« D10-2E(5.31)巨人試合 | トップページ | 復活へ »

2007.06.01

4発攻勢で小笠原4勝目

小笠原が何とか5イニング粘って4勝目
月間MVPはほぼ間違いなしとなりました。

野手はウッズが打率以外の数字で小笠原を上回っていますが
ネタ的にはW小笠原のほうが面白い?
(とはいえウッズも
普通に月間.360以上で打点も小笠原と10以上差があるから
ウッズでしょうがね)



ドラゴンズ10-2ゴールデンイーグルス

ノリ 10号、11号 40日ぶり1試合2発(大本営)
中日・ノリ「2発」連敗止めた!大暴れ4打点だ!(スポニチ)
ノリ2発!オレ竜4発10点で連敗脱出(日刊)
中日・ノリがやった!国内シーズン12年連続2ケタ本塁打(サンスポ)

中村紀「きのうのこともあるのでチームの雰囲気を変えたかった。絶対に勝たなアカン試合で勝利に貢献できてよかったです。
デニーさんの復帰祝いもあるんで。
打撃? まだまだです」(大本営)
「(2ケタ本塁打は)通過点ですよ。理想の打撃? それはまだまだ。考えながらやっています」(サンスポ)
「(2本目は)自然に体が反応しました」(日刊)

中村紀が2本塁打4打点。
本塁打数が単独チーム2位に
7回のウッズのタイムリーで勝負アリって試合ではありましたけどね


この日の「ワンモアショット」(スポニチ)
ウッズがセ20号一番乗り(日刊)

ウッズ「またトヨハシで打てたね。打ち損じたと思ったけど、球場に助けられた。毎日ここで試合をしたいくらいだ。チームの勝利につなげられて最高だよ。
連敗が止まったことは大きい。昨日までは少し歯車がかみ合わなかっただけで、これから徐々によくなっていくよ。」(大本営)

ウッズもこれで月間打率が3割6分越えているんだな
いつものように夏以降調子を上げると、
どこまで上がるんだ?

それには福留次第か


谷繁が4安打 V弾で連敗止めた(大本営トップ)
谷繁が今季初1試合4安打(日刊)

谷繁「何とかつなげたいと思った。完ぺきなバッティングができましたね。」(大本営)
「(本塁打は)カットボール。完ぺきなバッティングができました。4安打? 横浜時代に5安打を打ったことがある」(日刊)

谷繁が勝ち越し2ラン含む4安打
テレビ解説の田尾が
酷評しまくっていたのにホームラン打ったのには少し笑った

(田尾の解説って監督を経験して妙に負の方向にシフトチェンジしたねぇ)


福留、絶不調にあえぐ…6試合連続29打席無安打(スポニチ)
福留1人カヤの外…6戦連続無安打(日刊)

で、福留の打率がイ・ビョンギュと大して変わらないところまで落ち込んできました。
それで出塁率が4割を超えているというのも、ものすごいんですが・・・

うーんちょっとやそっとのきっかけでどうこうなるのかなぁ・・・って感じですねぇ


井端「0-3からサインが出て『打て』だったので、ストレートを1・2・3でシバきました。」(大本営)

井端が7回にダメ押しタイムリー。
0-3からストライクをとりに来るところの打撃でした。


小笠原、無傷の月間4勝目「きょうは打線に感謝」(スポニチ)
小笠原粘った無傷4連勝(日刊)

小笠原「今日はちょっと(イライラが)出てしまいました・・・。
最低限です。
味方が点をとってくれたのに、その後すぐに点をとられて申し訳ないです。ボクのリズムが悪いのに、その後また点をとってもらえたので感謝しています。」(大本営)
「最低限の仕事はできたけど、自分のバランスが悪かったのと球場が慣れていなかったので…。よく(集中が)切れちゃうけど、きょうは打線に感謝です」(スポニチ)

落合監督「大して収穫らしい収穫もなく・・・。強いてあげれば5回で113球も投げた本人が勝ったっていうこと。粘れるだけ粘ってくれれば、何とかなるということだ」(大本営)

小笠原が4勝目。
山田前監督に以前から「テンポが悪いと小笠原は悪い」と指摘されていましたが
悪いなりに何とか踏ん張りました。

ちなみに山田前監督は
小笠原がカッカする性格というのを
今年に入って(たぶん大本営紙面で)知ったそうです(苦笑)


ルーキー浅尾に大先輩の厳しさ(日刊)

浅尾「対戦する機会が少ないんで、悔いの残らないようにしようと思っていました。次に対戦するときは抑えたいですね」(大本営)
「声をかけていただいてうれしかった」(日刊)

浅尾が9回に登板。
しばらく先発はなさそうかな。

川相「地方球場といっても、いつもと一緒だよ。ナゴヤドームだってイレギュラーする。だからいろんなゴロを打つ。やることは変わっていないよ。
昨年とはメンバーも違う。やるべくしてやったエラーも多い。
(打つ手は)そんなのないよ。日ごろの準備しかない。日ごろ準備しているナベちゃんだってエラーするんだ。それと積み重ね。練習して積み重ねていくしかない」(大本営)

川相コーチがチームのエラー対策について問われて



<ファーム紅白戦   

5.31(ナゴヤ)
紅:|010|000|10 =2
白:|000|003|00 =3
(8回打ち切り)


投手
紅:川井(2)
-石川(2)-菊地(2)-Eラミレス(2)
白:三沢(2)-佐藤亮(2)-高江洲(2)-加藤(2)

本塁打
紅:前田(7回)

3投手が紅白戦で実戦復帰(大本営)

三沢
(2回3安打1失点)「もう一歩という感じでしたけど、実戦で投げられたことは良かった。これからまだまだ段階はあるけど、はじめの一歩は踏み出せました。」(大本営)

菊地(2回2安打3失点)「腰の不安は完全に消えました。ここから結果を出していきたいです。」(大本営)

高江洲(2回4安打無失点)「(実戦で)投げてみて、あらためてしっかり練習していかないと、と思いました。コントロールとか細かいところを練習して身につけていきます」(大本営)

ファームは紅白戦。
故障上がりの投手が実戦復帰
金本が指名打者とショートで出場




|

« D10-2E(5.31)巨人試合 | トップページ | 復活へ »

コメント

4勝0敗、防御率1.87
小笠原さんの5月の月間mbp獲得は間違いありませんね。
明大の先輩、川上さんからエースの座を奪い取る日もそう遠くは無いはずです!
きっと今年の成績は川上さんを全て上回ると思われますし。
あのにこやかな顔で「カッカしやすい性格」というのも微笑ましい限りです。

投稿: 可符香 | 2007.06.01 19:16

>>可符香さん

mbp・・・
・五月バカ選手(May Baka Player)
・明大野球部選手(Meiji univ. Baseballclub Player )

・・・さて何でしょう(笑)?

川上のリベンジ(?)にも期待しましょう

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.06.02 03:25

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4発攻勢で小笠原4勝目:

« D10-2E(5.31)巨人試合 | トップページ | 復活へ »