« D0-2T(8.25)逸継投機 | トップページ | D6-3T(8.26)一進一退 »

2007.08.26

小笠原15奪三振も敗戦投手となる。

この週2回目のこの文章で

『うちの打線は自軍の投手をみて攻撃はしないようで(苦笑)』

小笠原をものの見事に見殺して完封負け。



ドラゴンズ0-2タイガース

小笠原、胸張れ15K みんな酔った 誰が責めるものか!(大本営トップ)
小笠原すまん 無援、屈辱のゼロ行進(大本営)
中日・小笠原、15Kの快投実らず 1日で首位陥落(スポニチ)
オレ竜打線沈黙…快投の小笠原見殺し(日刊)
小笠原15奪三振も「負けたら何も…」(日刊)
オレ竜采配、アレ!?15K快投の小笠原を岩瀬に代え失点(サンスポ)
小笠原15Kも…見殺し竜陥落(報知)
15Kでも小笠原負けた…竜陥落(デイリー)

落合監督「(継投は)岩瀬しかいないだろうな。ほかにいけるピッチャーいないだろ。ギリギリまで?我慢してない。代えるところじゃないから代えてないだけ。あのケース(8回無死三塁)で降りるピッチャーはいないだろ。
(『見殺し』が多いのは)なぜなんだろうな。多いな。いいピッチングしているよ。この前は立ち上がりから重そうだなって思ったけど、それくらいだろ。ゼロじゃ勝てんわな。
(交代機は)難しくない。あそこは1点もやれない。ってなれば。一番信頼が置けるピッチャーを使わざるを得ない。1点もやれないケースなんだから。
(小笠原には)何試合か借りを作っている。野手が頑張るでしょう。借りは返してもらわないと。野手が一番感じているんじゃないか。次はアイツが投げるときに点数を取るだろ」(大本営)

小笠原「15三振? 負けりゃ何もないんで。
前回、インコースの球が甘かったので、それを反省しました。まだ甘いところはありましたけど。」(大本営)
「天王山という言葉の使い方を知らないな。144試合目で優勝が決まるならいくらでも使え。でもまだ30試合以上もあるぞ」(日刊)


谷繁
「立ち上がりからどの球もよかったです。
悪いことをしました。点を取ってやれずに。次は何とか勝たせてやりたいです」(大本営)

ウッズ「小笠原は今季で一番、いやことし投げた中日の投手の中で一番の投球だったかもしれない。打ちたかったが、今日はストライクゾーンが広すぎて、ノーチャンスだった」(大本営)

小笠原は9回だけ見ると
打たれた2安打は両方とも追い込んでからなんですよね。
8回あたりの投球を見ると
そこまで望むのはこくなんですが
浜中とシーツのどちらかひとつでもアウトにしたかったですね。

この日は右打者のアウトコースがよかっただけに惜しかった。


岩瀬踏ん張れず「何とかしたかった」(日刊)

岩瀬「それは分かって行っているわけですから。小笠原のためにも何とかしたかったけど、それができなかった。
何とか切り替えたい」(大本営)

岩瀬の継投機については
「満塁はないだろ」というところかな。

林に投げたのは低い悪くないボールだったけど
1-2になって少しばかり四球意識したかもなぁ。
(そんな状況でも空振りをとれる球を投げていた時期があるだけに少しさびしいのですが)
そのあとについては論外だけど。


堅守よみがえらせた「ライト英智」 球団タイ13試合連続無失策(大本営)
英智スーパーキャッチならず(日刊)

英智「いい仕事ができました」(日刊)

大本営の記事を見ていると、
消去法でセンターがあの人しかないってことになっちゃうんだよなぁ(苦笑)。


荒木「東京ドームから感じはよくなっています」(大本営)

荒木は2安打


虎キラー中田が最終調整(日刊)

中田「別にどこが相手ということは意識していません。いつも通り、普通に投げるだけです」(日刊)

中田が26日の先発。



<ファーム:ドラゴンズ0-3ジャイアンツ  

8.25(岡崎)
G:|300|000|000|=3
D:|000|000|000|=0



(投手リレー)
G:○深田(6.1)
-東野(1.2)-S真田(1)
D:●佐藤充(4)-斉藤(2)-小林(1) -鈴木(1) -石井(1)  

(本塁打)
なし

巨人戦、完封負け (読売1回戦)(公式サイト)
堂上弟、26日ぶり実戦 2軍交流戦 巨人に完封負け(大本営)

堂上直「(深田さんが)コントロールが良かったので打ち取られました。あそこで打っていれば流れが変わったかも…。
全力で振ることができました。結果は良くなかったけど、もう大丈夫です。あすからも全力でいきます。」(大本営)

ファームは岡崎でイースタンとの交流戦・ジャイアンツ戦。
先発の佐藤充が立ち上がりつかまって4回3失点。
打線は5安打完封負け。
堂上直が約一ヶ月ぶりの実戦復帰

川井は6回を4安打1失点。
打線は1安打で完封負け




|

« D0-2T(8.25)逸継投機 | トップページ | D6-3T(8.26)一進一退 »

コメント

昨日の内容なら小笠原さんと心中しても良かったかも知れませんね。
奪三振のリーグ記録も塗り替えられたかも知れませんし。

左腕で15奪三振って今中さんみたいですね。
今でも今中愛してる〜♪

投稿: 可符香 | 2007.08.26 21:43

>>可符香さん

過去の記録がいろいろ出てきますが

今中も野口も16奪三振の経験があるんですね
毎回奪三振に至っては今中は3回(しかも1年で)あるのに驚くばかりです。

強烈すぎるなぁ>今中

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.08.27 00:06

93,94年の今中さんは『神』でしたね。
守道老の酷使(中日今中今日中三日)が無ければ、今でも現役で活躍していたかもと思うと残念でなりません。
あの人を小馬鹿にしたようなスローカーブが大好きでした。

晩年のMax127km/hというストレートの球速を見た時は何とも堪らない気持ちになりました。
あんな気持ちを『絶望』と呼ぶのでしょうね。

投稿: 糸色望 | 2007.08.28 00:53

>>糸色望さん

今中のスローカーブが中村のミットに届くより先に
今中は三振を確信してマウンドを降りていた、・・・は言いすぎですが

それに近い印象はありました。

たしかにナゴヤドームで投げる今中を見たときはさびしくなりましたねぇ。

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.08.28 19:02

言い過ぎではありませんよ、しょっちゅうやってましたし(笑)
スローカーブがミットに届くより先にマウンドを降りる傲慢さが好きでした。
今でも今中愛してる。

投稿: 可符香 | 2007.08.29 00:02

>>可符香さん

今中はすべてにおいて絵になりましたね。
ああいう投手は見ていて楽しいです

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.08.29 22:36

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原15奪三振も敗戦投手となる。:

« D0-2T(8.25)逸継投機 | トップページ | D6-3T(8.26)一進一退 »