« ドラゴンズ愛 | トップページ | 秋季キャンプ打ち上げ »

2007.11.23

すべてがFになる2 ~THE PERFECT OUTFIELDER

ルーキー合同自主トレで
福留モデルのグラブを新調してきた普久原が
3年のプロ生活を経て福留に認められるようにようになった?

しかし外野がうまいのは藤井と普久原って
まあ今更新発見でもないんだよな
3人ともイニシャルFつながりって程度で

このタイトルを使うのは2回目だから『2』
『頭文字F』よりイメージはしやすいなあと



ドラゴンズの話題

福留の後継者は普久原!? 直々の指名!!守りがウマイ(大本営)

普久原「福留さんには守りを教わったことがあるんです。右翼線の打球(ゴロ)をボクは正面で捕っていたけど『(体の)左側で捕れ』って。その方が二塁に送球するのがスムーズでした。すごく勉強になるんです」(大本営)

福留「守りがうまいのは藤井と普久原ですね。普久原? 動きにむだがないんですよ。ボールに対して、速いから」(大本営)

こういのが『わしが育てたフラグ』なんだが、
さすがにそこまではやるまい。


高江洲「きょうは昨日に比べるといい感じだったと思います。来季は春先につまづかないようにしっかりトレーニングします」(大本営)

今季の春先は腰痛で出遅れた
2年目の高江洲は8日連続のブルペン


井上、“孤独トレ”でレギュラー奪取 競争のため準備(大本営)
岡本、そば打ち楽しみ オーバーホールで英気養う(大本営)

井上「オレの立場は極めて厳しいと思っているよ。だからといって競争して負けない自信もある。競争するための準備はしておかないといけない。
このチームに愛着がある。ずっとプレーしたいと思っている。そのためにやらないと。
(12月は)イベントとか予定がぎっしり」(大本営)

岡本「いいリフレッシュになっています。賢一(中田)なんかは陶芸にハマっていますよ」(大本営)

オーバーホール組もリラックスしているようですね
(結局立浪は合流せず?)
24日はファン感謝デー


「さすが憲伸」 星野監督ホッ 4回1安打6K!完ぺき0封(大本営)
岩瀬から上原 2人で試運転!!セ界最強リレー(大本営)
憲伸“スーパーリリーフ”プラン“本番”で2番手待機(スポニチ)
星野監督絶賛!川上12・1先発任せた(デイリー)

川上「シリーズ以来で不安はありました。ストライクが入るかなと思ったんですが、腕は振れたし、1回が終わって、想像通りのピッチングができました。
もっと散らせば良かった。真ん中に集まりましたね。インコースを結構取ってくれて、あそこまで取ってくれるなら、ワイドに使えます」(大本営)
「次、投げるときはフィールディングとか(投手として)総合的なものをいかにこなせるか」(スポニチ)
「宮崎では周りに迷惑をかけた。早く、決め手となるような形を見せたかった」(デイリー)

星野代表監督(川上について)「非常に心配してました。シリーズ以来投げてなかったし。でも、球のキレ、コントロールを見て、さすが憲伸といった印象を受けました。でも、4回ですからね。6イニングだったら分からないですけど」(大本営)

岩瀬「投げた感触は良かった。順番? どんな感じになるからわからないけど、与えられた場所で頑張るだけです」(大本営)

荒木「与えられた働き場所で自分の長所を見せていきたい」(大本営)

『育てたジャパン』がオーストラリアに勝利
川上は先発で4回無失点
岩瀬は8回1イニングを三者凡退
荒木が代走から登場して盗塁
森野は代走から出場。8回はバント失敗のあと凡退


稲尾さん告別式 落合監督、涙(大本営)
落合監督、恩師との別れに涙(日刊)
鉄腕・稲尾さん、さようなら…告別式に1500人(報知)

落合監督「こういうの、苦手なんですよね・・・。福岡にね・・・球団を持ってくるということで、ユニホームを着た。それがかなえられなかったのは、今にしてみれば悔しかったのかもしれない。
(遺影の稲尾氏は)いい顔してました。できたら福岡で一緒にやりたかったですよ」(大本営)

落合監督が稲尾和久さんの告別式に出席。



福留“惜別”ファン100人に即席サイン会(読売大本営)
中日・福留“ケジメ”のサイン会…最後のサービス?(スポニチ)
福留は3時間の調整…練習後はファンに即席サイン会も実施(サンスポ)

福留「FA? 動きはありません。(代理人と会談する)29日までは、こんな感じだと思います」(中スポ)
「代理人に言いたいことはまとめている?頭の中では色々と考えている」(スポニチ)

この件に関して(一部)自主規制中





|

« ドラゴンズ愛 | トップページ | 秋季キャンプ打ち上げ »

コメント

カモシカ普久原さん、藤井さんに、ふぃでのりさんで、全てがFになりますね。
まぁF留さん残竜なら無理なく全てがFになりますけど。

来年は「打てなくても先の塁に進ませない」野球で、優勝す竜のです。
・2ベースの当たりでも、シングルヒット。
・深いフライでも、タッチアップする気さえ起こさせない。
・余所なら抜ける打球が、ことごとくグラブの中。
……そんな『超攻撃的外野守備』が見たいです。


私事になりますが、明日から修学旅行でバリ島に行ってきます。
帰ってきたらまとめてポジティブシンキングしたり、絶望したりしようと思います。

投稿: 可符香 | 2007.11.23 23:57

>>可符香さん

フィデノリ(笑)

ツボでした。

旅行は道中お気をつけて

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.11.24 19:58

お陰様で昨日、無事帰国致しました。

上記の3Fのうちせめて2人、常時スタメンで居れば、締まった守備が見られるのですけどねぇ。
打撃力の向上が望まれます。

投稿: 可符香 | 2007.11.29 13:34

>>可符香さん

藤井はプロ入り後、最大のチャンスなんでしょうね
意外な長打力のある打撃を何とかものにしてほしいものです

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.11.30 05:01

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべてがFになる2 ~THE PERFECT OUTFIELDER:

» タイトル考(24) [TIHAGEM!!]
『すべてがFになる2 ~THE PERFECT OUTFIELDER 』 ほぼそのまんま 森博嗣『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』です。 ちなみに『1回目』は05年の1月 森博嗣のデビュー作(4作目・・・ここらへんは文庫版の解説などにも書いてあります)で SMシリーズ1作目。 『理系ミステリィ』なんて言葉でくくられることがありますけど どこがどう『理系』なのかはよくわからない あえて言えば、『そういう分類』が文系的なのかと思う。 ... [続きを読む]

受信: 2007.11.23 21:31

« ドラゴンズ愛 | トップページ | 秋季キャンプ打ち上げ »