« F2-3D(6.16)四番福留 | トップページ | F1X-0D(6.17)無惨零敗 »

2007.06.17

命綱3本

ウッズ不在のため
4番に福留を据える苦肉の策の新打線で
臨んだファイターズ戦は競り勝ち

川上以降の
平井、岡本、岩瀬の
勝ちパターンリレーが
試合の流れをせき止めました



ファイターズ2-3ドラゴンズ 

中日・川上、エース対決制し6勝目も内容に不満(スポニチ)
オレ竜おきて破りさい配で天敵ハム攻略(日刊)
中日・川上、チームメートに感謝…トップタイの交流戦11勝目(サンスポ)

川上「僕はヒーローじゃないですよ。リリーフもよく抑えてくれたし、打線もよく打ってくれた。みんながヒーローです。
いい意味で(ダルビッシュを)意識しましたね。
あのとき(6回は)は1点を守るのか、点差を考えて投げるのか、整理できなかったんです。きょうは変な緊張感の中で投げていた。結局あの回が後々響いてしまいましたね。
チームが勢いつく勝利じゃないですかね」(大本営)
「7回にピンチを作ったのが、後々響いてしまった。一発を打たれてはいけない場面で打たれたことが自分としてはふがいない」(日刊)

川上は珍しいイニング途中の交代。
なんというか対稲葉に関していいイメージがないんだよなぁ


平井「結果的には三振でしたけど、1点とられても同点。大きいのだけは打たれないように・・・。そう思って投げました。憲伸だからないと思ってましたけど、一発打たれて準備はしていました。行けと言われたらキッチリと投げなきゃね。
とにかく結果が出てホッとしています。気持ちは入っていましたから」(大本営)

岡本「腕が振れていてよかった。30試合できたんで40試合と続けていきたい」(大本営)

岩瀬、貫録3人斬り パーフェクトリリーフで17セーブ(大本営)
岩瀬完ぺき17セーブ(日刊)

岩瀬「リズム良く投げられた。球の切れもよかった。
思ったところに投げられるようになってきた。
(平井の投球を見て)“おれもやらないと”という気になった。」(大本営)

勝ちパターン3投手は好リリーフ


4番福留 ダル撃ち!ハム退治!! 3年ぶり大役いきなり先制二塁打(大本営トップ)
福留、3年ぶりの4番で快音 初回に先制二塁打(スポニチ)
福留、3年ぶり4番! 先制打!(日刊)
“代役4番”福留が天敵ダル打った(デイリー)

福留「いいところで打ててよかったです。
4番目、っていうだけだよ。
そのうち(ウッズが)帰ってくるよ。」(大本営)

福留が先制タイムリーツーベース


井端、しぶとく3点目(大本営)
井端が値千金内野安打(日刊)

井端「スライダーです。その前にミスしたので、何とかできて良かった。ラッキーです。」(大本営)

井端が3点目の内野安打。


沢井「役割は果たせました。でも守備に悔いが残りました」(大本営)

荒木抹消後スタメンの続く沢井、
好走塁で3点目の得点。


ウッズ、2試合連続で欠場(日刊)

ウッズ「痛みは和らいだ。
まだ張っているからプレーは無理。
こういう治療をすれば2、3日でよくなると思う」(大本営)
「今日のプレーは無理だ。まだ痛みがある。
2、3日で良くなると思う。遠征でもどこでもいくつもり。」(日刊)

ウッズは欠場。


川相コーチ「(若手が)上に来て求められるのは、キッチリ守れることや、バントやヒットエンドランができることなど。その意識を持ってほしい。」(大本営)

沢井「(慣れない守りに)戸惑いはないです。試合で出ていなくても準備していますから」(大本営)

柳田「内野は全部守る気でいます。」(大本営)

今現在は沢井と柳田が1軍。
ここはいい争いをしてほしいのですが・・・
今はどんぐりの背比べってところだなぁ


ノリ、復活へ徐々にペースアップ(日刊)

中村紀「動きの方は問題なかったですね。100%走れるまでは、打撃、守備とやれることをしっかりやっていきたい。」(大本営)
「動き? まだまだあのくらいでは…。でも動けてるね」(日刊)

中村紀は30分のノックを受けました
交流戦終了後に合流できればいいのでしょうが
前倒しもあるのか?



<ファーム: ドラゴンズ 6-2サーパス 

6.16(ナゴヤ)
SU|000|000|011| =2
D:|000|100|50X| =6


投手
SU:●中山(5)
-山口(1.2)-香月(0.1)-柴田誠(1)
D:○吉見(9) 

本塁打
D:堂上剛(7回)

吉見完投勝利(サーパス8回戦)(公式サイト)
堂上兄 4の4大暴れ 1号2ラン(大本営) 
堂上剛、2軍戦で1号2ラン含む4安打(日刊)

吉見(先発9回2失点)「最近、調子が今一つなのでコースに腕を振って投げようとしたのが、良かったと思います。ストライクが先行したしコントロールも良かったです。右打者のシュートが思ったとおりに投げられました。」(公式サイト)
「調子がよくなかったので、コースに投げるように意識したことが、7回まで点を取られなかったことにつながったと思う。」(大本営)

辻2軍監督(吉見について)「きょうはパームボールがよかった。一番安定しているピッチャーだね。(1軍から)誰と言われれば吉見がイチオシと言いますよ。」(大本営)

堂上剛(4の4、1HR)「引っ張りに行かないのが良いと思います。センター中心に心掛けているのが。タイミングを早めに取るのも合って来ています。」(公式サイト)
「(本塁打は)感触はほとんどなかったです。もっと飛ぶかと思いました。
経験も生きていると思います。またチャンスがもらえるようにしっかり取り組んでいきたいと思います」(大本営)

辻2軍監督(堂上剛について)「自信をつけているというか、余裕を感じる。」(日刊)

ファームのサーパス戦
吉見は無四球完投で4勝目。
堂上剛が4の4の大暴れ
新井、森岡も打点
荒木登録の直前に落とされた若手3人は
普通に一軍で使ってほしいなぁ




|

« F2-3D(6.16)四番福留 | トップページ | F1X-0D(6.17)無惨零敗 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命綱3本:

» 球史に残る名選手― (74) [ プロ野球狂の詩]
島野 育夫 (しまの いくお) 相変わらずの貧打ながら ドラゴンズ戦を何とか5分で乗り切る事ができた。これもひとえに昨日、今日とボクが札幌ドームで必至に応援を続けた賜物なのだ。(なんのこっちゃ) 今日はその痛み分け... [続きを読む]

受信: 2007.06.17 21:01

« F2-3D(6.16)四番福留 | トップページ | F1X-0D(6.17)無惨零敗 »