« D1-2YB(9.11)満塁敬遠 | トップページ | D1-7YB(9.12)日常光景 »

2007.09.12

2安打1点でどうやって勝てといわれれば、完封しろということですが、自責ゼロでも完封にならないこともあるわけで

ああ貧打。

山井見殺し
9連戦の緒戦を落としました。



ドラゴンズ1-2ベイスターズ

竜、わずか2安打情けねぇ 阪神敗れ1.5差変わらず(大本営トップ)
中日、貧打深刻…今季最少タイの2安打で3位転落(スポニチ)
オレ流あきれた2安打負け(日刊)
竜止まった3位転落!先発野手全員がノーヒット(報知)
落合竜 連勝止まり3位転落…(デイリー)

落合監督「負け方に惜しいもへったくれもないんだろうけど、きょうの投手に山井の1本だけというのを野手がどう受け止めるかだ。
その受け止め方によっちゃ、前に進める1敗になるか、それとも痛い1敗になるのか。あとは選手が自分たちで考えればいい」(大本営)

イ・ビョンギュ「山井のために勝ちたかった」(大本営)

中村紀「悔しいです」(スポニチ)

監督のこういう『問いかけ』に選手はなかなか応えませんねぇ。


痛恨失策ウッズ「オレの責任」(日刊)
ウッズ今季101四球 落合監督が持つ球団記録更新(スポニチ)

ウッズ「相手の投手とか言うよりもオレたちがふがいなかっただけ。初回からしっかりバットを振る意識がないと優勝なんてできない」(スポニチ)
「オレの責任。二塁を気にして打球から目を離してしまった。今日は三橋の投球がいいというよりもオレたちに敗因があった。初回からしっかりバットを振っていくという意識がなければ優勝はできない」(日刊)

ウッズのエラーから傷口を広げて2失点。
腰の状態もあるし、もともと下手だし
そういえば『痛いところでウッズのエラー』というのも久しぶりのような気はする


立浪意地の「クルーン撃ち」(日刊)

立浪「何もないです。明日につながる?そうですね。頑張ります。」(大本営)

立浪は9回の先頭打者でヒット
この場面を堂上にやらせたいんですよね
(井上がいないからの消去法なんですが)


井端、グラブで援護 再三の美技で山井をサポート(大本営)

井端「勝たなきゃしょうがないですよ。コンディション? ラストスパートですから。がんばりますよ。あと21勝します」(大本営)

井端は満身創痍なんでしょうけど・・・。
もう少し打つほう何とかならないかなぁ


上田「上がってすぐの打席だったし、打線が打っていない状況で出番をもらったので、何とか足がかりになればと思ったけど・・・」(大本営)

この日登録の上田は代打で凡退。


中田、快投12勝 四球わずか1! 球威も抜群、150キロ出た!(大本営)
山井、四球悔やむ 7回まで2安打の好投吹き飛ぶ(スポニチ)
山井力投も力尽き「僕の粘り負け」(日刊)
中日・山井、自責点0の好投も不運重なり3敗目「悔いが残る」(サンスポ)

山井「あの四球に尽きます。一発はない打者だとわかっていたはずなのに、逆に力んでしまった。あそこで歩かせるくらいなら、ヒットを打たれるほぅがよかったんです。
『ああ四球だ』って感じでもなく、気持ちはすぐに切り替えたつもりだったんですが・・・。
相手(三橋)のことは気になりませんでした。味方が必ずとってくれると信じて投げていましたから。きょうは、僕が粘り負けたということです。だから悔しいです」(大本営)
「(優勝争いは)ものすごい展開だと思う。ただ僕は入れ込みすぎるとダメなので与えられた仕事をやりたい」(日刊)

山井は7回2失点(自責ゼロ)


鈴木、3人斬りの好投(大本営)

鈴木「1点も許されない場面でしたけど、しっかり腕を振って投げられました。ああいう場面はけっこう慣れているので」(大本営)

鈴木は1回無失点。。



<ファーム:ドラゴンズ0-0カープ   

9.11(ナゴヤ)
C:|000|000|000| =0
D:|000|000|000│ =0



(投手リレー)
C:前田健(5)
-森(2) -大島(0.1) -梅津(0.2)-マルテ(1)
D:長峰(7)-石井(1)-金剛(1)  

(本塁打)
なし

引き分け (広島22回戦)(公式サイト)
長峰、2戦連続で好投 7イニングを無失点(大本営)

長峰「まずまずの出来です。良かったのはストレートとカーブ。スライダーのコントロールがバラバラでした。もう少し安定させたいです」(公式サイト)
「試合に勝つことだけを考えた。
コントロールが少し甘いところはあったけど、総合的にはよかったと思います。好調さは継続できています。
1軍? 当然それを目標にしていますから。」(大本営)

平田「故障の間はしっかりと走り込んだし、ウエートトレもやって体も大きくなったと思います。ケガする前よりよくなったと言われるように頑張ります」(大本営)

ファームはカープとスコアレスドロー

先発は長峰
7回7安打無失点

右肩間接唇をいためていた平田が実戦復帰
井上も3番ライトで出場1安打




|

« D1-2YB(9.11)満塁敬遠 | トップページ | D1-7YB(9.12)日常光景 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2安打1点でどうやって勝てといわれれば、完封しろということですが、自責ゼロでも完封にならないこともあるわけで:

« D1-2YB(9.11)満塁敬遠 | トップページ | D1-7YB(9.12)日常光景 »