« YB6-4D(8.5)勝越未満 | トップページ | 出場選手登録(8.6)中継ぎ篩い分け »

2007.08.06

QS(クオリティスタート)

QS
Quality start (when a pitcher goes six or more innings and allows three or fewer earned runs)
先発投手が6イニング以上投げ、かつ自責点3点以下の場合に記録
 
 

不調ながら引っ張りに引っ張った中田でしたが
同点の7回に勝ち越しの走者を残して降板。

リリーフの岡本が打たれて結局負け投手に



ベイスターズ6-4ドラゴンズ


中田、しっかりせい!! 4四球…もどかしい6失点KO(大本営)
中日、痛い連敗…先発・中田が期待裏切る6失点(スポニチ)
連敗竜しりに火Bクラス迫る(日刊)
中田6失点で6敗目(日刊)
落合竜、自慢の投手陣機能せず…3位阪神とゲーム差「1」(サンスポ)

中田「序盤にポンポンと点を入れられてしまって、リズムを崩してしまった。
昔から打たれている。いいところに投げても打たれているので、タイミングが合ってしまうのかもしれない。
2ストライクからの攻めですね。それが今後の課題です」(大本営)
「(村田、金城の)ホームランがもったいなかったです。何とか試合をつくろうと一生懸命投げたんですが…」(日刊)

落合監督「ゲームを作れなかった?先発の役割はゲームを作ることじゃないぞ。先発の役割はゲームを作ることじゃないぞ。勝ちにいくんだ。今のプロ野球のピッチャーは、12球団そこを勘違いしている。『ゲームを作ったので・・・』そうじゃない。勝ちにいくことなんだ。
マウンドに上がったらまずは完全試合だ。四球を出したらノーヒットノーラン。次に完封、そして完投。5,6回を投げて『つくりました』なんて価値がない。そんなピッチャーはいらん。
昔のピッチャーはみんなそういうよ。それくらいの気持ちがなけりゃ、こんな舞台で仕事はできない」(大本営)
「追い越せないとこうなる。今の力ではこうだということなんじゃないか」(日刊)

監督の発言を時代錯誤で片付けることもできるんですけどね。
かといってタイガースみたいなのを「正しい」とするのもどうかと思うし、
ま、QSそのものは日本では参考にもならない程度の数字ですけど

ただ完全試合はともかく、
完封そしてより失点を少なくというところは目指してほしいんです。
(ランナー出しても点を取られなきゃ
ソロ1本で0-1負けよりマシって発想に近いかな)

四球のせいでリズムがグダグダなのは事実としても、
この日の中田は4四球のうち、
失点につながっている四球は7回の村田のみ。
初回の失点(ここなんてそれこそ四球でいい場面)と、
4回の金城のソロホームランが試合展開的にもひどすぎる。
(きのうの小笠原も似たようなもの)

四球に関しては
状況によりますが、
よっぽどの『ノー感じ』でなければ
死球に比べて許せるし、
四球の数だけ取り上げて責めたくはないのですが・・・。

ま、中田の場合、
よっぽどの『ノー感じ』が多いし(苦笑)
きわどいところもボールにされるくらい
先入観がついちゃっているのでここからも苦労するとは思いますけど

完投できる投手だと思っているから期待はしているんですけどね。


岡本「自分の思っていたコースには投げられた。打ったほうがうまかったのかもしれないけど、打たれたはいけない場面だから。」(大本営)

岡本は吉村に決勝タイムリーを打たれました。
7回の頭から平井なり、岡本じゃねぇの?とか
あそこまでいったんだから中田に吉村にも勝負させろとか

思うところはありますが・・・


猛打賞2打点 堂上兄がいる!! はね返せGと3・5差(大本営トップ)
堂上剛3安打猛打賞の大暴れも敗戦に厳しい表情(スポニチ)
堂上剛、敗戦でキラリ3安打2打点(日刊)

堂上剛「先っぽだったけど、良い角度で(打球が)上がってくれました。打ててうれしいです。
あそこ(7回二死一二塁)で打たないと意味ないです。あんなにガンガン攻めて来るとは…。
知らないピッチャーばかりですけど、何球かは見られるので(ネクストの近くまで出ている)。
経験がないからやってるんです。あまりやり過ぎると怒られるんですけど…。でも、やらずに打てなかったら、もっと嫌なので」(大本営)

第4打席を悔やむところが
「試合を作った」の否定の打者版みたいなものです。

ただ投手と違って3割打ってナンボの世界と思えば、
それをどこまで求めるのかも微妙なところです。

堂上の同点タイムリー以降、
チームで無安打では勝ちようもないわけですが・・・


ウッズ、背中に張り 大事取り交代(大本営)

ウッズ「背中に違和感があった。深刻じゃない。監督と話して大事を取った。1日休めば大丈夫。
この前痛めたのと同じくらいのところだけど、前みたいなことはない
。」(大本営)

ウッズは痛みを訴えて途中交代。
こういう引っ込まれ方はスタメンからいないより堪えるよなぁ。


中村紀「(ファーストは)急な話でしたが何とか無難にこなせました。一塁ミット?新井のを借りました。できることをやっていくしかないですよ」(大本営)

中村紀は途中出場でファーストの守備に入りました。
森野との間のエンドラン失敗の間に盗塁も成功。

イ・ビョンギュ「結果的にチームが負けてしまったから、関係ない」(大本営)

2安打2四球で全打席出塁。
まちがいなく、春先よりはよくなっているんでしょうがねぇ・・・


ルーキー田中、連日の特訓にフラフラ…(日刊)

田中「やばいっす」(日刊)

一軍にいつ田中は連日の『特訓』



<ファーム:ドラゴンズ2-2カープ 

8.5(ナゴヤ)
C:|100|010|000|=2
D:|000|000|020|=2


(投手リレー)
C:前田健(7)-佐藤(0)-仁部(0)
 -カリダ(1) -林(1) 
D:樋口(5)-斉藤(1)-菊地(1)-デニー(1)-金剛(0.1)-小林(0.2)

(本塁打)
D:中村公(8回)

引き分け (広島19回戦)(公式サイト)
菊地1イニング3人ピシャリ シュート有効に(大本営)
菊池が1軍昇格のため五輪プレ大会の候補合宿辞退(スポニチ)

樋口「左打者にコントロールが悪かった。課題です」(公式サイト)

菊地「(合宿に)行っても、こちらに残ってもチャンスだと思っています。やることは一緒なんで。結果を出していくだけです」(大本営)

中村公「久々に芯(バット)に当たりました。手応えありでした」(公式サイト)
「久々に会心の当たりでした。(5回は)ライト前にヒットを打てたのがよかった」(大本営)

ファームは樋口が8安打を打たれながら、
相手の拙攻もあって5回2失点。

試合は0-2の8回に中村公の2ランで同点に持ち込み引き分け。

新井、堂上剛、田中、山井、吉見といった
今季を支えた面々がいないからファームは苦しいですね
まあこれでファームに戻ってきてもらっても困るのですが(苦笑)

3番手の菊地はプレ五輪候補の合宿をチーム事情で辞退。




|

« YB6-4D(8.5)勝越未満 | トップページ | 出場選手登録(8.6)中継ぎ篩い分け »

コメント

投手の役割は『勝ちに行く事』……確かにそうですね。
我らが小笠原さんは、ようやく『ゲームを作れる』レベルに達したので、次は『勝てる』投手を目指して欲しいですね。

と言う訳で…
絶望した!

・前回の好投が何だったのか疑問符が付いてしまう樋口投手。

8安打で2失点ってなんかのぐちんみたいですね。

投稿: 糸色望 | 2007.08.07 08:51

>>糸色望さん

小笠原が最悪のころの印象は
『ゲームを作って負ける投手』でしたから、
今季はここまでよくやっていますね。

樋口はピンチを内野ゴロで・・・という投球だったようですね。

野口も『勝てる投手』だったと思います。
大事な三連戦の緒戦とか
矢面に立たせたい投手ではなかったですが

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.08.07 14:27

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QS(クオリティスタート):

« YB6-4D(8.5)勝越未満 | トップページ | 出場選手登録(8.6)中継ぎ篩い分け »