« 山本昌、北谷合流 | トップページ | 平田絶好調 »

2008.02.23

背水の陣

 2008年キャンプは第4クール開始の19日目。
山本昌が北谷に合流してブルペンピッチ
川上、岩瀬もシート打撃に登板。
例年通りナゴヤドーム初戦での登板となるのでしょうか。

北谷キャンプ現地レポさんによる22日のレポ(シート打撃ログ)はこちら



ドラゴンズの話題

北谷組

マサ必死 シート打撃登板、25日が勝負!!(大本営トップ)
中日・山本昌「25日シート登板へ」 100球投球デモ(スポニチ)
42歳山本昌に新人並み登板テスト(日刊)
山本昌「アピール」先発の座奪いに行く(デイリー)

山本昌「オープン戦? つぎのシート(打撃登板)次第でしょう。ここからです。結果が出るように頑張ります。
シートから逆算して投げたよ。
何とか投げることができたかな。変化球がまだばらつくけど、そんなことは言っていられない。打撃投手も2回やったし、やることはやった。あとは結果待ちだよ」(大本営)
「きょうはまあまあです。オープン戦? このクールにやるシート次第でしょう。調整とか言っていられない。何回チャンスがあるかわからないけど結果を出さないと」(日刊)
「万全?そうじゃなくても、行くしかないでしょ。アピールしていかないと」(デイリー)

森コーチ「過程を踏んでいかないといけないだろう。
沖縄でオープン戦登板?それは分からん」(スポニチ)
「いつかは投げるんだからその時に見るよ」(日刊)

山本昌が25日のシートに投げるようです。
マスコミ的には「これが崖っぷち」的なシチュエーションのほうが面白いんでしょうけど
実際問題としてこの時期のシート打撃で
どの程度のものを『合格ライン』にするかなんてねぇ・・・


憲伸ストレート、自信から確信へ 最速142キロ(大本営)
川上納得の5イニング…順調な仕上がりアピール(スポニチ)
川上の「開幕投手プラン」スタート(日刊)

川上「きょうはまっすぐ中心で、打者と対戦するイメージを取り戻したかったんです。自分では今イチかなって球で抑えられたり、抑えられると思った球が打たれたり。ブルペンとは違うことが確認できてよかったです。
これからは制球と切れ、あと変化球をレベルアップしていきたい」(大本営)
「最初は腕の出どころをチェックしながら。あとの3回はまずまずでした」(スポニチ)
「3月4日に投げます。完投しますよ、完投。
打者と対戦するイメージを確かめたかった。(序盤は)抑えたというボールで打たれたり、イマイチだなというボールで抑えたりした。今後はコントロールとボールのキレを磨きたい。」(日刊)

前田「まっすぐだけでも、皆けっこう詰まってましたね。ヒットは、高めの球ばかり。今の段階であれだけ投げられれば、ぼくとしては十分だと思っています」(大本営)

和田「外角のまっすぐは、やっぱりいいな」(大本営)

川上がシート打撃で5イニング分投球。
オープン戦は例年通りナゴヤドームからの始動になりそうです


岩瀬先発志願「宜しく」
岩瀬、新球ツーシームで右打者対策(日刊)
中日・岩瀬がシート打撃に登板…コントロール「全開」に満足(サンスポ)

岩瀬「ドームだけど、(抑えで午後)9時、10時になると寒いんで。森さんにお願いしてるところです。
右打者の内角への攻め方を確認した。順調です。」(スポニチ)
「ツーシームは(選択肢を)1つ増やすという意味でやってみた。今までやっていなかったけど、チェンジアップがうまくいかなかったからね。実戦でも投げる? うん、そうだね」(日刊)
「コントロールはもう全開に近い」(サンスポ)

中村紀「ボールが遠く見えた。逃げていく感じだった」(日刊)

T嶋田スコアラー「去年までは投げていなかった。ただでさえ打てないのにそれは嫌だなあ」(日刊)

途中左肩の張りで中3日くらい投球練習が開いた時期もあった岩瀬ですが、あまり心配しても仕方ないかな。


左腕3人がイモ捕で悪戦苦闘…(日刊)
中日3投手が芋掘りトレ(デイリー)

菊地「きついです。腰にきます。ゴロ捕のほうがよかった」(日刊)

こういうのも息抜きになるのでしょう。


堂上兄が井上が猛アピール 白熱シート打撃(大本営)
井上、森野の代役へ猛アピール(日刊)

堂上剛「1球目から思い切って振っていけたのがよかったと思います。(練習なので)川上さんは真っすぐかカットだけかなと。カーブが来たら仕方ない、でいきました」(大本営)

井上地味ながら着実にここまできたという感じです。去年までと違って、1軍にあぐらをかいていられる立場ではない。それはわかっています」(大本営)
「センターは人がいないから守っただけでしょう。一塁はオープン戦でも守るかもしれない。すきあらばどこでも入っていこうと思っている」(日刊)

井上は「そういえば、いたな」って程度のキャンプなのですが、これから先どこまで使ってもらえるんでyそうねぇ。
正直センターでは見たくない選手


ノリ「調子上げてきた!」初の特打でサク越え連発(スポニチ)

中村紀「まだまだ。キャンプは疲れなアカンから」(スポニチ)


荒木、オープン戦初戦から出場へ(日刊)

荒木「1日から出ます。ずっと前から決めていた。今年はなるべく多く打席に立ちたいから」(日刊)

このあたりのレギュラーはケガさえしてくれなければ・・・。
特に、森野があんなことになりましたからね



読谷組

入れ替え(読谷、北谷組)(ファーム公式ブログ)

新井「下手ですから、何処に行こうが練習するしかないです。体は丈夫ですから」(公式サイト)

中村一「練習する目標がありますから・・・頑張ります。」(公式サイト)

清水昭「打たれてしまいました。一から出直します」(公式サイト)

第4クールから、新井、中村一、高橋、清水昭が読谷



名古屋組

森野ピリピリ「一週間はほっといて」(大本営) 
左手甲骨挫傷の森野がリハビリ開始(日刊)

森野「やれることをしっかりやるだけ、後は何も話せませんよ。
一週間はほっといてください」(日刊)

森野には早く森野が名古屋でトレーニング再開。




|

« 山本昌、北谷合流 | トップページ | 平田絶好調 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背水の陣:

» [中日]春季キャンプ編 [プロ野球ブログ(スポーツナビ編集部)]
球春到来! 2月1日、12球団が一斉にキャンプイン。 2008年シーズンに向けて、いよいよスタートします。 昨シーズンはリーグ2位ながらクライマックスシリーズで阪神、巨人を、 日本シリーズでは北海道日本ハムを倒し、53年ぶりの日本一に輝いた中日ドラゴンズ。 攻守ともにチームを引っ張ってきた福留が米大リーグに移籍しましたが、 代わってFAで入団した和田に期待が集まります。 2年連続の日本一を目指し、一軍、ファームともに沖縄でキャンプに励みます。 コメント・トラックバックで、中日の春季キャンプ情報を大募... [続きを読む]

受信: 2008.02.23 20:38

« 山本昌、北谷合流 | トップページ | 平田絶好調 »