« D1-0F:NS-Game5(11.1) 大願成就 | トップページ | 中日ドラゴンズ2007名場面と選手たち クライマックス&日本シリーズ編 »

2007.11.02

史上初の継投での完全試合で日本シリーズ制覇

ドラゴンズが4勝1敗で日本シリーズ制覇。
山井-岩瀬の継投による完全試合という快挙のオマケつき。

ドラゴンズにかかわるすべての人に
『おめでとう』と『ありがとう』



<日本シリーズ:ドラゴンズ1-0ファイターズ

完全!!オレ竜日本一 53年ぶり悲願(大本営)
オレ竜日本一!!強かった信念…長かった53年(スポニチ)
オレ流究極の非情さい配で悲願V(日刊)
落合監督優勝インタビュー(日刊)
オレ流“非情さい配”で悲願達成!落合竜53年ぶり日本一!(サンスポ)
九回の山井交代、約半数が落合さい配を支持…緊急アンケート(サンスポ)
オレ竜の完全V!4度舞い53年ぶり日本一(報知)
落合監督 完全よりオレ流で日本一(デイリー)
「考えさせられる投手交代」 野球評論家・佐々木信也氏(共同通信・大本営)

落合監督「感無量です。
昭和29年。私が11ヶ月のとき(以来の日本一)ですから。長かった。この4年間も長かった。
記憶がありません。ふたりでパーフェクト。それだけきょうの山井は完璧だった。
ことしは絶対に泣くまいと思っていた。
(ダルビッシュは)点を取れるピッチャーじゃない。1対0で逃げ切らなければと思っていたけど、まさか山井があそこまで持ってくれるとは。
山井だけでなく選手全員に同じ言葉をかけようと思っている。
(黄金時代の到来)そういうことはない。今のプロ野球では、優勝もあれば最下位もある。よくここまで精神的に強くなった。日本一だけど球団に連覇はない。まだ課題はある。
全国のドラゴンズファンに感謝申し上げたい。日本シリーズの優勝は53年ぶり。半世紀以上たっています。それでも懲りず、ドラゴンズを愛し、応援してくれたおかげで、今日を迎えられます。
強かったというより、セリーグで負けた悔しさを全部ぶつけてくれたと解釈している。ここまで溌剌と動いてくれたのは4年間で初めて。どういうところでスイッチが入ったのかは個々に聞いていないが、負けた悔しさか・・・。1年に1度ならいいが、2度は負けたくないと。それが勝負し本来の姿でしょう。
(監督の仕事は)どうやって自由奔放に動かすか。選手には一切、ものをしゃべっていない。それがかえってよかったのかと。だから選手を褒めてやってください。
トータルに見て4年間の成果だと思っている。森野なんか救急車を3回ほど呼ぼうかと思ったくらい。練習はウソをつかないなということを彼らが実証してくれた。このスタイルを変えてはいけないんだろうけど、それに耐えられる若い選手が何人いるか。
(53年という数字は)並大抵では越えられないと思っていた。半世紀が過ぎている。ちょっとやそっとでは越えられない。
ダルビッシュとやるときは1点勝負だと思っている。どちらが先にとるのか。取ったらどうやって逃げ切るか。山井と岩瀬でパーフェクト。それをうまくバックが守ってくれた。全員の仕事でしょう。

幸か不幸か山井がいっぱいだということだったので、代える分には抵抗はなかった。本人がここまででいっぱいだということだったので。
日本シリーズで勝った事実は紛れもないが、われわれが掲げた目標はあくまでもセ・リーグで優勝し、クライマックスシリーズを勝ち上がり、パ・リーグの覇者と戦って日本一を勝ち取ること。それが大目標だった。素直に喜んでいるけど、1つ課題を残したなというのが本心」(大本営)

日本代表・星野監督「落合監督に投手経験がないからなのか、1点差だから岩瀬に代えたのか、非常に難しい判断ですね。私が監督なら、きっとみなさんと考えは一緒でしょうね。投げさせていたと思います」(サンスポ)

落合監督「オレはな。職人なんだよ。野球を突きつめたいんだ。この世界には野球を食い物にしようとする政治家みたいなやつがたくさんいる。そういうやつに負けたくない。オレは記憶に残りたいなんて思わない。オレたちはプロなんだぜ。結果がすべてだろ。優勝回数が1番多い監督が、1番すごい監督なんだ!」(日刊)

日刊から抜いた落合監督のコメントは
別に優勝に寄せたコメントではないですけどね。
なんとなく『政治家みたいなやつ』が鬱陶しいので載せたくなった。


山井にナゴヤ心酔! 圧投24アウト(大本営)
山井の投球結果 8回をパーフェクト(大本営)
山井「快投」完全リレー!8イニング完ペキ投球!(スポニチ)
8回完全、山井大一番で快投劇(日刊)
山井、シリーズ新の8回パーフェクト!九回は自ら「代わります」(サンスポ)
山井8回完全「個人の記録は関係ない。最後は岩瀬さんに投げてもらいたかった」(報知)
快挙目前の交代も納得しているはず、本紙・福谷記者が義兄の山井を語る(報知)
山井完全燃焼!“快挙よりチーム”(デイリー)

山井「個人の記録とかは、この試合に限ってはどうでもいいと思っていた。4回にマメがつぶれたのもあったし、握力的にも落ちていた。それに最後は岩瀬さんに投げてほしいという気持ちがあったので、代わりますと言いました。
今日はスライダーが良かった。谷繁さんがうまく(快投を)引き出してくれました。
(ダルビッシュは)すごいいい投手。3点以内に抑えないといけない。5、6回まででもいいから…。
去年や今年前半のことを考えると、感謝の気持ちしかない。」(大本営)
「もちろん(記録のことは)分かってました。でも、個人の記録は、この試合に限っては全然いいと思ってました。最後は岩瀬さんに投げてもらいたかったし」(スポニチ)

スライダーがキレキレ立った山井。
8回をパーフェクトに。
04年後半の活躍で期待されながらもその後足踏みしていた山井ですが
来季は勝負の年になりますね。


岩瀬、究極継投!緊迫の3アウト 9回から救援(大本営)
岩瀬、重圧に打ち勝ち胴上げ投手だ「もう最高!」(スポニチ)
完全リレー岩瀬「人生初のプレッシャー」(日刊)
岩瀬が締めた!パーフェク投リレー(デイリー)
別の重圧あった岩瀬 胸中を明かす(共同通信)

岩瀬「人生初めて、こんなプレッシャーの中で投げました。最後のことは全然、覚えていません。
この1年いろいろあったけど、結果を出せた。よくがんばったと思います。
ここまで自分で上がってきた階段なんだから。降りる時も自分で降りる。それまで弱みは見せたくない。」(大本営)
「疲れ? いろいろありますけど、この中で結果を出せてよかった」(日刊)

いろいろ言われている継投ですが。
大前提は「ドラゴンズに岩瀬がいる」こと、
それなしには考えられない継投でした。
そして岩瀬は期待に完璧に応えて見せました。
さすがの一言です。


激動の1年 ノリ号泣MVP 18打数8安打4打点(大本営)
中村紀、号泣MVP“激動の1年”歓喜のフィナーレ(スポニチ)
「ノリ劇場」終幕は涙のMVP(日刊)
ノリ涙のMVPインタビュー(日刊)
ノリ感涙のシリーズMVP!育成選手からの再出発で栄冠掴む(サンスポ)
号泣ノリ最高の恩返し!ゼロからのMVP(報知)
ノリ 感涙“ゼロからのMVP”(デイリー)

中村紀「もう、最高です。うれしい。1月からいろんなことがありましたけど、本当にドラゴンズさん感謝しています。本当にありがとうございました。
今は全身の力が抜けました。当分薬を飲まなくて済むなと。試合が終わって、表彰式のころは脂汗が出ました。」(大本営)
「忘れられない1年になった」(スポニチ)

シリーズMVPの中村紀はヒーローインタビューで号泣。
来季は背番号5かな。


平田V犠飛 19歳、大舞台でデッカイ仕事(大本営)
平田でかした決勝犠飛「出してくれた監督に感謝」(スポニチ)
2年目平田、V決める千金犠飛(日刊)
平田ダル撃ち千金犠飛(報知)

平田「正直なところ、打てる気はしなかった。ダルビッシュさんはすごかった。あの打席はとにかく真っすぐだけを絞っていきました。詰まったけどよく飛んでくれました。
(ダルビッシュは)高校のときと比べものにならなかったです。すごかった。
来年はレギュラーを狙います。」(大本営)
「うれしいですね。十代で(打点を挙げるの)は清原さん以来と聞いたんですけど。とにかく名前が残るし、日本を代表するピッチャーから打点を挙げられたんでね。
スタメンで出してくれた監督に感謝したいです」(スポニチ)
「ストレートを待っていました。詰まってタッチアップには浅いかなと思ったけど(ウッズが)よく走ってくれました。緊張はあまりなかった」(日刊)

平田の犠飛が唯一の得点に。


荒木、光った攻走守 優秀ショー「完全」バックアップ(大本営)
井端&荒木“最強二遊間コンビ”走攻守でケン引(スポニチ)
走攻守に貢献、荒木が最優秀選手賞(日刊)

荒木「最後? よく分かりません。勝手に体が動いて。苦労した分だけうれしい。去年のシリーズ、今年の前半戦と不振でしたから。とにかく借りを返したかったんです。
いまはホッとしています」(大本営)
「盗塁?自信はありました」(スポニチ)
「今まで生まれてから、ここまで集中したことがなかったというくらいに集中した、クライマックスシリーズから日本シリーズでした」(日刊)

荒木は優秀選手賞。
第5戦も4回のファインプレーなど存在感を見せました。
最後の送球は少しイップス気味(苦笑)?

井端「うれしいです。すべての試合に出られて日本一になれたので。
最低限の仕事はできたかな」(大本営)
「痛みは限界に達していた。でも最後と思ってやった」(スポニチ)

井端は結局ポストシーズンフル出場。


森野が優秀選手賞 13打数4安打4打点(大本営)
森野が優秀選手賞「本当に幸せ」(日刊)

森野「最後の球が飛んでこいって思っていたんですけどね。うまくいかないですね。涙? 出なかったです。うれしすぎて…。
ファームでやっていた時代は、今の僕になくてはならないもの。僕を教えてくれた人々に感謝したいです」(大本営)
「過去を振り返ると本当に苦しいことしかないですが、こうやって日本一を喜べるのは本当に幸せだと思います」(日刊)

森野の長いシーズンも終わりました。
来季は3割20本100打点のどれかはクリアして欲しいなぁ


日本一の公約果たした 決勝のホーム踏んだウッズ(大本営)
ウッズが突破口「チーム勝つため打った」(日刊)

ウッズ「ホームランのことなんて忘れていたよ。オレはチームのために打ったんだ。チャンピオンになれて最高!」(大本営)

このシリーズ結局ウッズに長打はなし。
それでも前後の打者がしっかりとこの4番を支えました。


パパはやったぞ!! 李炳圭、チーム最多の5打点(大本営)

イ・ビョンギュ「日本一になれたことが本当にうれしいです。」(大本営)

実はシリーズの打率は.111だったりして
シーズン通りたいして打っているわけでもないイ・ビョンギュ
それでもチームトップの5打点だから何がなにやら(苦笑)


谷繁が完ぺきなハム封じ!! 「最初の試合大きかった」(大本営)

谷繁「日本一になるのは2度目だけどドラゴンズでは初めて。1人の力で何とかなるもんじゃないけど、ドラゴンズの力にはなれたかなと思う。
完全試合? 初めてだよ。
初の試合でセギノールに1発打たれたけど、ボクが相手の打者を感じながら試合ができた。あの1試合がボクの中では大きかった。
いままでと同じことをやっていたらダメなんだって思った。慢心があったのかもしれない。どうすればいいのか、自分でいろいろ考えたよ。
1日か2日は喜びに浸るよ。」(大本営)


谷繁はファイターズを完全に牛耳りました


立浪「5度目の正直」喜ぶ(日刊)
中日・立浪、来季は選手兼打撃コーチ!若手育成に本腰入れる(サンスポ)

立浪「20年間待ちました。僕は何もしていないけど、みんなにつれてきてもらいました」(大本営)
「2位から勝ち上がっての日本一だけど、今年はこういう形なんで堂々と胸を張りたい。自分がレギュラーで出ているときとは違う。チームメートにありがとうと言いたい」(日刊)

井上「チームリーダーになった年に日本一。運もあった。自分の年表に書き込めます」(大本営)

藤井「日本一になるには運も必要。その中でメンバーの一人として戦えてうれしいです」(大本営)

新井「シリーズで打席に立たせてもらえて雰囲気も感じられた。いい経験になれました」(大本営)

小田「出番はなかなかなかったけど、歴史的な日本一に携われた。中日に入ってよかったです」(大本営)

上田「去年はすごく悔しい思いをしたし、相手は古巣。言葉では喜びを言い表せません」(大本営)

清水将「このメンバーの中にいることができて光栄。自分のやるべきことはやりました」(大本営)

堂上剛「先輩が苦しい中でたたかっている姿を見てきた。その結果が日本一でうれしいです。」(大本営)

渡辺「初の日本一。仲間とユニフォームを着て喜びを分かち合えるのがうれしいです」(大本営)

岩崎「ファームの日本一も立ち会えた。試合に出たかったけどいい経験になりました」(大本営)

中村公
「ファームが長かったから、日本一の場面で一軍にいられて本当によかったです」(大本営)

こうしてみると控え選手の顔ぶれはかなり変わってきましたね。
渡辺は球団から戦力外が発表されました


中田だ! 朝倉だ! 次代のエース候補が躍動(大本営)
6戦目予定の川上も大はしゃぎ(日刊)

川上「53年ぶりといわれてもピンと来ない。シリーズに4回出て、ようやく、という感じ」(大本営)
「先発予想はダルビッシュ? いい投手でも負けることはある」(日刊)

中田「大事な時期に結果を出せた。去年は悔しい思いをしたし、いい経験になります」(大本営)

朝倉「53年ぶりは想像がつかない。シリーズでチャンスをもらって勝ちたい思いでした」(大本営)

小笠原「最高です。シリーズに先発して反省点はありますが、今は喜びが大きいです」(大本営)

山井「きょうは応援がいつもの倍はすごかった。ファンの皆さんに感謝しています」(大本営)

岩瀬「今まで以上に日本一になりたい気持ちが強かった。よく頑張れたと思います」(大本営)

岡本「日本一に挑戦するのは個人的に3度目。いろいろあったけど、格別な思いです」(大本営)

平井「今年は打線がたくさん点を取ってくれたので、僕らは楽に投げられました」(大本営)

鈴木「日本一を目標にやってきたのでうれしい。全体的に自分の仕事はできました」(大本営)

石井「初めて経験する日本一はうれしい。シーズン公判はチームに貢献できました」(大本営)

クルス「日本に来て初めての年に、チャンピオンの輪の中に入れてハッピーです」(大本営)

高橋「最後にここにいられてうれしい。シーズン終盤から納得の投球ができました」(大本営)

久本「去年は悔しい思いをした。その経験を生かし、今年はいい場面で投げられました」(大本営)

とにかく質の高い先発投手をそろえたことがポストシーズンの勝因。
9勝中8勝が先発投手の勝ち星。

朝倉と中田はまだまだ「川上がいてこその成績」という面はあると思います。

90年代でいえば
「勝ち星は山本昌でもエースは今中(94年)」
「チャンピオンは小橋でもエースは三沢(全日本プロレス)」
まあそんなところだと思います。
川上のポストシーズンがすごかったといえばそこまでなんですけどね。

中継ぎ陣はなぁ、若手連中がいまひとつ。伸びきらなかったですね。
外国人投手の出番なんてないくらいにやって欲しいです。


福留も胴上げに参加(大本営)
福留、FA宣言に前向き「自分の気持ちに素直に従う」(スポニチ)
福留は遠慮がちに場内1周(日刊)

福留「頑張った皆できょうという日を楽しんでもらいたいと思います」(大本営)
「決断に迷う?そんなことはない。
ドラフトと違って選べるのだから、自分の気持ちに素直に従えば後悔しないでしょう」(スポニチ)
「まだ何も決めていない。球団からも連絡はない。ボクは明日(2日)から(FAの決断期間)なんで、何もないです…」(日刊)

お前(呼ばわりしよう)、ドラフト(ゴネた後の2回目)は自分で選んでるだろうに。


前回日本一のOB杉下氏も祝福(日刊)
白井オーナー、スタンドの熱気肌で実感(日刊)
信子夫人も悲願日本一に感激(日刊)

杉下茂氏「中日がリーグ優勝するたびに、日本一を期待され続けてきた。それだけに、これで肩の荷が下りた」(サンスポ)
「もうとにかく、本当によくやりましたよ。
春のキャンプに2週間行きましたが、チームが一丸になっていて今年こそ日本一という思いを強く感じました。いの一番に落合監督によく頑張ったと、言いたいね。」(日刊)

与那嶺要氏「バランスのいいチームを落合監督がつくったと思う。投打ともにいいし1、2番の足がある。わたしの時(74年)には星野投手が直前にけがをしたのが痛かった。これから何度も日本一になれるのでは。」(サンスポ)

高木守道OB会長「半世紀以上遠ざかっていた中で、日本一を成し遂げたのは大変なこと。落合監督になって1年目からでも日本一になれそうだったが、3年間の経験と勝つ野球の徹底がようやく実った。中日はいまやV9時代の巨人のような存在になりつつある」(サンスポ)

白井オーナー「ドラゴンズを応援してくださったすべての方々に感謝したい。よくぞ名古屋で決めてくれた。歓喜のテープの筋を見て、胸がいっぱいになった。こんなにすばらしい年は今までになかった」(大本営)
「山井投手が完全試合をするんじゃないかという展開だったが、1-0で狙うのは危険なかけだと思っていたところ。いい采配(さいはい)だなと感心すると同時によくぞ名古屋で優勝を決めてくれた
。」(サンスポ)

西川球団社長「53年は長かった。それだけ厳しい関門があったということだが、ここで打ち砕いてくれた。一丸となって栄冠を勝ち取ったことは大きい。ドラゴンズの黄金時代がやってくると思う」(大本営)

根来コミッショナー「新たに衣替えした日本シリーズでしたが、両球団ともこれまでの伝統を引き継ぎ、日本一を争うにふさわしい熱戦を展開されました。中日に祝意と敬意を表し、日本ハムには捲土(けんど)重来を期待するところです。」(サンスポ)

豊蔵セリーグ会長「クライマックスシリーズ以降の中日の強さは圧倒的でした。日本シリーズでも、監督が選手を信頼し、普段通りの野球をするという落合流采配(さいはい)は揺らぎませんでした。全員でもぎ取った勝利でした。」(サンスポ)

落合信子監督夫人「選手の皆さんがよく頑張ったと思います。ありがとうございました」(大本営)


 





そのほかのドラゴンズの話題

高代コーチが退団、連覇へ大幅配置転換(日刊)

高代コーチが退団へ。
苫篠コーチが入団。
辻2軍監督が一軍昇格などのテコ入れがあるようです。
川相コーチが2軍監督になると
今季のベースコーチは二人とも入れ替えになるけど・・・

中日が西武・和田を獲得へ(報知)

ありがちな話

11・19ドラフト指名順位が確定(報知)

リーグ2位なので、ドラフトのウエーバー順はジャイアンツやファイターズより先の10番目




|

« D1-0F:NS-Game5(11.1) 大願成就 | トップページ | 中日ドラゴンズ2007名場面と選手たち クライマックス&日本シリーズ編 »

コメント

あの継投について『異議』を唱える権利があるのは、世界中でただ一人、8回までを完全に抑えた山井大介さんだけですよ。
私は違和感すら感じませんでしたが、賛否両論あるみたいですね。

それにしても某は打率.111でチーム最多の5打点ですか。
一体何者なのか未だに理解に苦しみます。
一人だけ韓国の旗を持ってたので、愛国者なのは分かりましたが、今年の成績でそれをするのは自虐行為のような気が……。。。

投稿: 可符香 | 2007.11.03 02:43

>>可符香さん

翌日になってビデオを見たのですが

山井のあのベンチでの笑顔を見て
批判できる人というのもすごいと思います
(おそらく見ていないか、見ないふりをしているのでしょう)

山井はいまごろ悔しがっていたとしても、
それはそれで『正しい姿勢』だと思います

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.11.03 10:20

もし仮に小笠原さん(や久本さんとか)の完全試合だったら、1人で投げきって欲しかった、と思ってしまいます。
これは特定の投手へのファン心理からです。

山井さんも心から喜んでいる事なのに、日本シリーズ優勝(日本一とは書きづらい)の歓びに水を差す意見を遺憾に思います。


しかし『日本一』へ今年も宿題を残してしまいましたね。
『オレ流とカモシカ流で解決す竜』のを楽しみにしています。

投稿: 可符香 | 2007.11.03 14:09

>>可符香さん

『宿題』はそれこそ、若手野手の底上げ次第なのでしょうね。
平田がこのままのびてくれてもよし、
ほかに堂上たちが食い込んでもよし

だれでもいいから05年の森野くらいまで達して欲しいところです

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.11.03 22:39

若手野手の底上げは確かに『宿題』ですね。
10年先まで勝てるチームを作る、と落合監督も仰ってますから。

個人的には走守に秀でた藤井さん(カモシカさんも☆)が飛び抜けてくれたら嬉しいです。
でも二人とも打撃が課題なんですよねぇ。

投稿: 可符香 | 2007.11.03 23:08

>>可符香さん

しかも英智まで含めて揃いもそろって俊足のクセに右打者ですからねぇ

立浪が控えに回って
福留次第では
左打ちのレギュラー日本人が森野だけって状況ですからね
そういう意味でも堂上剛に期待したいところです

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.11.04 11:50

藤井さんはスイッチヒッターだったような…。
カモシカさんは左打者だし、期待しましょう。

投稿: 可符香 | 2007.11.04 18:30

>>可符香さん

藤井も普久原もスイッチだったけど
あまりの打てなさに左打席を封印されているはず

普久原は最近見ていないので
ひっそりスイッチ再開していても不思議ではないですが・・・
たぶん今の練習量の中でスイッチ再挑戦とかないような気がします

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.11.05 06:15

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 史上初の継投での完全試合で日本シリーズ制覇:

» オレ竜采配! [羊、吠える ~本当にちょっとココだけの話~]
中日ドラゴンズ53年ぶりの日本一! オレ竜采配が波紋を呼ぶ! [続きを読む]

受信: 2007.11.03 17:52

« D1-0F:NS-Game5(11.1) 大願成就 | トップページ | 中日ドラゴンズ2007名場面と選手たち クライマックス&日本シリーズ編 »