« S4-5D(7.28)連敗脱出 | トップページ | S1-2D(7.29)新星剛砲 »

2007.07.29

逆転で連敗ストップ

4点のビハインドも、粘り強く戦って逆転。
これで後半戦初勝利、連敗も4でストップしました。

首位ジャイアンツとは1ゲーム差。
流れを変える事はできるか



スワローズ3-4ドラゴンズ

落合監督「楽して勝つチームじゃない。ずっとこういう中でやってきた。それで去年までの戦い方を思い出してくれればいい
(岡本、岩瀬は)苦しみながら抑えてくれたじゃないか。完璧に3人で終わるなんてそうはできないんだから。
こっちがいわなくても、ウチの選手は、自分たちの野球をやれば勝てるって知ってるさ。
やるべきことをやって負けるのは仕方ない。でも、やらないと悔いが残るからな」(大本営)

たしかにそんなに楽な勝ち方は、できないチームですね。
しかし、そういう時って、(川上を中10日以上空けてみたり、6人同時調整でかく乱しにいったり)ローテーションで小細工したときって印象が強いんです。

先発投手陣が不安だからできるだけいい条件で・・・ってことなんだろうけど・・・


森野!ノリ!0-4から大逆転 竜連敗止めた、再び1差(大本営トップ)
中日逆転勝ち「連敗止めた!」ノリが気合のV撃(スポニチ)
森野「29歳のバースデー」2安打&好守備で祝う(スポニチ)
ノリ決勝打!オレ竜逆転で連敗止めた(日刊)
仕切り直しだ!ノリV打!竜後半戦初白星で落合監督もホッ(サンスポ)

中村紀「いいタイミングで打てました。最後の球は甘かったですね。勝てばいいんです。あしたもこの流れでいければ。
勝つのは難しいね。
森野は誕生日だし、いいプレーをしたから(ヒーローインタビューは森野に譲った)。
あしたも勝ちますよ。」(大本営)

森野「いつもウッズが歩かされるので、意地でも打ってやろうと思った。いつもいつも打てないのでは情けないですからね。
ひとつ勝ったことが大きい。」(大本営)
「プロに入って良いプレーできた誕生日がなかったんで良かったです」(スポニチ)

7回ウッズ敬遠後、森野、中村紀の連続タイムリーで逆転。
森野は9回無死二塁で宮出の送りバントを三塁封殺。
バントをこういう形で封じるのは久しぶりに見た気がする(苦笑)


イ・ビョンギュ「セーフティバント?韓国ではやっていたことだよ」(大本営)

バントしたり、いろいろやってますね。
いろいろと頭にくるんですが、
続いているうちは動かせないか


谷繁 一発より光る「当たり前」遊ゴロ(大本営)

谷繁「(本塁打は体が)勝手に反応してくれました。完璧(かんぺき)? そうですね。
(6回は)二遊間が後ろに下がっていたのはわかっていたから、そこに(ゴロを)打てば何とかなるなと。もちろんヒットが打てればベストだけど、最低でもそうしようとは思っていました」(大本営)
「絶好機だったので、なんとかヒットでつなぎたかった」(日刊)

谷繁は追撃の2点本塁打に
打点つき内野ゴロ。
6回はドラゴンズなら前進守備はしていただろうな。
(そのせいでヒットになったかも知れないけど)


小笠原「先に点を取られて申し訳ない。走者を出しても粘り強く投げたかった」(大本営)

先発小笠原は5回4失点


クルス、今季8試合目で初勝利 「最高にハッピー」(大本営)
クルスが来日初勝利(日刊)

クルス「自分のことより、チームが勝ったことがうれしいよ。劣勢の展開だったけど、自分が抑えれば逆転してくれると信じていた。本当にそうなった。最高にハッピーだ。
難しい場面? 相手のことは考えず、自分の仕事に集中した。それがよかったと思う。
まだまだ。もっといい投球をしたいね。」(大本営)

クルスは1回無失点で来日初勝利。


平井「投げてみないといいか悪いかわからない状況ですけどね。きょうは自分の投球ができました。これを続けたいですね。」(大本営)

平井も1イニング無失点


岡本「最近の中では腕が振れたぶん、力んでしまいました。とにかくチームが勝ってよかったです」(大本営)

岡本は大本営にも「右ひじが万全でない」ってさらっとかかれていますね。
微妙な継投に入ったときはまずここを疑うべきなのか?


守護神復活!岩瀬面目の26S「リーグトップタイ」(スポニチ)
岩瀬苦しみながらも26セーブ目(日刊)

岩瀬「ずっと連敗していたから、なんとしても勝ちたかった。気持ちだけは負けないようにと。2度の盗塁?打者を抑えればいいことですから。」(大本営)
「やるか、やられるかなんで」(スポニチ)

岩瀬は26セーブ目
大本営で小松が岩瀬にモデルチェンジを求めていますが
(彼らしく具体的にどうというのはないです)

ストライクゾーンに入れてくるスライダーとか
かなり投球スタイルは変わっているんだよなぁ。

たぶん3年前の岩瀬の解説してるんだよな>小松

今後も守護神を続けるとして、いじるとしたら、
このオフのトレーニングとか食事面とか肉体改造(で、球威の回復)だとは思う
ワールドウイングとかいってはいるけど、
コメントとか見る限りは岩瀬ってこういうのは
(自分からストレスの要因を取り込まないために)かなり無頓着に近い印象はある。


中村公「いろいろ話を聞いたり、ビデオを見たりして、フォームを変えました。数年前の福留さんを意識しているんです。
チャンス?そうですね。でも、チャンスというより、必死です
」(大本営)

中村公は普通にラストチャンスだとは思う。
左投手のときに藤井2番(井端3番)、中村公7番あたり、一度やってほしいけど・・・
さすがにそこまでできる時期でもないか



<ファーム:ホークス11-4ドラゴンズ

7.28(雁ノ巣)
D:|003|100|000|=4
H:|000|800|30X|=11


(投手リレー)
D:●佐藤充(3.0)-石川(0.1)-小林(0.2)
 -清水昭(2.1)-石井(0.2)-斉藤(1) 
H:○大隣(6)-藤岡(1)-山村(1)-小椋(1)

(本塁打)
なし

佐藤充、フォーム修正OK 3イニング0/3を5失点(大本営)

小林コーチ(佐藤充について)「課題だったフォームの修正もできてきている。球は走っていた。あとは結果がついてくれば、本人も自信を持ってできると思う」(大本営)

柳田(3安打)「これからも続けていきたいですね。どんどんアピールしていきたいと思います」(大本営)

ファームはホークス戦
公式戦は2ヶ月ぶりの先発の先発佐藤充が4イニング目
4番手の清水昭が3イニング目にそれぞれつかまって、
ホークスに大敗。

打線は柳田が3安打、
渡辺は指名打者で4打数2安打






|

« S4-5D(7.28)連敗脱出 | トップページ | S1-2D(7.29)新星剛砲 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆転で連敗ストップ:

« S4-5D(7.28)連敗脱出 | トップページ | S1-2D(7.29)新星剛砲 »