« D1-3G(9.5)完全沈黙 | トップページ | D1-3G(9.6)〇七年型 »

2007.09.06

2安打1点でどうやって勝てといわれれば、完封しろということですが、世の中はそんな甘くないわけで

何とか好位置はキープしているものの、
いまひとつ『これ』といった波に乗れないでいるドラゴンズが変わるとしたら、
山本昌の勝利だと思っていたのですが

そうはうまくいかないものですね。
「昌に勝たせたい」とか
そういう類の甲斐性とは無縁の打線なわけで・・・



ドラゴンズ1-3ジャイアンツ 

竜、3位転落がなんだ!焦らない! 天王山第2R、2安打完敗(大本営トップ)
落合竜転倒…“完敗3位”打線自滅に指揮官落胆(スポニチ)
中日が5・15以来の3位転落…打線沈黙に落合監督サバサバ(サンスポ)

落合監督「きのうとまるっきり逆のパターン。あれだけ(木佐貫を)助けたら、気分よく放れる。野球のイロハ。ストライクを打って、ボールは見逃す。その逆をやるとこうなるんだ。
乗っていけない? 乗っていかなくって、ここにいるんだからいいじゃないか。」(大本営)
「力のないヤツは迷路に迷い込む。タイロンは一発で仕留めた。仕留められる状況に持ち込まないといけない。術中にはまった」(スポニチ)
「マサに勝たせてやりたいという気持ちがこういう結果になるのかな…」(日刊)

さ、これで次は川上の番です。
ここのところ朝倉に助けられっぱなしの
エース(建前上)はチームを救うことができるか?


マサ悔投…次こそ快投! 6回3失点「谷への1球が痛かった」(大本営)
山本昌、ショック!“4連敗7敗目”また勝てず…(スポニチ)
一転2安打完敗…オレ竜3位転落(日刊)

山本昌「谷選手のが痛かったですね。2-3になったところで、もう少し厳しいボールでいくべきだった。あれだけ残念ですね…。
最悪四球でも良かった? まあ、そうだと思います。
負ければ同じ。
また、次頑張ります。」(大本営)

雨天中止で一回飛ばし中13日の山本昌は
立ち上がり2回につかまって7敗目。

最悪の状況は抜け出しているようですが、
白星という形でひとつ報いたいんですよねぇ


ウッズ意地弾「他チームは関係ない」(大本営)
ウッズのG戦「不敗神話」もストップ(日刊)
ウッズ神話崩壊…竜3位転落(報知)

ウッズ「ストライクだけを狙っていた。完ぺきな打撃ができたよ。
きょうの木佐貫は素晴らしかった。切れがあり、制球も完ぺきだった。時には、こういう投球をされる日もあるよ。
他のチームは関係ない。とにかくウチが勝てばいい。勝ち続けるだけだ。まだチャンスはある? イエス。当然だよ」(大本営)

ウッズが33号ソロ


ノリも無安打に終わり…(日刊)

中村紀「(木佐貫は)コントロールよかったんちゃう?」(日刊)

森野「全部いいコースにきていた。」(日刊)

荒木(2ストライク後の打率が.239でリーグ6位)「確かに去年2ストライクからでも打てるということは分かりました。去年と数字はそれほど変わっていないんですね。
(2番は)1番を打つのと違いますが、打率が悪くなっているのはよくないです。そういう中でそういう数字は残せている。やれることをやっていくだけです。3位になりましたけど、優勝することしか考えてないです」(大本営)

英智 「初ヒットといっても関係ありません。勝たなきゃいけないですから」(大本営)

ほかの面々は英智のヒットでパーフェクトを逃れるのがやっと


石井が1軍に合流(日刊)

石井「昨日(4日)の夜に電話で1軍の練習に来いと言われました。まだ登録されるかどうか分かりませんが、チームの勝利に貢献したいです。」(日刊)

石井が一軍練習に参加。
しりに日がついた高橋と菊地はこの日は好投。


朝倉、5戦4勝で「月間MVP」…笑顔の初受賞(スポニチ)
谷繁が気合の早出特打(日刊)

朝倉「びっくりしています。
「調子が悪い時でも打者をどう抑えるか考えて投げた。それが4勝につながったと思う。チームはV争いをしているので、その流れの中で投げていきたい。」(スポニチ)

8月4勝、防御率1.10の朝倉が月間MVPを獲得


中日の入場者2百万人突破(デイリー)

ちなみに観客動員的には少なくなる地方開催は今年のほうが2試合多いです



<ファーム:サーパス8-0ドラゴンズ  

9.5(ナゴヤ)
SU|200|000|222|=8
D:|000|000|000│=0



(投手リレー)
SU:中山(3)
-○阿部健(2) -清水(0.1)-鴨志田(0.2) -吉川(1) -宮本(1)-軒作(1) 
D:●吉見(7)-デニー(1)-Sラミレス(1)

(本塁打)
SU:勝(7回)

完敗 (サーパス17回戦)(公式サイト)
森岡、一人気を吐く3安打 M5変わらず(大本営)

森岡「最近、振りが大きかったので、コンパクトにいこうと心掛けたことがよかったと思います。」(大本営)

高柳コーチ(森岡について)「打撃の調子が上がってきている。きのう、きょうといい。甘い球を一撃で仕留めているからね」(大本営)

吉見「絶対に点を取られてはいけないところでとられてしまった。」(大本営)

堂上剛「ゲームに出られたのはよかった。」(大本営)

ナゴヤに場所を移してのサーパス戦は完封で大敗。
先発吉見は7回4失点で敗戦投手
負け試合での中継ぎ投手は首の涼しい人が多くなってきましたねぇ
堂上剛、藤井、清水将といった一軍ベンチ組みも出場




|

« D1-3G(9.5)完全沈黙 | トップページ | D1-3G(9.6)〇七年型 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2安打1点でどうやって勝てといわれれば、完封しろということですが、世の中はそんな甘くないわけで:

« D1-3G(9.5)完全沈黙 | トップページ | D1-3G(9.6)〇七年型 »