« H3-4D(6.2)綱渡継投 | トップページ | H4-1D(6.3)一進一退 »

2007.06.03

福留と井上が久しぶりのヒットでホークスに先勝

福岡ドームでのホークス戦は
中盤の逆転から
ヒヤヒヤものの継投で逃げ切り

福留と井上にも久しぶりのヒットが出て
上昇気流に乗っていきたいところ



ホークス3-4ドラゴンズ

福留も出たぁ~!! 32打席ぶりヒット(大本営)
中日福留“復活”32打席ぶり快音!鮮やか二塁打(スポニチ)
福留32打席ぶり安打!竜交流戦貯金(日刊)
福留の逆襲だ!32打席ぶり安打(デイリー)

福留「1本出た? うん。これまでと気持ちは違う? うーん…」(大本営)

福留の32打席ぶりのヒットは左中間へのツーベース。
もっとも突如打ち出すかどうかって感じでもなさそうな・・・


井上 出たぁ~!!今季初安打が同点打 竜ヒヤヒヤ30勝到達(大本営トップ)
井上が今季初安打「やっとスタート」(日刊)
中日、ソフトバンクに競り勝つ…不調の井上&福留が貢献(サンスポ)

井上「いいところで初ヒットが出てうれしい。やっとスタートが切れました。
(ガトームソンとの相性は)意識しなかった。どんな投手でも打たなきゃいけないから。
ヒットが出なくて苦しかった? そうだね。これから頑張りますよ。」(大本営)

井上の今季初安打は
2-0から低めの球を『らしい』バッティング
この人がヒットできるゾーンというのは全くもってよくわからん。


森野が決勝の7号2ラン(日刊)

森野「うまく打てました。いいほうに出ているんでよかったです。
状態は悪くはないんですけど、良くもないんです。何とか残している状態ですね。
今年は状態が悪いときに少しでも粘って打つことを心がけています。そういうのがいいと思います。
(8回の松中の打球は)ゲッツーでした。あのへんをしっかりやらないといけない。せっかく打ち取ったあたりなのに捕れなかった」(大本営)

森野が6回にツーランホームラン。
8回は無死一塁から松中のセカンドゴロの際、
セカンド送球にもたついてゲッツー捕れず。


立浪「いいチャンスで回ってきたんだけど・・・あした頑張ります」(大本営)

立浪は5回二死満塁、9回二死二塁で凡退。

イ・ビョンギュ「向こう(韓国)でも、レフトは守ったことはあるし、特にどうということはなかった」(大本営)

イ・ビョンギュがはじめてレフトの守備に。
最後の松中のショートフライは
「どこまで井端が追っているんだよ」というあたりでしたが・・・
(逆転阻止で後ろによっているとしてもね)

ちなみに打撃は現在、交流戦のセリーグの打者のうちの最高打率


川上「力投」今季初の10K…7回9安打3失点(スポニチ)
この日の「ワンモアショット」(スポニチ)
7回3失点、憲伸粘って4勝目(日刊)
川上 交流戦通算9勝、和巳に次ぐ2位タイ(報知)

川上「(ガッツポーズは)あそこ(7回本多の三振)しかないでしょ。
ソフトバンクはウチと似ているので、こういった接戦になるとは試合前から思っていた。」(大本営)
「コントロールで行く所と力で行く所を投げ分けられた。
チーム全体にいい雰囲気が流れてきている気がする。」(スポニチ)
「交流戦では何とか勝ち越したい。若い投手も頑張っているので僕も負けないようについていきますよ」(日刊)
「肝心なところで三振を取れたのは評価できる」(報知)

川上が小笠原に並ぶ4勝目

岡本「0-3からサインが出て『打て』だったので、ストレートを1・2・3でシバきました。」(大本営)

岡本が8回をホールド。
とにかく田上への初球が反省点なんでしょう。
アダムには2-2から内をついた真っ直ぐ(ボール)が
勝負をややこしくしたかな
結果アダムは手が出ないって感じの見逃し方だったし
外の変化球に空振りだから効果があったとも見られるけど


守護神岩瀬締めた14S(日刊)
落合監督「手に汗? 握らない」(日刊)

岩瀬「指示は(多村と)勝負でした。ただ自分が思ったような球を投げられなかっただけです。多村?今年は別のチームだから、また(相性も)違うんでそれは気にしませんでした」(大本営)
「(失敗は)振り切っていくしかないからね」(日刊)

落合監督「手に汗?握ってない。何で握らなきゃいけないの。それじゃ第三者だろ。こっちはそういう仕事じゃん。
本当は(マウンドに)いきたくないんだ」(大本営)
「手に汗を握った? 握らない。そういう仕事じゃない。それじゃあ第3者だろう。マウンドにいいタイミングで足を運んだ? 本当は行きたくないよ。なんであの2人(岡本、岩瀬)の時に行かないといけないんだ」(日刊)

岩瀬が何とかセーブ。
多村とは守護神転向以降なら10の3
まあ去年の春先の絶不調期にハマスタで打たれた記憶しかないよなぁ
(というか村田や吉村はともかく
多村にいいところで打たれた記憶は
ドラゴンズの投手全体でもここくらいしかない)

ただ勝負の指示だけど
カウント0-2あたりからは
間違っても内には投げないという
ある程度四球も視野に入れた配球だったと思います

松中には同じ0-2でも内にいっていましたからね


中田、故郷での白星へ最終調整(日刊)

中田「(知人が)見に来ると思います。何とか勝ちたいですね」(中田)

3日は中田が先発


鈴木「今、自主トレ仲間で1軍にいるのは僕と馬原さんと、ヤクルとの田中浩康の3人だけなんです。寂しいですよ」(大本営)

城島の下で馬原や三瀬と自主トレをしている鈴木。
福岡で登板の機会はあるか?



<ファーム:ホークス3-5ドラゴンズ   

6.2(小郡市)
D:|010|200|002 =5
H:|000|000|201 =3


投手
D:○吉見(7)
-Sラミレス(1)-Sクルス(1)
H:●甲藤(7)-三瀬(1)-山村(0.1)-高橋秀(0.2)

本塁打
H:江川(7回)、吉本(7回)

2軍試合結果(ホークス公式)
吉見2勝目 1球の大切さ実感(大本営)

吉見
(7回2失点)「前回登板ではテンポが悪かったけど、きょうはテンポよく投げられた。完封を狙っていたけど、1球1球の大切さをあらためて感じました。」(大本営)

堂上剛(4安打)「これまで吉見さんが投げるときは点が取れなかったので、きょうはチャンスをつくって先取点をとることができてよかった。」(大本営)

ファームもホークス戦(ホークスの荒金あたりは親子出場)
先発吉見は完封ペースも7回に2本塁打で
7回5安打2失点
打線では中村公が2打点
指名打者の堂上剛が4安打




|

« H3-4D(6.2)綱渡継投 | トップページ | H4-1D(6.3)一進一退 »

コメント

管理人様、こんにちは。

昨年秋に2度ほどお邪魔させてもらいました、東京在住のドラファンです。

東京から飛行機で1泊2日の旅で土曜の試合を観戦してきました。7回以降はホークスの怒涛の寄りに何度も土俵際に追い詰められたので勝った瞬間はレフトの皆で喜びを爆発させました。

名古屋から来てたファンも結構多かったです。聞けば名古屋からなら「のぞみ号」で3時間半。案外近いですね。東京から来たというとかなり驚かれました。

土曜は試合に勝ってくれたおかげで、その後の飲みがホントに楽しかったです。今日は負けてしまったようですが、監督の言うとおり。ホークスは「スーパーチーム」と呼ぶにふさわしいので、まぁ仕方ないですね。

いつも楽しみに拝見させて貰ってるので、更新頑張ってください。

投稿: ドラゴンズ桜 | 2007.06.03 23:19

>>ドラゴンズ桜さん

遠征お疲れ様でした。
勝ち試合がみられて何よりでした
福岡なら
名古屋からでギリギリJR
東京ならやはり飛行機ですね。

ビジターならではの一体感がよいですね

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.06.04 18:15

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福留と井上が久しぶりのヒットでホークスに先勝:

« H3-4D(6.2)綱渡継投 | トップページ | H4-1D(6.3)一進一退 »