« D7-2G(8.12)先発完投 | トップページ | 中6日から中5日にシフト? »

2007.08.13

投打に圧倒して、首位と2.0G差

4番タイロン・ウッズの2本塁打に、
先発中田賢一は2失点完投。

ナゴヤドームでの首位攻防3連戦は、
2勝1敗で勝ち越すことができました

(帰省中なのでWEBにアップされていない記事はなし)



ドラゴンズ7-2 ジャイアンツ

ウッズ 2ラン2発G破壊 首位攻防勝ち越し!2差(大本営トップ)
中日、巨人に連勝2差に迫る ウッズが2発で2冠(スポニチ)
オレ竜大技小技でG倒2差接近(日刊)
ウッズご満悦2発!中日が首位攻防勝ち越し、巨人に「2」差(サンスポ)
ウッズ2発!G戦9発!打てば無キズ6連勝(報知)
“早起き効果”でウッズお目覚め2発(デイリー)

ウッズ「今日はとてもいい感覚で打てたんだ。
ちょっとビデオを見て研究したんだ。
確認するのはバッターボックスでのスタンス、アプローチ、スイングなど、単純なことなんだけどね。
巨人はいい投手がそろっていて、ほかのチームと違ってストライクゾーンで攻めてくるからね。
夏だから、セクシーボディーにしないとな。ガッハッハ。」(大本営)
「いつも打席で自信がなくなった時にそれ(ビデオ)を見るんだ。それを見てライト方向に打とうと思った」(日刊)
「好きな8月に本塁打量産? そう願ってるよ」(報知)

落合監督「タイロンは今月初ホームランか。そういう印象はないけどね。よく歩かされているという印象はあるけど…。だから(5番)森野を動かせないんだよ。
はじめてか? もう(スクイズのサインを)出さないよ。」(スポニチ)
「あれだけ満塁で点が入らなかったのが、コーンとホームランで点が入れば流れていくんだ」(サンスポ)

ウッズはお得意の右打ちのホームラン2本



中田真っ向勝負で自己新9勝目(日刊)

中田「ヒットは打たれたけど、ドンドン押した。気持ちの入ったボールが投げられた。受身じゃなく攻めた。
ずっと自分の投球ができない悔しさがあった。
多少の進歩はあった思う。こういう試合を1つでも多くしたい。」(日刊)

落合監督(中田について)「よっぽど横浜戦の交代がいい薬になったのだろう。この打線には逃げたらやられるよ。」(日刊)

中田が完投勝利。
この人のコントロールって
メンタルのせいなのか、テクニックの問題なのかイマイチわからんのですよねぇ。
いわゆる『チキン』ではない印象ですが・・・


「夏男」李炳圭ライナー弾(大本営)
李が14戦ぶり豪快弾(日刊)

イ・ビョンギュ「初球のストレートを狙っていった。いい形で打つことができたね。
状態はよくなっているんだ。夏は強いよ。これからはチームとして大事な時期。いい仕事をして勝利に貢献したい。」(大本営)

イ・ビョンギュが5号ホームラン。
どんどんハードルが低くなっていて、
これくらいでも『前半よりマシ』ってことになっていますが
それでも2番を任せるレギュラーとしては物足りないことこの上ないんですよね。


森野が好守でユーティリティぶり発揮(日刊)

森野「好プレー? 僕は守備のことは別にいいですよ。とにかく堅実に守ることしか考えていませんから」(日刊)


荒木、特打で落合監督から指導(大本営)

荒木 「練習をした方が落ち着きますから。監督からも教えてもらったし、来週はよくなると思います」(大本営)

荒木は守備固めで出場。
試合後は居残り特打。


前夜のヒーロー堂上剛に取材攻勢…(日刊)

堂上剛「昨日は寮に戻ったら両親がいたので少し話しました。おめでとうと言われました」(日刊)

見ていないんですけど、週末のローカル番組の様子はわかるような気がします。
個人的には(別に愛知出身でもないので)地元出身のスターなんてのは
どうだっていいことなんですけど



<ファーム:ドラゴンズ5-1タイガース   

8.12(敦賀)
T:|000|000|010|=1
D:|020|102|00X|=5



(投手リレー)
T:●岩田(5)-相木(1)
-田村(1)-正田(1)
D:○久本(6)-鈴木(2) -石井(1)

(本塁打)
D:上田(2回)

阪神に3連勝 (阪神18回戦)(公式サイト)
久本 復活へ快投 ウエスタン首位決戦虎に3連勝(大本営)

久本「今までの先発とは意味合いが違った。不調で2軍落ちして、調子が悪い中での先発だったんで、これをいいきっかけにするために『絶対にやらなくちゃ』と思って投げた。今後につながる投球ができたと思います。
先頭打者への四球など、納得いかない部分もあったんですけど、良いときの力感がありました。これを継続して、また、上に呼んでもらえるようにしていきたい。」(大本営)

上田「相手先発が左だったんで、ボールの見方とか、打席の入り方とかチェックしながら打ちました。いい方向に向いていくことをつねに考えてやっているので、結果が出せたことはよかったですね。暑い中で若い子たちが頑張っているし、出させてもらったときは全力プレーを心掛けてます」(大本営)

ファームは首位攻防戦の第3ラウンドは
敦賀で行われ、タイガースに3連勝。

ファーム降格後、再び先発した久本が6回無失点の好投。
上田が先制本塁打を含む3安打猛打賞。



そのほかのドラゴンズの話題

福留、今週中にもロスで右ヒジの軟骨除去手術(スポニチ)
中日・福留、右ひじ手術決断…レギュラーシーズン出場は絶望的(サンスポ)
福留がロスでの右ヒジ手術決定(デイリー)
福留、右ひじ手術へ 米国で14日以降に(共同通信)

なんとなくベイスターズ→マリナーズの佐々木を思わせるパターンだなぁ




|

« D7-2G(8.12)先発完投 | トップページ | 中6日から中5日にシフト? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投打に圧倒して、首位と2.0G差:

« D7-2G(8.12)先発完投 | トップページ | 中6日から中5日にシフト? »