« 07年前半戦・選手短評(野手編) | トップページ | 07年前半戦・他球団短評(ドラファン視点) »

2007.07.22

井端の言うことを話半分に聞いたら200万の半分獲得

オールスターで「ホームラン狙い」を公言していた井端が
2安打2打点で優秀選手賞を獲得し、
MVP200万の半分の100万円を手にしました。



<ASG:セントラル11-5パシフィック> 

落合監督「たまたまこういう(2連勝という)結果になったが、この2試合でプロのスピードとパワーを存分に楽しんでもらえた。
無事選手を帰せて良かった。」(大本営)
「田中?人様のところは分からん」(スポニチ)

セントラルが2連勝で高校生ドラフトのウエーバーの優先権獲得。


井端、ご褒美100万円 2試合連続フル出場!2安打2打点!!(大本営)
オレ竜ナインが大暴れ 井端が初の優秀選手賞獲得(スポニチ)
井端、マー君打ちで100万円いただき(日刊)
仕事がキッチリ中日勢!落合監督は無傷の球宴通算4連勝(サンスポ)

井端「本塁打を打ってない僕が(賞を)もらっていいんすかね…。本塁打を打たないと、もらえないと思っていました。2回ともランナーがいてくれたおかげです。
最後に甘い球がきてくれました。
栗原(広島)と青木(ヤクルト)が『監督と話したい』と言っていたので、間に入ってあげました。
100万円の使い道? これから考えます。」(大本営)
「早めに打たないと(雨が)もっと降ってくると思った」(スポニチ)

井端が2安打2打点


ウッズ2試合連続4番&安打(日刊)

ウッズ「楽しかったよ。田中は低めに球が決まるいい投手だけど、甘い球をうまく打てた」(大本営)
「2-0とリードされていたし、何とか塁に出ようと思った。田中?きょうは甘く入ったから、得点が入っただけさ」(スポニチ)

ウッズは1安打。


福留は出番なし(日刊)

福留「何とかひと振りでファンに喜んでもらえるように頑張ります」(日刊)

福留は一塁コーチとしての登場のみ。
再開直後もスタメンは苦しそうな記事が大本営にはありますが・・・・
森野ライト、福留レフトとか強引な布陣はありうるのか?


中田、球宴初出場 2イニング3K 真っ向勝負MAX151キロ(大本営)

中田「相手が真っすぐ狙いのところに真っすぐを投げて通用した。よかったですよ。初めての球宴? 楽しかったです。
賞? 意識したわけじゃないんですけどね。まあ、仕方ないです。」(大本営)

中田は2イニング1失点。


森野「こんなにいいことばかりでいいんでしょうかね。
スターの道を歩んでこられた方がたくさんいて、その中で野球ができたことはこれからのプラスになります」(大本営)

森野はレフトでスタメンして1安打
両チーム2試合を通じて唯一の四球もありました。



そのほかのドラゴンズの話題

堂上弟 “パワ振る”です いざ後半戦!1軍練習開始 (大本営)
堂上直、1軍練習に参加 パワーアップした姿見せる(スポニチ)
堂上直、1軍練習で長打力アピール(日刊)
田中が1軍練習に参加(日刊)

堂上直「緊張はしてなかったけど、こんなところで練習できてうれしいです。
きょうは一番よかったです。めちゃくちゃ飛んでた。いま調子がいいんでそれを見せられたかなと思います。

「きょうはメチャクチャ良かった。(春季)キャンプの時よりは遠くに飛ぶようになった」(スポニチ)
「こんなに早く1軍で練習できるとは思わなかった。気を抜くところはないので、全部アピールしたい。やってやろうという気持ち」(日刊)

高代コーチ(堂上直について)「捕球体勢やスローイングは春と雲泥の差」(大本営)
「ボールに対するバットの出かたが良かった」(スポニチ)

田中「気持ちいいです。
明日からはシートやノックもあるみたいなので、キャッチャーとして落合監督にアピールしたい。1軍投手の切れのある球を捕れるかどうか、それが自分の課題です」(大本営)
「「辻(2軍監督)さんに『練習に参加してこい』と言われました。肩(の強さ)だけでは使ってもらえないので、守備全般をアピールしたい」」(日刊)

田村コーチ(田中について)「捕球体勢やスローイングは春と雲泥の差」(大本営)
「スローイングは(2月の)キャンプに比べてコンパクトになった。明日以降もしっかり見るつもり」(日刊)

堂上直、田中が一軍練習に参加


浅尾「あれ(持久走)はきつかったです。大変でした。
結果を出してはやく1軍に戻りたいと思います」(大本営)

ファームの練習再開。


吉見「(登板が流れたのは)仕方ないです。天気はどうしようもないですからね。チャンスはあると思うので頑張ります。
(4月は)調子は悪くなかったんですが、何で結果が出なかったのかビデオで見たら、体の開きがはやかったんです。
(ファームで)納得いく投球ができるようになった。
川上さんはピッチングにしても、キャッチボールにしても、力まず、100%のところにリリースポイントがある。あれを見て盗もうと思いました。
いいといっても1軍と2軍では違いますからね。どんなときでも自分のピッチングができるか、悪くても最低限の仕事ができるかを考えて投げています」(日刊)




|

« 07年前半戦・選手短評(野手編) | トップページ | 07年前半戦・他球団短評(ドラファン視点) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井端の言うことを話半分に聞いたら200万の半分獲得:

« 07年前半戦・選手短評(野手編) | トップページ | 07年前半戦・他球団短評(ドラファン視点) »