« 不可解な計算式 | トップページ | 中日ドラゴンズ2007名場面と選手たち おまけ(蒼く優しく Ver.) »

2007.12.27

井端も越年

  井端も越年で
川上、岩瀬、ウッズと合わせて4人が契約は来年に持ち越し



ドラゴンズの話題

契約更改07-08

井端も越年「3億円欲しい」 ナンバーワン遊撃手のプライド (大本営トップ)
井端、迷って4000万円増「保留」来季3億円目指す(スポニチ)
球団が井端のFA流出阻止に先手(日刊)
井端が4000万円増も保留-中日、主力こぞって越年決定(サンスポ)

井端「(判を押そうか)途中で迷いました…。プロ10年間で今年が一番、評価してもらいましたから。でも、自分では12球団一のショートだと思っているので、そのプライドが押さなかった。球団には“3億円欲しいんですが”と言いました。
過去を含め、ぼくはセ・リーグのショートで一番もらいたい。というより、セ・リーグでは誰も達成してない3億円です。ただ、それは来年に取っておくとして、せめて今年はその一歩手前までと思っています。
(FAと今回の交渉は)まったく関係ない。
ここ(中日)が第一優先です。ここじゃないとFA権は獲れなかった」(大本営)
「(FA権を)とる前に話がしたいといいました。他球団の話を聞くと夢がふくらむので…。FAを行使して残留という選択肢もあるし、先に話を聞いたほうが落ち着ける」(日刊)

伊藤球団代表「(FAのことは)あくまで雑談の中で聞いただけ。」(日刊)

井手編成担当「全試合に出ることの価値観が井端とわれわれでは少し違った。井端は全試合出場を誇りにしているから“そこをもっと評価してほしい”と。評価しているつもりだけど、また社長を含めて話し合います。」(大本営)

川上、福留とも違い井端のごねっぷりは・・・なんというか
「そんなに背伸びすんなや」って感じかな。

FA残留の事前交渉については
過去についても建前じゃなくて本当に取得後にしか話し合っていないのならひどいものです


ナゴヤDに和田シート 中日と正式契約、早速ファンサービス(大本営)
中日・和田“落合塾”入門希望!「色々話を聞ける」(スポニチ)
和田が入団会見「実力で左翼とる」(日刊)
中日でも「和田シート」継続(報知)
中日・和田が笑顔で会見-総額8億4000万円で正式契約(サンスポ)
FA移籍和田 落合監督に弟子入り志願(デイリー)

一問一答(大本営)

―正式に契約して、今の思いは。

「正式にドラゴンズの一員になる実感が沸きました。物心ついたときから中日のユニホームにあこがれてやってきて、この年になって、ようやく着られるなと思いました」

―子どものころの中日の思い出は。

「チームの全盛期で、常に優勝争いして、個性ある選手が多かった。キャッチャーをやっていたので、中尾(孝義氏)さんが好きで、西武でも実際に教えてもらいました」

―今のイメージは。

「投手が良くて、交流戦で対戦してもすごくいやだなと感じた。先発、中継ぎ、抑えが確立されていて、完成したチーム」

―中日の選手と話は。

「谷繁さんと電話で話をしました。(五輪予選の)台湾では中日の選手に話を聞いてあおられてました。中日に来るんでしょと井端に責め立てられました。まだ何も決まってなかったんですが」

―どんなプレーを目指すか。

「全力プレーを常に頭に入れて考えているので、一生懸命野球をやりたい。キャンプでは若手みたいにアピールする。ポジションがないと思ってやります」

―抱負を。

「補強で中日に来ているので、本当に和田は戦力になったなと言われる活躍をしたい。数字がすべてではない。勝敗を左右する場面で打ちたいです」



和田
「営業と話して、シートがどうにかできたらと思っています。小さいころ中日に夢をもらってたので、今度はぼくがそういう選手になりたい。
約17年たって、ようやく帰ってくることができました。本当に期待されていると思うんで、がっかりさせないような活躍をしたい。和田は戦力になったなと言われる活躍がしたいです」(大本営)
「(落合監督がロッテから)中日に入ってきた時はうれしかった。独特の打撃フォームで、よくまねをして野球をしていました。
周囲はいろんな(リーグの)違いがあるという。僕は交流戦のイメージしかないけど、どういう違いがあるのかわからなかったですよ。
日本一になるのが目標。『和田をとって本当によかった』と言われるように頑張りたい」(日刊)

和田が入団発表


西川球団社長、プロテクトリストを落合監督に一任(スポニチ)
落合監督、和田の開幕スタメン明言(日刊)

落合監督「教えるも何も、まだ(キャンプインの)2月1日にもなっていない。
FAで獲った選手。足りないから補強したんだ。
(プロテクトに)頭を悩ませる必要はない。28人プロテクトすりゃいい。ウチに和田以上の選手がいるか?」(スポニチ)
「FAで獲ったんだから競争なんてない。そこが足りないと思ったから獲ったんだから。(中村)ノリとは違う。元気でさえいれば開幕に名前を連ねているだろう。打順は4番はない。
(プロテクトで)悩む? 何で頭を悩ませないといけないんだ? 28人プロテクトすればいい。簡単なこと。うちに和田よりいい選手がいるか? いないだろう? だったらだれでもお好きにどうぞ」(日刊)

西川球団社長「現場のことは現場にしか分からない」(スポニチ)

伊藤球団代表「プロテクト選手はまだ全員決まっていない」(日刊)

なんでも現場に丸投げしたらいいってもんじゃねーぞ、とはいっておこうかな。
『超不平等トレード』と思えば
たいていのプロテクト漏れは納得はできるんですけれどもね。

しかし日程的には沖縄まで来てからライオンズに引っ張られる可能性もあるんだな。
そこまで引っ張られるとさすがに選手に気の毒だとは思うが・・・。


クルスが来季契約を更改(日刊)

井手編成担当「150キロを超えるスピードの可能性を評価した」(日刊)

クルスと契約更改


ウッズ契約更改は年明けに(日刊)

井手編成担当「まだ書類がそろわない。1月始めにはこちらに届くと思う」(日刊)

ウッズ更改は年明けに

26日の契約更改(単位万円、大本営推定)

井端 26000(△4000) 保留1回目
和田 28000(△500) FA移籍、3年契約1年目、総額8億4000万
クルス 1380(△680)+出来高 12万ドルの円換算


中日が殊勲賞受賞 日本プロスポーツ大賞(大本営)
立浪が打倒巨人宣言(日刊)

立浪「自分がユニホームを脱ぐまでに日本一にはなれないかもしれないと思っていたけど、ユニホームを脱ぐ前に日本一を経験できて感謝しています。
連覇、完全制覇が目標。巨人がすごい補強をしたので、その巨人を倒せるように頑張りたい」(大本営)

プロスポーツ大賞の授賞式に立浪、落合監督が出席


落合監督「中部報道展」テープカット 名鉄百貨店で31日まで(大本営)

落合監督「(スポーツ紙は)どういうのを買うかというと、写真で買うんです。1番先に目に入るのは、活字ではなく写真。今は監督より選手の写真を扱ってほしいと思いますが、20年の現役生活ではどうやって1面に写真をのっけてもらおうかと考えていました。(1面は)一番の名誉なことですから。
勝負事ですから、12球団のどこかが必ず日本一になる。ドラゴンズがなってなぜ悪い! 目指すところはそこにある。今年以上にエキサイトする写真が飛び込んでくる。そういう1年になります。おもしろい1年になると思う。負ける戦いはしたくありませんから。」(大本営)

名古屋のデパートの写真展のテープカットに落合監督が出席


渡辺、樋口の採用を発表(日刊)

渡辺「ナゴヤ球場で動作解析をやります。現場で仕事ができるのでがんばりたい」(大本営)

渡辺はDVD作りとかが主な仕事?
樋口は一軍のマネージャーに


久本「こっち(ナゴヤ球場)でやるのはきょうが最後です。
嫁の実家の広島へ帰省しますが、あっちに大学の後輩がいるので受けてもらいます」(大本営)

前田「年末年始もずっとここで練習します。実家が近いですから。環境的には一番恵まれているかも」(大本営)

鈴木「今回はスパイクを持って(佐世保での自主トレに)参加します。しっかりと体と肩を作りたい」(大本営)

名古屋での練習組。
鈴木、久本はこの日が名古屋での打ち上げ



そのほかの話題

試合スピードアップして…テレビ局異例要望(報知)
試合のスピードアップ化へ、球場に「時間表示計」設置検討(サンスポ)
試合時間短縮へTV局と意見交換(デイリー)

>時間表示が実現すれば、新たなファンサービスにもなる。

ならねーだろ(笑)




|

« 不可解な計算式 | トップページ | 中日ドラゴンズ2007名場面と選手たち おまけ(蒼く優しく Ver.) »

コメント

井端の言動は、「ビッグマウス」という感じですね
シーズンは終わったのに胃が痛いのはなぜなんでしょう。

投稿: 頑張れドラゴンズ | 2007.12.27 18:52

>>頑張れドラゴンズさん

まあオフの井端の発言は
話半分で聞いてやっておいてよいとは思いますけどね

年俸については3年9億とかいうのでもいいくらいには思っているのですが

FAを考慮しない単年なら
チームが優勝していないというのを完全に忘れているようですね

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.12.28 13:27

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井端も越年:

« 不可解な計算式 | トップページ | 中日ドラゴンズ2007名場面と選手たち おまけ(蒼く優しく Ver.) »