« 和田、練習合流で合同自主トレ打ち上げ | トップページ | キャンプイン »

2008.02.01

一年の計は元旦にあり

 ということで、08年のキャンプイン目前の各選手の決意表明など



ドラゴンズの話題

2008年 春季キャンプのご案内(公式サイト)
1軍の北谷組メンバー(スポニチ)
オレ竜春季キャンプの1、2軍振り分け(日刊) 

最初の一二軍のふるいわけも行われました。

ベテランの山本昌と平井がファームスタートなのが
共同通信あたりでも拾ってくれそうなニュース。

右肩に不安のある浅尾以外の
枠を争うテスト生を含めた外国人全員と
大学社会人出身2年目の選手が全員北谷

左の先発を争いそうな川井、久本、長峰(チェンもここかな)も北谷

ルーキーが全員読谷

というのが大きな流れ。
こうしてみると
逆に『崖っぷちクン』なのは
一軍『抜擢』っぽい前田と中村一かな
ぶっちゃけこの2人、
読谷行きの通告は≒で戦力外通告に近い感じすらあるような・・・・


落合監督号令「出てこい!!スペシャリスト」(大本営トップ)
落合監督控えに猛ゲキ「五輪はチャンス」(日刊)
落合監督が定位置争い激化を“予告”、山本昌は二軍スタート(サンスポ)
オレ竜弱気?落合監督控えめ発言(デイリー)

落合監督
「12球団で一番レギュラーを取りづらいのがドラゴンズだ。若い選手には厳しい道が待っている。レギュラーに追いつくのは並大抵ではない。
この部門なら誰にも負けないというものをもっていれば、上に行ける。(守備なら負けない)蔵本(英智)がいい例だ。今、必要としているメンバーが誰なのか。それを模索しながら戦っていく。組織として勝つことが大前提だ。
首脳陣と選手は違う。どうやって勝つかはこっちが考える。選手は自分がこの世界で生きるために最善を尽くしてくれ。人のことはいい。自分のことだけやってくれればいい。」(大本営)
「ウチは選手層が厚い。五輪期間は、選ばれた選手は日本のために頑張ってほしい。残った選手はチャンスと思って頑張ってもらいたい。この部分なら負けないというのがあればレギュラーも取れる」(スポニチ)

高代コーチ「(ミーティングでの)監督の話は“戦力的には充実している。だからレギュラーを取るのは難しい。頑張ってくれ”だったよ。」(デイリー)

西川球団社長「昨年は選手も我々もいい思いをした。今年の目標は完全制覇。それとは別に、選手はそれぞれ目標を持っていると思うが、それを成し遂げることが皆さんには大事だ。」(大本営)

落合監督が所信表明。



以下北谷組のコメントです。
ウッズは第2クール合流予定、
デラロサ、ネルソンの両テスト生も北谷。

川上が2度目自費キャンプへ(日刊)

川上「自主トレで順調に練習できた。体調はいい。怪我をせず乗り切りたい」(大本営)

伊藤球団代表「スケジュールを合わせて、できるだけ早く交渉するつもりです」(日刊)

川上はキャンプ中に契約更改交渉の予定。
契約したら払ってもらうんだから『自費』キャンプとかいってもなぁ


岩瀬「オフが例年より短かった。疲れを取りながら徐々にペースを上げる」(大本営)

朝倉「ここまでの調整は順調。投球のバランスに気を配って投げ込みたい」(大本営)

川井「やらなければならないことはたくさんある、とにかく頑張るだけです」(大本営)

中里「ゆっくり調整できる立場ではない。第1クールからアピールする。」(大本営)

吉見「今年はがむしゃらにやる年にする。どんどん飛ばしていきたい」(大本営)

中田「今年は制球をよくするために、球数を多く投げて仕上げていきたい。」(大本営)

チェン「アピールするために、全力で頑張りたい。投げ込みも多くやりたい」(大本営)

鈴木「投げるための筋力がついた。投げ込んで野球をする体に仕上げたい」(大本営)

山井「1年間ローテーションを守るための基礎を作る。調整は普段どおり」(大本営)

クルス「ウインターリーグで体を動かしてきた。アピールしてチャンスをつかむ」(大本営)
「(キャンプを)楽しみにしている」(日刊)

小笠原「絶対にケガをしないよう、ストレッチなどからだの手入れを重視したい。」(大本営)

菊地「変化球を低く集めるのがテーマ。フォームもじっくり固めたい」(大本営)

久本「今年目指すのは先発です。そのつもりでオフも練習してきた。」(大本営)

清水昭「いいオフが過ごせたので、その成果をキャンプで出せるようにしたい。
一軍といってもスタートのところですから、うれしいといっていられません。
しっかり投げてアピールするだけです」(大本営)

高橋「肩、ひじの不安がなく順調なので、いつもより球数を多く投げたい。」(大本営)

長峰「昨年のように飛ばしすぎず、それでもガンガンいきたいと思います」(大本営)

前田「何が何でも一軍に生き残る。打撃もスローイングもすべてを見せたい」(大本営)


1軍抜てき、田中「受けまくる」 谷繁後継に猛烈アピール(大本営)

田中「(一軍スタートは)うれしいです。でもこれからが大変だと思っています。キャンプではとにかく守備のレベルアップを図ってアピールしていきたいですね。
とにかく多くの投手の球を受けて、軌道を頭と体で覚えたいんです。捕手はどんな球でも絶対に捕らなきゃいけませんから。
(宿舎などで)話すことでも学んでいけると思います」(大本営)

田中は大本営で『連載』させらるようですね。
最低でも
『オープン戦フル帯同』くらいまでは乗り切ってもらわないとな。


谷繁「今年はとにかく、何事にも貪欲でありたい。もちろんキャンプから」(大本営)

小田「初日から勝負のつもりで頑張る。全力を出してアピールしていきたい」(大本営)

荒木「最後まで故障をしないように、自分に厳しく、追い込んだ練習をする。」(大本営)

立浪「早めに打ち始めたから体はできた。初日から全力でバットを振っていく」(大本営)


落合竜盛り上がらず「井端おらん」決起集会欠席(スポニチ)
井端が全体ミーティングを欠席(日刊)

井端「鍛えるというよりも維持が目標。例年のメニューにくわえて筋トレをやる。
(体調は)大丈夫です。
(練習は)体調が戻ればね」(大本営)

高代コーチ「目の検査じゃないかな」(日刊)

西川球団社長「目の手術かなんかだと聞いた。じっくり治した方がいい。あれだけの選手だから1週間ぐらい遅れても影響ないと監督が話していた」(スポニチ)

伊藤球団代表「契約更改の席で、親しらずがどうとか言ってた」(スポニチ)

井端は体調不良で
沖縄入りが31日の深夜になり全体ミーティングを欠席


新井「昨年は故障で出遅れてしまったので、今年はケガなく完走したい」(大本営)

森野「内野をきちんと出来ればどこでも守れるので、しっかり練習したい。」(大本営)

西川「一軍にいるのが不思議な感じ。すべてをアピールして生き残りたい」(大本営)

岩崎「今年は一軍の公式戦に出られるように、キャンプでは守備力を磨きたい。
一軍はうれしいですがまだスタートですから。オリンピックで選手がいなくなるので、ボクにとっては今年一番のチャンスです」(大本営)

中村紀「腰の状態はいい。練習はきついけど倒れるくらいの気持ちで体を鍛える」(大本営)

藤井「ボクはとにかくケガをしないこと。体に気をつけて一ヶ月完走したい」(大本営)


和田ビックリ 初のオレ流ミーティング(大本営)
FA移籍の和田 「日本一の指揮官」に圧倒された(スポニチ)
新加入和田がゴルフでコミュニケーション(日刊)

和田「開幕をベストで迎えられるよう、飛ばし過ぎないようにやる。
(落合監督は)ズバッと言うんだな、と思いました。
こういうところでは結構、濁して話したりするけど、こういう感じでやる、とズバッと…。
始まるんだなという気持ちになった。
(ゴルフでは)いろんな話が聞けたので良かったです」(大本営)

やっぱり休みの王道はゴルフのようです


李、クルスが沖縄入り(日刊)

イ・ビョンギュ「韓国で打ち込んできた。昨年以上の成績を残すための準備をしたい」(大本営)
「体調はいい」(日刊)

イ・ビョンギュ、クルスも沖縄入り


井上「自分の立場はわかっている。アピールするような気持ちで挑む」(大本営)

英智「とにかくケガをしないこと。やりたいと思うことをしっかり練習する」(大本営)

中村一「実戦段階で結果を残せるように、追い込んだ練習をしていきたい」(大本営)


堂上兄、初日から全開宣言 息絶えても収穫を手に(大本営)

堂上剛「どのコースでも対応できるように、考えながらバットを振りたい。
初日から全力です。全力で練習しますよ。それで途中で息絶えても仕方ないと思っています。やれるだけやって、収穫を手に入れたいんです。
北谷スタートですけど、去年と気持ちは変わりませんね。とにかく必死でやるだけです。強化したいのは打撃と守備。バットの出方とかを意識してやっていきます。
常にチャンスがあると思ってやります」(大本営)

北谷組で
去年の実績の割りに期待されているとなると
中里、田中、新井、堂上剛ってことになるのかな
(藤井はほんの少し上のランクの印象)



以下読谷組のコメントです。

金剛「結果がすべてなので、故障のないようしっかりアピールしていきたい。」(大本営)

佐藤充「初日から球数を多く投げ込みたい。早く仕上げてアピールする」(大本営)


ルーキー4人読谷へ 山内は紅白戦で勝負かける(大本営)

山内「自分は先発タイプだと思うので、肩のスタミナを重視して鍛えたい。
僕は実戦に強いと思う。試合で投げる姿を見てほしい」(大本営)


石井「今年は中継ぎにこだわりたいので、連投できるスタミナをつけたい」(大本営)


平井は2軍スタートにも冷静(日刊)

平井「昨年は故障がシーズンに響いたので、しっかりケアしながら仕上げたい。
右肩のこともあるし、ゆっくり、しっかりやってこいという(首脳陣の)考えだと思います」(大本営)
「僕の意向ではないが、ゆっくり調整したいとは思っていた。北谷(1軍)だとついつい皆につられて、バンバン投げてしまうので」(日刊)

森コーチ「平井はいっぱい投げているから。(西武に移籍した)岡本がいても同じ(読谷)だった」(日刊)

平井は落合が嫌いな週刊誌あたりにマークされるのかな(苦笑)


マサ2軍スタート、オレ流激烈愛のムチ(日刊)

山本昌「少しでも球数を多く投げたい。レベルアップするつもりでやります」(大本営)
「チームの方針だから。読谷球場スタートの意味? いつもとは違う。
やることは変わらない。例年より早めにブルペンに入りますよ」(日刊)

山本昌もファームスタート


斉藤「ことしが最後と思ってやる。1日からブルペンに入ってアピールしたい。」(大本営)

浅尾「読谷スタートは自分の力だから仕方がない。焦らずやりたい」(大本営)

佐藤亮「序盤は直球を磨きまず。2軍スタートでも少ないチャンスを生かしたい。」(大本営)

赤坂「ケガをしない体を作るために、しっかり動いて、投げて、鍛えたい。
読谷は分かっていたこと。まずは力を付けて、できるだけ早い時期に1軍に上がりたい。
初日から全力投球できるコンディションですが、無理をすることは避けたい」(大本営)

樋口「必死に練習についていきたい。同じ速球派の浅尾さんから学びたい」(大本営)

高江洲「やることはいっぱいあります。しっかり投げ込んでアピールしたい」(大本営)

小林「これまで試合で投げなかったチェンジアップを磨いて使えるようにする。」(大本営)

小山「毎年毎年後のない勝負。それは変わらない。1軍に入ることだけ」(大本営)

清水将「テーマを決めずに、やりたいと思ったことをしっかりと練習したい。」(大本営)

小川「スローイングを含めて守備はよくなっている。後は結果を出すのみ」(大本営)

堂上直「筋トレでパワーはついた。アピールして一軍に上がりたい。」(大本営)

中川「まだ右肩が動く範囲が限られるが、沖縄にいる間に投球を再開したい」(大本営)

「足もアピールしたいし、守備もいろいろと学んで鍛えていきたい。」(大本営)

森岡「コンパクトなスイングを身につけるために、しっかりと打ち込みたい」(大本営)

沢井「今年は仕上がりがいい。1試合でも多く1軍にいるためアピールする。」(大本営)

柳田「やっと自然体でやれるようになった。一軍組目指しアピールする」(大本営)

福田「コンバートした一塁の守備も鍛えるが、打撃でアピールしていきます。」(大本営)

平田「開幕一軍に入るために、ミスショットを減らせるよう打ち込みたい」(大本営)

上田「野球選手である以上はレギュラーを目指す。ケガなく準備する」(大本営)

中村公「打撃の技術的な修正は出来た。開幕一軍を目標に全力でいきたい」(大本営)

普久原「再び本格的にスイッチにしたので、当然、人の倍は打ち込んでいく。」(大本営)

キムコーの突撃ブログ(大本営)

過去、某コミックの単行本のような『紙ブログ』をやっていた大本営ですが
今年は新人ドラ番にブログやらせるみたいです。
RSS使ってないみたいだし
日本でのブログの定義からすると
微妙にブログでもないような気もしますがね


春季教育リーグ 試合日程発表(NPB公式)

春季教育リーグの日程が発表されました




|

« 和田、練習合流で合同自主トレ打ち上げ | トップページ | キャンプイン »

コメント

何ッ!?
キム皇だって!?
ドアラの次はファミコン神拳かよ。
訳分かんねーよ。

投稿: まっくん35 | 2008.02.01 20:15

>>まっくん35さん

ファミコン神拳とは懐かしい
堀井雄二(ゆう帝)がゲーム評論とか
今思うとものすごい企画でした

キム皇がどん引きされるような勢いで
ファイナルファンタジーⅡのゲーム性を否定していたように
ダメなものはダメと書けるブログだといいのでしょうけどね
(個人的にFFⅡのストーリーは好きですが)
あのブログ、大本営にもまったく同じ文章が掲載されているのでそうはならないでしょうけど

投稿: MegaDra@管理人 | 2008.02.02 17:23

FF2は確かにストーリーはいいよな。
育てるのに仲間ぶん殴ったり、戦う→キャンセルしたり、システムは酷いもんだったがな。
ぶん殴って育てるのは仙一だけで充分だろ。

投稿: まっくん35 | 2008.02.03 01:45

>>まっくん35さん

自分の場合
パーティアタックは『自爆』でやっていましたから
星野元監督より

英智や中里のイメージでしょうか
彼らは怪我をするたびにレベルアップはしている・・・と信じたいものです。

投稿: MegaDra@管理人 | 2008.02.03 22:00

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一年の計は元旦にあり:

« 和田、練習合流で合同自主トレ打ち上げ | トップページ | キャンプイン »