« 川上憲伸、フォーク習得を目指す | トップページ | 落合監督のインタビューとか »

2008.02.28

第4クール終了

 2008年キャンプは第4クール最終日の24日目。

ドラゴンズは北谷で韓国LGツインズと練習試合。
試合は堂上剛のサヨナラヒットで勝利
試合に出場した荒木と谷繁以外の主力は読谷球場で練習

北谷キャンプ現地レポさんによる27日のレポ(練習試合ログ)はこちら



ドラゴンズの話題

北谷組

<練習試合:ドラゴンズ3X-2LGツインズ  


2.27(北谷)
T:|010|100|000| =2
D:|000|002|001X =3X


ドラゴンズ投手リレー
吉見(4)-菊地(3)-クルス(1)-ネルソン(1)

ドラゴンズ野手スタメン
4荒木、2谷繁、D西川、6デラロサ、3柳田、9堂上剛、7中村公、8中村一、5沢井

ドラゴンズ本塁打
なし

堂上剛、自賛のサヨナラ打「良い場面で打てた」(スポニチ)
堂上剛、降格即サヨナラ打で猛アピール(日刊)

堂上剛「勝ちたいので決めてやろうと思った。良い場面で打てた。
(外野守備の送球は)今までは好きなように投げていた。けど軽く投げても取りやすい球を練習したい」(スポニチ)
「落とされたばかりで、結果が出てよかった。ずっとここまでやってきて、落とされた時はくやしかった。
開幕までまだ時間はある。実戦に出るチャンスがあれば、毎試合2本以上打ちます。」(日刊)

堂上剛がサヨナラヒット。
開幕ベンチとなるとライバルは井上ってことになるのかな


ベテラン谷繁スタメン出場 試合に出ながら調整(スポニチ)

谷繁「志願というか普通の流れでしょう。これからは試合で使う体力をつけていかないといけないので。
どんどん試合に出られる時は出場していきたい」(スポニチ)

レギュラークラスでは荒木と谷繁が試合出場(それぞれ2-0)。


清水将、亡き母にささげる1安打(日刊)

清水将「当たりは悪かった。でも今の僕には何でもいいから結果が必要。
母のためにも野球に専念していきたい。」(日刊)

清水将も途中から出場で1安打。
打点つきのポテンヒットでした。
直接のライバルは小田ですが少し後れを取っていますね。


吉見、MAX145キロに満足(大本営)

吉見「とにかく『腕を振る』ことをきょうのテーマにしていた。それはクリアできた。
『はまった』というタマがいくつかあった。
昨年は同じような状況で結果を意識しすぎて駄目になった。
谷繁さんからは『お前はスライダーで組み立てる投手なんだ』と言われました。今後は変化球の制球にももっと気を使いたい」(大本営)

先発の吉見はこのキャンプの練習試合最長の4イニングを投げました。
言い方は悪いけど『こじんまりした山井』ってイメージなんですけれども。
一皮剥けることはできるか?


菊地スライダー、LG戦で3イニングピシャリ(大本営)
2年目菊地、3回1安打無失点(日刊)
中日2年目・菊地が好投「変化球でストライク取れたのが収穫」(サンスポ)

菊地「前回(20日のサムスン戦)は嫌な形で点を取られていたので、0点でよかったです。内容的にも、きょうは満足しています。
左打者に対して、うまくシュートを使うことができました。まずは左打者を確実に打ち取れるように、シュートの制球をよくしていきたい。
変化球の制球は自分の生命線ですから」(大本営)
「ゼロに抑えるのがテーマだったから、満足です。ここまできたら開幕1軍を狙いたい」(日刊)

森コーチ「菊地はリリーフと決めたわけじゃない。状態がよければ、先発もある」(日刊)

田中スコアラー「あのスライダーがあれば右打者でも抑えられる。そうなると、1イニングを任せられるようになってくる」(大本営)

菊地は3イニング無失点。
普通に先発はないと思いますけど
ワンポイントに特化した投手って
そんなにいらないとも思っているのでいい感じかな
直接のライバルは久本と小林。


クルス、寒さに悲鳴…(日刊)

クルス「寒過ぎるよ! きょうは全然指にボールがかからなかった。いくら投げても体があたたまらなかったんだ」(日刊)

クルスとネルソンは1イニングずつ無失点。
クルスの開幕ベンチを脅かすくらい中里の調子が上向いてくれればなぁ・・・。


平井がブルペン入り(日刊)

平井「(スライダーは)曲がらんわ。
フォークボールはいいという感じです」(日刊)

平井はブルペンで調整。



読谷組

読谷に主力組が来る。(ファーム公式ブログ)

すごい! 憲伸フォーク 三振の和田キレ絶賛「今までと違う」(大本営)
シート登板…川上はフォーク&岩瀬はSFF試投(スポニチ)
憲伸、神様フォークの試運転上々(日刊)

川上「使えそう? そうなったらいいですね。
まとまってましたね。もうちょっとバラついても良かった。その分、コントロールは良かったです。」(大本営)
「最初は球が真ん中に入ることがあったから後半は意識して投げました」(日刊)

和田「いいフォークでした。今までのフォークとは違いますね。去年との違いはスピードと、落ちるタイミングかな。
インコースへストンと落ちた」(大本営)

井上「あれが杉下さん直伝のフォークか!」(大本営)

岩瀬「投球の幅が広がれば。精力的に取り組もうかな」(スポニチ)

川上と岩瀬は新球習得を考えているようですね。
SFFとフォークの境目ってイマイチよく分かっていないんですけれども
(『浅いフォーク』くらいの印象、カムストックやらガリクソンあたりからフューチャーされた感じでしょうか)
『抜いて落とす系』は2人ともなかったので
物にできれば目先を変えるにはよいかもしれません。

岩瀬は今連載進行中ドカベンで
山田に逆転サヨナラ3ラン被弾フラグが立っていて
少しそっちも気になります(苦笑)


ノリ、場外弾 “誕生日”自ら祝砲(大本営)
中日・ノリ「憲伸撃ち」立浪効果で150メートル弾(スポニチ)
憲伸から場外弾!ノリ、3番に名乗り(日刊)

中村紀「会心というか、スムーズに無意識にバットが出た。憲伸から打てたのもプラス。日本球界トップレベルのピッチャーやからね。
大変厳しいキャンプですよ。(近鉄、オリックス時代の)4勤なら疲れたところで休みやったけど、6勤だから。
思い出の場所で一発打てて良かった。
去年は自分のことで精いっぱいで、周りのことは考えてなかった。今年は周りを見られる余裕があるし、若手にアドバイスも送れる。1年前はここでやってたんやね。
実戦があるのでこれからです。考えてたバッティングができたんで、より一層確率を上げていきたい」(大本営)
「立浪さんからアドバイスしてもらってます。下半身の使い方を。いろいろためになるんで」(スポニチ)
「打順はどこでもいい」(日刊)

中村紀は川上からホームラン。


平田バックスクリーン弾!主力組で大暴れ(日刊)

平田「ややつまったけど入ってくれた。
いい感じで打てたんですが、これをオープン戦にとっておきたいですね」(日刊)

平田も調子はよいようですね。
平田も中村紀もドカベンでホームラン打ってます(今更07年のシリーズですが)




|

« 川上憲伸、フォーク習得を目指す | トップページ | 落合監督のインタビューとか »

コメント

誰から打ったかよりも、『誰のアドバイス』でホームランを打ったか、の方が遙かに重要なんや。
ノリもチームに溶け込んだんやな。
花(ホームラン)より団子(アドバイス)、っちゅうこっちゃ。

投稿: 和義 | 2008.02.29 03:20

ノリにしろ和田にしろなんですが、監督がチームに入れようと決めた
理由のうちに、球界屈指の右バッターってことで、平田の手本になるから
というのがある気がするのは考えすぎでしょうか?

監督のドラフト関連の発言で唯一だろう、平田獲得の時のデレデレ発言が
思い出されるんですよねえ。

投稿: 岸多 | 2008.02.29 21:15

>>和義さん

立浪にも『兼任コーチの肩書き』(花)よりも
『試合での結果』(団子)を期待したいものです。


>>岸多さん

確かに平田には『神主打法』を教えようとしたり、
入れ込んでいますよね。
中村紀も和田も獲得事情はそれぞれあるのでしょうけど、
少なからず参考にしてほしいという気持ちもあるのかもしれませんね。

投稿: MegaDra@管理人 | 2008.02.29 22:34

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4クール終了:

« 川上憲伸、フォーク習得を目指す | トップページ | 落合監督のインタビューとか »