポによると韓国代表に再選出されても見返すために拒否するとか言い出してます


中村一「まず立ち方から。猫背に丸くなっているから、真っ直ぐに立つこと。バットの出し方、腰の回転です。」(大本営)

はじめから一軍にいる中村一、
落合チェックが入りまくっているようです。


荒木「バウンドを合わせられたし、スムーズに動けました」(大本営)
「皆やってるから自分もやらんと。体がパンパンです」(スポニチ)

荒木はこのキャンプ初の特守。
高代コーチのノックを受けました


岩崎「一緒にやればよく分かりますからね」(大本営)

岩崎はキャンプではじめて井端と同組で練習


立浪「このクールで(早出ティーを)やろうと計画していました。自分のことをしっかりやるつもりで、初心に帰ろうと思ったんです。
朝の練習ひとつとっても、やらされていると少しでも思ったらダメ。『絶対に抜く。そのためにやっている』。必ずそう思ってほしいんです。少しでもそう感じてくれればいいですね」(大本営)

別に自転車乗って楽している=手を抜こうとおもってやれという意味ではないのでしょう



読谷組

堂上直「実戦形式に入ってどうかだとは思ってますけど。ここまでは本当に調子がいいです。オフ期間中の振込みがいい感じにつながっていると思います」(大本営)

堂上直はフリー打撃で好調

浅尾「腕が振り切れなかったというか・・・。何球かいいボールもあったんですけど、思った以上に指にかからなくて」(大本営)

浅尾は読谷で打撃投手

樋口「きょうが一番きつかったです。足がヤバいっす。ピッチングでも踏ん張りが聞かないから、負担が肩、ひじにくるんですよね。
日本ハムなんかは、きょうがキャンプ2日目の休みなんですよね」(大本営)

ルーキーの樋口にとっては休み明けも大変なようです。

清水将も10日に行われる実母の告別式のためにチームを離れているようです。

3.28開幕戦は来月1日発売 ナゴヤドーム入場券販売要項発表(大本営)




|

« 最初の休日 | トップページ | 雨の続く沖縄キャンプ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2クール開始:

« 最初の休日 | トップページ | 雨の続く沖縄キャンプ »