« 投手王国の礎 | トップページ | 眼鏡越しの空 »

2007.12.22

時代の流れ

 『MLBへの人材流失は時代の流れだから仕方がない』

まあ、そうなんだろうなあというのはあるのですが・・・

NPBはこのまま座して死を待つのみなのか?

煌々と輝きを放ち生き続けるのだろうか?

そもそも今のNPBって生きているのか?



ドラゴンズの話題

立浪サンタ、勇気をプレゼント 病院のXマスショー訪問(大本営)
中日井端、来季FA権行使なら荒木とのコンビ解消?(スポニチ)
主力流出危機に立浪“お手上げ”(日刊)
荒木、井端はチームへの愛着強調(日刊)

立浪「ぼくは今年でプロ20年目を終えましたが、初めて日本一になることができました。すべては応援してくれた皆さんのおかげ。本当に感謝しています。
小さいころ、プロ野球選手は夢のまた夢だった。でも、その夢を持ち続けて必死に練習したら実現できました。
気持ちを前向きに病気と闘ってください。ぼくも、皆さんに一生懸命プレーする姿をまた見せたいと思います。そして、また日本一になれるようがんばります」(大本営)
「「あれだけの給料なら誰でも(福留のようにMLBへ)行くでしょ」(スポニチ)
「今、アメリカに行ったらあれだけの給料がもらえる。僕たちがFAを取った時と違ってアメリカに行くシステムもできている。僕らがどうこう言うことではない。若手を育てる? それしかないでしょう」(日刊)

井端「一番評価の高いところは気になる。残留が一番いいことだと分かってるが、他球団からの評価は嬉しいはず」(スポニチ)

荒木「解雇の可能性もあったのにFA権獲得までやらせてもらった。ヘタなことしない」(スポニチ)

井上「ことしはチームメイトのおかげで挨拶することが多く、いい思いをさせてもらったけど、個人的にはふがいなかった。ことしで選手会長を辞めます。来年は一プレーヤー、井上一樹としてやります。原点に戻って、19年目を迎えたい」(大本営)

立浪、井上、井端、荒木、朝倉が病院でトークショウ。
大本営は『中日の立浪和義内野手(38)が21日、井上一樹外野手(36)らと計5選手』などと
アライバクラスでも『ら』扱いでFA話はスルー
(挑発に乗らないという意味では賢明な判断ともいえるが)

そもそも自分にとって
野球における情報で
『○○選手は○打数○安打でした』ってのと
『○○が○対○で勝ちました』のと
どちらが大事かって言われりゃ
間違いなく後者なので(試合の内容は詳しく知りたいけど)
今の日本での報道のされ方をされている限り、
MLBのことを好きになることはないのであれなんですけれども・・・

選手にとってサラリーは魅力だわなあ。
ちょっとばかりの情に訴えてもダメだろうし

門を狭める形の改革はもはや選手会が受けないだろうし

現状が『日本人メジャーリーガーのバブル絶頂期』という見方はできるけど
伊良部やら中村紀、井川のようなあからさま失敗を経てなお需要はあるわけだしなぁ

正直、閉塞感しかないのですが・・・・

かといって、今の日本のプロレスのように
内に内に小さくなって、一部の熱いファンだけに支えられるいくようなのも
にわかに想像できないんですよねぇ。
(自分はそうなっても日本のプロ野球を見ているとは思うけど)


中田、父子ロードで早朝ラン 故郷で原点回帰(大本営)

中田「本当にできるかどうかは分かりませんけど、早朝ランニングをしたいなあって思っているんです。小学生のころ、父と一緒に走っていました。
5時50分に起きて、7時に家へ帰っていました。走ったら、いろいろ思い出すでしょうね」(大本営)


浅尾、フォーク習得へ指トレ(大本営)

浅尾「ふだんからフォークの握りでボールを持っています。部屋でも(鉛の入った)重いボールとか、ダンベルとか、何かしらずっと挟んでいます。
来季、完封は無理かもしれないけど、完投を1度やってみたい。
スライダーとパームのスピードが変わらない。(速球か変化球に)ヤマを張られたら厳しかった。
だんだん指が開くようになってきました。」(大本営)


中日新井、スタミナアップ宣言(日刊)

新井「落合監督から体力がないと言われましたし、このオフはたくさん受けてたくさん打って、野球に必要な体力をつけたい。」(日刊)


堂上直「みんなでサッカーをしたりして、楽しいトレーニングでした。
下手ですから練習をしないといけません。これからも体はずっと動かしていきます」(大本営)


若手合同自主トレという形の練習は21日まで。
もっともナゴヤ球場で体を動かす選手はこの後もいるようです



|

« 投手王国の礎 | トップページ | 眼鏡越しの空 »

コメント

荒木さんて何て素敵な人なんでしょう。
彼みたいな人を『ナイスガイ』と呼ぶのでしょうね。
そんなナイスガイに酷い査定をする中日が私は嫌いです。

投稿: 可符香 | 2007.12.22 22:15

>>可符香さん

たぶん「わしが育て損なって」解雇寸前になったのでしょうねぇ

よくここまで成長してくれたものです

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.12.23 13:30

大昔は実際に育ててた時期もあったんですけどねぇ、鉄拳で。
育成というよりは、ある程度整った戦力で、選手をやる気にさせる采配をする方ですよね。
投手出身なのに投手を使い潰してるのが甚だ疑問ではありますが。

投稿: 可符香 | 2007.12.23 16:48

>>可符香さん

2回のドラゴンズ監督にしても
タイガース監督にしても
何もないところからトレードやらで戦力かき集めて
現有戦力を鼓舞して戦うってやり方は評価してもいいのかと思います

ただ、あの人、基本的に『焼き畑農業』ですから
収穫の後にペンペン草の一本も残りませんけどね

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.12.24 13:34

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代の流れ:

« 投手王国の礎 | トップページ | 眼鏡越しの空 »