« 第2クール開始 | トップページ | 熱視線 »

2008.02.10

雨の続く沖縄キャンプ

 2008年キャンプは8日目。
この日も雨で
屋内での調整がメインのようですが、
合間を縫ってフリー打撃も行われました。

北谷キャンプ現地レポさんの9日のアルバムはこちら



ドラゴンズの話題

北谷の話題

井端打ちっ放し 落合監督見っ放し メニューにない志願特打ち(大本営)
井端110分の居残り特打…スタートの遅れをばん回(スポニチ)
球団も後押し、井端フル出場計画本格化(日刊)
中日・井端は居残りでフリー打撃…落合監督が2時間直接指導(サンスポ)

井端「疲れてくるとそうなってくるんです。楽に打とうと思えば、いくらでも打てますけど、このクールはしっかりと振って、疲れることがテーマですから。あしたからもこんな感じで打つつもりですよ」(大本営)
「手と足のタイミングが合わないことがある、と。まだ、下半身ができていないんで、このクールは追い込もうと思ってます」(スポニチ)
「今年ももちろん全部出る。その上で数字を残して、代表に選ばれれば光栄。
試合用はあるけど、サブのグラブも準備しておかないといけない。何があるかはわからないからね」(日刊)

伊藤球団代表「日本のために頑張って、井端の連続試合が途切れるのはかわいそう。アテネ五輪と同じ形になるように、実行委員会で意見を出します」(日刊)

井端が居残り特打。
連続試合出場についてはアテネのときの谷みたいなこともあるからなぁ
いっそのこと今から北京五輪中止にならないかとか思うくらい(苦笑)


中日・ノリ「打点王を獲りにいく」 今季の目標明かす(スポニチ)

中村紀「去年130試合に出場して、もう一度やれる自信が戻った。
ここで練習できていることが幸せです。
2月12日に落合監督から“テスト生でいいなら沖縄に来い”と電話を頂いた。この第2クールは何か感慨深いものがありますね。
チームの優勝が最大の目標ですが、打点王を獲ることができればチームは必ず優勝できるはず」(スポニチ)

中村紀は打点王を目標に。


立浪「オレたちは焼き鳥 竹くしが軸」 新井に模範レッスン(大本営トップ)

立浪「人によって力が違えば、手の長さも構えも違う。ただ、いい打者に共通していることが3つあるんです。
軸足に体重が乗っている時間が長いんです。この間を教えるのは難しいんですが、いい打者はこれをもっている。そして下半身の割れですね。トップから打ちにいくときの形です。次が軸で体を回転させることですね。
ボクが完ぺきな打者だとは思っていないし、そうじゃない。だから『いいところだけ見ろよ』とは言いました。
見て勉強。そして実際に打って覚えることも大切です。こんなに長く練習しているんだから、うまくなってもらいたいんです」(大本営)

新井「いい勉強をさせてもらってます。ありがたいです」(大本営)

新井は本当にいろんな人から『いじられて』いますね。
何とかモノにできればいいのですが。

昔、週刊誌に
立浪は遠征先のホテルで
後輩にナニするところ見せていたとか
いう女性の証言とかあったなあ・・・


オレ流指導に小田「腹筋が…」(日刊)

小田「腹筋がめっちゃくちゃ痛い」(日刊)

前田「オレから野球を取ったら何が残るんだろう。野球以外に自分に可能性なんてあるのか・・・。
落合監督が就任してからは、オフは毎年ドキドキしています。クビと言われるんじゃないか、と。
地元の人や家族、ずっと応援してくれる人たちがたくさんいるので何とか恩返しがしたい。
もう7年目。でも、気持ちは新人のつもりです。自分より下の選手はいないと考えています」(大本営)

落合監督の『いじめ』は百聞は一見にしかずで
北谷キャンプ現地レポさんの動画を見てもらうのがいいのでしょう(YOU TUBE


藤井「ずっと直らなかった癖が、最近よくなったと言われるんです。どう意識してもダメだったのに、左の太ももの使い方を意識したらよくなったんです。
ホームランはいいんですが、外よりの球で、強い打球を打てたのがよかったです。」(大本営)

藤井は清水昭と長峰から本塁打。
落合監督から堂上剛と2人で1枠と言われているようです。
英智の評価が高いんだなぁ。


谷繁「もともと今日はたくさん打とうと思っていた。雨が続いても出来ることをやらないと。
打撃練習を多くする?そうするかもね」(大本営)

谷繁は屋内で2時間近く打ち込み


菊地、左殺し 1軍生き残りへ技磨く!!(スポニチ)

菊地(打者の)左右関係なく、投げられればいいですが、対左のワンポイントというのも求められると思うので、意識しながら投げます。
ボールが少し中へ入りましたが、たれないように、投げられました。
(スクリューは)投げる瞬間ボールと分かった。
きょうは130キロしか出てないけど、気にしてません。ぼくはスピードじゃなくて、キレが大事なので。長くやっていくためにはそうしないといけない」(大本営)

西川(菊池について)「ストレートでも、カットボールのようにナチュラルに外へ逃げていく」(大本営)

菊地がフリー打撃に登板。
本人の言うようにワンポイントだけじゃなくて
長いイニングを投げられるに越したことはないのですけれどもね


テスト生ネルソン制球難!アピール失敗 ガックリ(スポニチ)
204センチ右腕ネルソン「破格ぶり」披露(日刊)

ネルソン「土が濡れていて投げにくかった。コントロールが悪かった。」(大本営)

新井(ネルソンについて)「威圧感がありますね。」(スポニチ)

T嶋田スコアラー「スピードはまだこれからでそうな感じがある。実戦でもう少し見てみたい」(大本営)
「下(地面)が悪いから制球が悪かったけど、ストライクを取れるタイプ。あれだけ大きい選手はいない。それだけで武器になる」(日刊)

ネルソンは大本営で木俣氏に散々な評価(成功フラグ?)
05年のマルティネスも開幕直後あたりまで
ファームでもどうってことなかったからなぁ


1軍生き残りへ吉見「課題見えた手応えつかんだ」(スポニチ)

吉見「自分のイメージでは投げられているので、あとは確率をよくすることです」(大本営)
「イメージ通り投げられた。少しシュート気味に中へ入る球があるので、それがこれからの課題」(スポニチ)

中里「杉下さんから教えていただいている体のバランスを考えて投げました。バランスはよくなっていると思う。」(大本営)
「前回よりバランスよく投げられた」(スポニチ)

清水昭「前回よりはよくなったと思うけど、もっと低めに集められるようにしないといけない。」(大本営)

さらに川井、長峰も含めた7投手がフリー打撃登板
木俣氏は吉見を絶賛
(去年春先に吉見がローテに入っていたとか微妙にそれ違うだろって発言もありますが・・・)


悪天候に井上が即席サイン会(日刊)

井上「雨だしね」(日刊)

大本営によると森野が左手の痛みのために別メニュー調整。
10日は通常メニューをこなす予定、とのこと



読谷組

悪天候に堂上直ガッカリ(日刊)

堂上直「調子がよかったので残念です。次の機会にがんばりたい」(日刊)

堂上直や谷たちは10日に投内連携のために
北谷組に混じっていたようです。


読谷組の平井、山本昌がブルペン入り(日刊)

平井「まだまだですよ。体がうまく使えていないしね」(大本営)

山本昌「きょうはダメ。また明日」(日刊)

小林「実戦段階に入るまでのしっかりと調整して、アピールしたいと思っています。調子がいいのでころを続けていきたい。このクールは毎日ブルペンに入るつもりでいます」(大本営)

平井、山本昌といったベテランも小林もブルペン入り・・・
というか読谷の情報極端に少なくなってきてるなぁ。



|

« 第2クール開始 | トップページ | 熱視線 »

コメント

若手は見る事も勉強や。
『いいところだけ見ろよ』と編集したvtrを渡したりもするで。

投稿: 和義 | 2008.02.10 21:56

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の続く沖縄キャンプ:

« 第2クール開始 | トップページ | 熱視線 »