« 時代の流れ | トップページ | 仕事納めの週です »

2007.12.23

眼鏡越しの空

 短い髪、シャンとした後ろ姿 思い出すたび
あなたのように なれたらと憧れる。

べつに小田には憧れないけどなー
第2捕手も来季は第1捕手に近づいた位置で
競争になってほしいものですね。



ドラゴンズの話題

中日・小田“来季へ本格始動”4時間半みっちり動く(スポニチ)
中日・小田 正妻奪取へグアム無計画トレ(デイリー)

小田「野菜ばっかり食べてますから」(スポニチ)
「今まで自分なりに一生懸命やってきたけど、レギュラーになれてないっていうことは、何かが足りないってこと。自分を変え、自分にない部分を吸収するために決めました。
何かを変えれば、先が見えてくるかなと思って(視力矯正手術を受ける)。」(デイリー)

小田はナゴヤ球場でトレーニング。
井端に捨てられた(苦笑)年始の自主トレは
井端もいるグアムへ
ストーカーにはならないよな(苦笑)


荒木へ指令「1年間1番守れ」 後援会懇親会(大本営)

荒木「皆さんの言葉を肝に銘じて、来年からもがんばりたいと思います」(大本営)

立浪「(荒木の選手会長は)実は私と井上で強引に決めました。本人は戸惑っていましたが、やりたくてもやれる仕事じゃない。これを機に、自分のことだけじゃなく周りを見ながら、もうひと皮、ふた皮と成長してもらいたいんです。
打率は3割でいいから、出塁率を4割近くまで上げてもらいたい。ボクも打撃コーチ兼任なので、来春からは一緒に考えます。彼が1番で1シーズンがんばれば、必ずチームは上に行くことができますから」(大本営)

高木守道氏「今の野球は投手のモーションも速く、私がやっていたころと比べても盗塁は難しくなっています。だから荒木の31個というのは、決して少なくはありません。私の50個も大したものですが(笑)。私は盗塁王を3回とりました。荒木が1年を通じてリードオフマンであることは、優勝に不可欠だと思っています」(大本営)

荒木の後援会の懇親会。
まあ荒木が出塁率4割達成しようと思えば
3割3分打つしかないとは思いますが
難しいながらも
ポストシーズンのようなテンションが保てるのならそれもできそうなのかなとも思います


お帰りなさい! 井端・井上が児童養護施設を慰問(大本営)

井端「一人ものですからね。普段家に帰って言われない。懐かしいっていうか、うれしいですね。
ここに来ると自分は恵まれていると痛感する。それに元気をもらえる。来年はもちろん、選手をやめてもここに来ますよ。今年はケガの治療とかでこれなかったけど、来年は月1ペースで来たいですね。」(大本営)

井上「救われたことがあったんだよね。
こんなボクでも喜んでもらえて…。選手会長という立場は今年で終わるけど、これからも何かしてあげたいと思う。」(大本営)

井端と井上はそれぞれ児童養護施設を訪問


佐藤充、決意の挙式 「成績悪かったら自分だけの問題じゃない」(大本営)

佐藤充「来年は30歳になるし、成績が悪かったら、自分だけの問題ではなくなる。必死にやります。」(大本営)

佐藤充はCBC占部アナウンサーと挙式。


井上「ファンと選手、フロントがいったいとなったので日本一になれたと思う。」(大本営)

朝倉「9月は調子が悪かったが、日本シリーズで勝利投手になれてよかった。」(大本営)

清水昭「プロはレベルが高く、最初は戸惑ったけど頑張る。」(大本営)

西川「積極的にアピールして開幕一軍を狙う。」(大本営)

井上、朝倉、高橋と三重出身の清水昭、西川が三重のファンの集いに出席


堂上直「子供に野球を教えることは楽しいし、自分のためにもなります。」(大本営)

堂上剛、堂上直、清水昭は三重県菰野町で野球教室




|

« 時代の流れ | トップページ | 仕事納めの週です »

コメント

荒木は井端と共に内野守備走塁コーチが内定やから、今のうちに周りとのコミュニケーションの取り方を学ばせとかなあかんな。
特にタニマチ接待は中日で生き残るには必要やからな。

投稿: 和義 | 2007.12.23 22:17

荒木の1番固定は確かに不可欠でしょうね。

個人的には率を考えずに、数で考えた方が、荒木には向いている気はしてます。

向こう5年は1~3番(荒木・井端・森野)は固定出来ればと思いますが。。。。(井端も森野も他球団ってイメージはない)

投稿: はやぱん | 2007.12.24 11:54

>>和義さん

あなたの場合、週刊誌対策が一番必要なのかもしれません・・・
かなり自重するようにはなったようですが・・・

>>はやさん

井端、荒木、森野は言い方が悪いですけれども
MLBが食指を伸ばすようなタイプではないですからね。
森野の原巨人の可能性が一番ありそうな程度で(それでも1ケタパーセントでしょう)
あまり移籍に関しては心配していないのですが

堂上剛と森野の2人でクリンナップ固めるのが妄想上の
グッドチームだとは思います

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.12.24 13:38

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼鏡越しの空:

« 時代の流れ | トップページ | 仕事納めの週です »