« 著者   ドアラ | トップページ | 時代の流れ »

2007.12.21

投手王国の礎

ドラゴンズファンの立場から見て
今の投手陣が
実際に投手王国かどうかは微妙と思うこともしばしばなのですが
よそから投手王国と言われるのはこういう切磋琢磨の賜物だとは思う



ドラゴンズの話題

朝倉がマニフェスト 竜黄金時代へ副会長「所信表明」(大本営)
朝倉早くも練習「総ての面でレベルアップしたい」(スポニチ)
竜のエース候補2人、帰国即自主トレ再開(日刊)
「パイプ役に」中日朝倉に副会長の自覚(デイリー)

朝倉「むかしは『あ~1軍の選手だ』みたいな遠慮があった。見ればわかる通り、最近は年下の選手が増えてきたので、わからないことがあったら何でも聞いてほしいし、自分が(年下の目線まで)降りていきたい。
(シュートも)聞かれれば、教えますよ。同じ投げ方でも人それぞれ軌道が違いますし、ライバルとかそんなこと考えて野球やったことないですからね。
1年間、ローテを守るのは当たり前。(来季は)四球を減らしたい。特に無駄な四球ですね。前の年と同じレベルなら次の年は成績は下がる。
。やることはやります」(大本営)
「3年連続の活躍を目指して?関係ない。ボクは一年一年が勝負。総ての面でレベルアップしたい」(スポニチ)
「左打者へのシュートは間違うと大きいのを打たれてしまう。スライダーに磨きをかけて、抑えられるようにしたい」(デイリー)

中田「予定通りです」(大本営)
「時差ボケを解消するためにとにかく家で寝られるだけ寝ました。体が大丈夫そうだったので来ました」(日刊)


朝倉、中田がナゴヤ球場でトレーニング。
朝倉は川上らとサイパンで
中田は立浪、井端らとグアムでそれぞれ始動予定


菊地「久本に学ぶ」 年明けに左腕コンビで始動(大本営)

菊地「久本さんと一緒にトレーニングすることにしました。同じ左投げだし、一緒にいて盗めるものは盗みたいですね」(大本営)

久本「ボクから盗むものなんて何もないと思いますけどね。でも2人で頑張りたい」(大本営)

菊地と久本は沼津で始動。
というかおそろしくカナディアンマン&スペシャルマンの『ビッグボンバーズ』的な雰囲気の漂うコンビだな、おい。


鈴木“引力”トレ 押してダメなら…体づくり見直します(大本営)

鈴木「野球で、特にピッチャーは腕を押すような場面はないんです。投げるときに肩甲骨を引くように、腕を引くことの方が多い。それなら押すトレーニングはいらないんじゃないかと。
押すトレーニングをすると、投げる体になるまでに時間がかかるんです。春先は肩が重い感じがするんです。腕を引くトレーニングをちゃんとやったらいいんじゃないかと思っています。
結果が出るかは分かりませんが、年間を通して投げたい。契約更改のときに球団に(阪神の)久保田さんくらい投げてくれといわれました。あんなにたくさんではなくても、50試合は最低投げないと。」(大本営)

この人は佐世保でマリナーズ城島らと始動予定


山井「時差ぼけはまだあるけど、指先の感覚を忘れないようにしたいんで。」(大本営)


山井も屋内練習場で遠投などをこなしました。



ドアラが本出します!! 「ドアラのひみつ」2月下旬発売だよ(大本営)
中日マスコット・ドアラ、来年2月エッセーを発売(スポニチ)
ドアラ本出る!自ら語る単行本発行(日刊)
ドアラが本を書いた…来年2月下旬PHP研究所から出版(報知)
「目指すはマスコット界のトップ」 ドアラがエッセー出版(名タイ)

ドアラ(広報を通じて)「いずれはナゴヤドームをボクの力でいっぱいにしたい。本はあくまでも通過点です。マスコット界の1位を目指します」(報知)

おそろしい勢いのドアラ。

03年オフにゴールデンドアラとの絡みが
オフの全国ネットの珍プレー好プレー集に登場したあたりが
今の人気の出発点?
その後、交流戦参戦、いまやドアラブログと化している球団公式ブログの立ち上げ・・・と追い風が吹き荒れての
今年のネット上でのブレークでしょうか・・・

とりあえず動画サイトでのドアラ人気を決定付けた
今年のグッドウィルドームのでの雄姿はこちら。
(ニコニコでは『ドアラグッドウィルドームに立つ!』のタイトルで)




|

« 著者   ドアラ | トップページ | 時代の流れ »

コメント

>ビッグボンバーズ


うーむ、、ご退場願われないよう祈るばかりです。

このへんの左がうまいこと機能してくれればなぁ。。

投稿: きんぐ王 | 2007.12.22 00:50

>>きんぐ王さん

来年も獲得しそうな
『はぐれドミニカコンビ』がよっぽどすごくない限り
普通に一軍戦力ですからね(特に久本)

奮戦を期待しましょう

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.12.22 20:55

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投手王国の礎:

« 著者   ドアラ | トップページ | 時代の流れ »