« D6-5G(5.3)敬遠明暗 | トップページ | 出場選手登録(5.4)英智抹消 »

2007.05.04

ウッズ2日続けて揉みくちゃに

タイロン・ウッズが
前日の退場宣告後に引き続いて
今回も揉みくちゃに
ただし今回はサヨナラヒット
新井良太は(たぶん)2日続けての大本営1面(笑)



ドラゴンズ6-5ジャイアンツ

ウッズ、サヨナラ打「最高の気分」 竜6連敗でストップ(大本営トップ)
落合竜サヨナラ大脱出!ウッズ殊勲「連敗止めた」(スポニチ)
ウッズうっぷん晴らしのサヨナラ打(日刊)
決めた!中日・ウッズが汚名返上のサヨナラ打で連敗止める(サンスポ)
ウッズサヨナラ打で竜連敗地獄脱出(デイリー)

ウッズ「忍耐強くいい球を待って、何が何でも打ってやろうと思ってたよ。きのうは悔しかったけど、きょうは最高の気分だ。
(退場は判定に対して)“インサイド、ボール”しか言ってない。(球審に)暴言は吐いてない。
監督が守ってくれた。」(大本営)
「右を狙ったわけじゃないけど来た球を強く打つことだけを考えた」(スポニチ)
「連敗が続いて、みんながちょっと、沈んでいた。でも、オレたちはネバー・ギブアップだ。
ビデオでオレの口元を見てくれ。『インサイド、ボール』としか言ってないぜ。
(来日以来最速の10号到達に)かなり速いな。
みんなで協力したから勝てたんだ」(サンスポ)

落合監督「(連敗を)止めるのはエースか4番、どっちかだよ。きょうがスタートと思えばいいんじゃないか。」(大本営)
「今の連中、負ける経験をしていない。もがき苦しんだのは、いい経験だ」(サンスポ)

福留敬遠後、ウッズのサヨナラヒットでサヨナラ勝ち。
「バカな作戦とるなぁ」というのがテレビを見ていての第一印象だった。


森野同点3ラン(大本営)
5番としての精度高めろ 本紙評論家・井上弘昭(大本営)
森野、起死回生同点3ラン「ガムシャラにいった!」(スポニチ)
 

森野「つなごうとした? ないです。考えている余裕は全くありませんでした。どんな球でも振ってやろう。結果は知らねえよ。ってくらい、振るつもりでした。
(8回表の)バックホームですよ。刺せるところまで前に寄るべきところを寄れず、投げた球も勢いがなかった。(打てないなら)せめて守りを…。そう思っていたのに、それもダメだった。あれで『もういいや』って思えました。あれがなかったら、ホームランはなかったと思います。」(大本営)
「開き直り。凡打するくらいなら思い切り振っていこうと思った。(スタンドイン)ぎりぎりの本塁打だが運があるというか…」(サンスポ)

森野が起死回生のホームラン。
守備に関しては・・・まあ甘いわな突っ込みも送球も
そこまで望むのも酷だが
下手ではないサードやっているときから
この人の守備に思い切りはない。


帰ってきたぜ!憲伸 劇勝呼んだ闘球7イニング1失点(大本営)
復活川上7回を1失点!粘りの投球が大逆転呼ぶ(スポニチ)

エース川上が連敗脱出呼ぶ好投(日刊)

川上「7回は、抑えなきゃ勝ちはないと思っていました。
久しぶりだとか言っている余裕はなかった。『きょうは5イニングでお願いします』とか言える状態でないですから。
チームが勝てればいいですよ。」(大本営)
「試合を作るという意味で満足している」(サンスポ)

落合監督「1点で踏ん張って、仕事をしている。そこに打線が応えた。エースが戻ってきて、2番手、3番手が仕事するようになってくる。朝倉、マサ(山本昌)がエース格じゃ困る」(大本営)

川上は復帰のマウンドを7回1失点。
次はローテどおりなら
ずいぶん久しぶりの広島市民球場ですが・・・


猛打賞の英智が負傷交代(日刊)

英智「打った時にピリッときました。アピールできていたのに情けない。すぐにケアします」(日刊)

英智はチャンスを掴みかかっているだけに
軽症であることを祈りたいです。


「ウッズ離脱」回避した立浪のしがみつき(大本営)
ウッズに制裁金5万円(日刊)
ウッズに制裁金5万円 審判員への暴言(共同通信)
ウッズに制裁金5万円=セ・リーグ(時事通信)

立浪「もう1回(真鍋審判員のところに)行こうとしていたからね。退場だけならいい。でも、もし何かやったら、長期の離脱になる。それだけは避けないといけないと思っていた。」(大本営)

森野「きのうの退場だけなら問題ないんです。」(大本営)

新井良太の役割ってこういうところもあるのか
森岡や沢井では難しいよな(苦笑)


4点差転じ福となす GW初勝利(大本営)

落合監督「結果論だろうけど、向こうもピッチャーは使いたくない。ウチも使いたくない。よかれと思って出しているわけで、それがたまたまこうなったんだろうけど…。」(大本営)

森野「(本来なら)真田は出てくるピッチャーじゃないんだろうし、林も自分のイメージの中では疲れてるんじゃないかと思うくらいでした」(大本営)

セーブシチュエーションではない4点差が
継投を微妙なものにしましたね
それでも8回表に先発並みの重労働から中2日で
久本が上がったのはびっくりしましたが



<プロアマOP大会:伏木海陸運送6-14ドラゴンズ 

5.3(長良川)
D:|321|102|104|=14
F:|003|100|020|=6

投手
D:川井(3)-斉藤(1)-○平井(3)-石川(2)

本塁打
D:堂上剛(3回)、岩崎(4回)

ベーブルース杯大勝(対 伏木海陸運送戦)(公式サイト)
堂上兄弟6打点 兄は4安打、弟は2安打(大本営)

堂上兄弟が社会人相手に競演/2軍(日刊)
平井が3回パーフェクト/中日2軍(日刊)

堂上剛(4安打1HR)「きょうは1打席目の一番大事なところで打ててよかったです。ホームランは手応えバッチリです。まだあす、あさってと(予選リーグが)あるので気を引き締めていきたい。」(大本営)
「(本塁打は)手ごたえはありました。今日は(スイングの)始動を早くした。自分のポイントで振れたことが結果につながったと思う。明日、明後日もあるんで気を引き締めていきたい」(日刊)

堂上直(2安打)「差し込まれたり、詰まったりポイントがずれている。きょうは内容が悪いです。しっかりと修正していきたい。」(大本営)
「スイングはできているけど、芯(しん)に当らない。差し込まれたり詰まったり、ポイントがずれていた。内容が悪かった。しっかり修正したい」(日刊)

平井(3番手3回無失点)「コントロールがまだまだ。合格点を与えれるような投球ではなかった」(日刊)

ファームはプロアマオープン大会のベーブルース杯に参戦(昨年は準決勝敗退)
社会人の強豪チームと2軍がいい勝負をするというのはわかっていますが
正直、結果をどう判断していいのか不明(苦笑)
平井は実戦復帰2試合目で3イニング投げました。



そのほかのドラゴンズの話題

ウェーバー公示問題、週明けにも再申請(日刊)

西川球団社長「週明けにもウエーバー公示の再申請をします。規定路線通りです。こちらは協約にのっとってやっている」(日刊)

よそはわざわざ続報を載せなくても、法解釈とかそういうのが大好きな日刊(朝日系)でございます。




|

« D6-5G(5.3)敬遠明暗 | トップページ | 出場選手登録(5.4)英智抹消 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウッズ2日続けて揉みくちゃに:

» 4番とエースで連敗脱出 [スポーツ歩き]
今日はデーゲームだということを すっかり忘れていました^^; 最初の経過チェックの時には既に6回裏。 ・・・えぇ、2死満塁で森野が三振した頃です。 次にチェックしたのは8回表です。 ・・・えぇ、久本が炎上している頃です。 もう今日はいいやぁ、 と思ってボクシ...... [続きを読む]

受信: 2007.05.04 11:23

« D6-5G(5.3)敬遠明暗 | トップページ | 出場選手登録(5.4)英智抹消 »