« 選手登場曲リスト(07.5.10) | トップページ | D5-3S(5.16)成長過程 »

2007.05.16

野球の鉄人

井端が故障をおして出場。
チームに穴を空けることなく戦線復帰しました。

どこまで無理をしているのかは
本人にしかわからないところですが・・・・

試合は井端だけではなく
森野、福留のファインプレーなどで守り勝ち



ドラゴンズ4-0スワローズ

井端、激走 左ひざ痛強行出場 3連勝呼んだ(大本営トップ)
オレ竜3連勝、井端打った走った跳んだ(日刊)
驚異の回復力だ!中日・井端が走攻守でハッスルプレー披露(サンスポ)
オレ竜、好守連発3連勝(報知)
左ひざケガの井端がピンチ救った!(デイリー)

井端「最初から試合に出るつもりで来ましたから。動いたり、走ったりはできたし、試合に入れば忘れると思った。出ているということは痛みはないです。ユニホームを脱いだら痛いですけどね。」(大本営)

落合監督「こっちが決めるんじゃない。あのクラスの選手なら(出られない場合)自分から言ってくるよ」(大本営)
「井端の欠場? まったく想定していない。あいつは骨が折れていない限り出るって言うやつだか」(日刊)

井端はスタメン出場で2安打1得点
7回に自分でダメ押し打ってりゃ
出来すぎなくらいのヒーローですけどね

そこまでいかないあたりが彼らしいといっておこうか。

実際、二遊間の控えはベンチに入れておきたいんですけれどもねぇ。
いろいろ思うところはある今回の出場ですが、
このチームのうちに日本一にはなっておかなくちゃあな。


森野 打った飛んだ捕った 同点ピンチ救った美技(大本営)
中日“森野が救った”先制打だ美技だ3連勝呼んだ(スポニチ) 
森野が攻守で朝倉をバックアップ(日刊)

森野「フラフラと上がった打球だから思い切っていこうと。ギャンブルですよ。でも、ああいうプレーは初めて。ケンタ(朝倉)を助けられたかなと思います。
迷惑をかけない程度の気持ちですよ。
(4回のチャンスは)こっちは3回までヒットがなくて、向こうはチャンスをつぶしていた。この回は点が入るだろうなって気楽な気持ちで入りました。
必死でやるだけです。」(大本営)
「あれはギャンブル。健太(朝倉)が投げる時は打ててなかったので、何とかしてあげたかった。まだ借りは返せてないので、もう少し楽に投げさせてやりたい。」(日刊)

森野が打撃では先制打、
守備では7回表には真中の打球をダイビングキャッチで同点を防ぎました。

7回の守備は
森野のグラブからボールを取り出して
アピールするイ・ビョンギュのはしゃぎっぷりが面白かった。


オレも鉄人、朝倉ど根性 ラミレス打球 胸直撃(大本営)
朝倉“3勝目”「気持ちを切り替えたのがよかった」(スポニチ)
朝倉7回無失点、痛みに耐えて3勝目(日刊)

朝倉「多分、ボクじゃなかったらマウンドにいないと思います。
一瞬、何が起こったか分からなかった。ボールが当たった、と思ったけど、後の処置をどうしていいか分からなくて。
押さえたら痛いですね。(ボールの)縫い目のあと? 楽勝で残ってます。
前回、ああいう形で(マウンドを)降りたので、何としてもあの回は投げたかった。」(大本営)
「縫い目は楽勝で残っていましたが、“行きます”と森コーチに言いました。ヒットを打たれて気持ちを切り替えて投げたのがよかったようです」(スポニチ)
「ずっと粘って信じて投げた。よく粘れたなと思う」(日刊)

落合監督「ケンタ(朝倉)が2つ勝ったのが大きいな」(大本営)

朝倉は被安打8で無失点。
内野安打も多いし四球も少なかったし
数字ほど打たれてはいないって感じなのかな

ただし青木以外には・・・
青木には少し意識しすぎ?
確かに好打者だが
カード通算.478ってどうよ?って話ではある


ノリ執念のチームバッティング(日刊)

中村紀
「ボテボテのセカンドゴロでもいい。とにかく(森野を)進めたかったんです。
もう1点とれば勝てると思ったから。
ヒットはホントにこだわってなかったです。近鉄でも?やっていましたよ。取り上げられなかっただけで。勝てるチームですから。それが得点につながってよかったです。」(大本営)
「とにかくランナーを進めようと思っていた。必死です」(日刊)

中村紀が右打ちでチャンス拡大。
誰がどう見ても右狙いのところでうまく打てたもんです。
(川相コーチの喜びっぷりもすごかった)
暴投で無死二塁になった後も
右打ちを続けたことを評価しよう。

代打立浪が貴重なタイムリー(日刊)

立浪(代打適時打)「必死でした。ノリがああやって粘ってくれたので、とにかく1点はほしかった。後ろにつなげてよかったですよ」(大本営)

落合監督「三振16個か。藤井が投げた前よりも足りないな。あのゲームも勝ちだったな。(05年4月に19三振を奪われながら逆転勝ち)
もう1点取っておいてくれれば。李に代えてタツ(立浪)、ケンタ(朝倉)に代えて上田。ピンチヒッターは難しい。使い方が難しい。みんながみんなキチッとできるポジションじゃない。そんな中でキチッと仕事をしてくれるタツはやはりいい勝負根性もってる。経験もあるし。
一番迷うところ。(切り札を使うのは)どこがいいのか。あそこがいいのか。1点取るからもう1点と欲が出る。(代打立浪で)その1点を取りにいくのが(投 手の)ケンタのところならいうことないんだけど、(現状は)7番で使わなきゃいけない。(この日は点を)取ったらそのままケンタをいかせてもいいんだろうけ ど・・・。難しいです。
」(大本営)

テレビ愛知のアナウンサーが「(館山にとって)泣きっ面に立浪」といった場面で
一刺しで決めました。
上田のところに違う代打を用意するか
上田があそこで打つかって所なんでしょうけどねぇ。

井上ねぇ・・・
自分で勝手に代打向きじゃないって思い込んだような打撃するからなぁ


ウッズがダメ押し17号2ラン(日刊)

ウッズ(17号HR)「待っていたボールがきたので、うまく打てたよ。いい追加点がとれてよかった」(大本営)
「任された場所で、自分の仕事をするだけです」(日刊)


ウッズがダメ押し17号


岡本(2番手1回無失点)「井端サマサマ。次はしっかり抑えます」(大本営)

鈴木
(3番手1回無失点)「スライダーがコントロールされていない。次への課題です」(大本営)

無失点には抑えましたが
さすがに開幕から飛ばしてきた岡本も不調の波に入ってくるころかな?
そこを助けてやるのは鈴木や平井の仕事でしょう。



<ファーム:ドラゴンズ4-13タイガース

5.15(ナゴヤ)
T:|512|212|000 =13
D:|010|030|000 =4

投手
T:○上園(5)-江草(1)-太陽(1)
-相木(2)
D:●中里(3)-石川(2)-Sラミレス(1)-石井(1)-斉藤(2)

本塁打
T:高橋勇(3回)

連勝ストップ阪神に大敗(阪神5回戦)(公式サイト)
夢実現!堂上兄弟クリーンアップ(大本営)
ルーキー福田 緊張プロ初マスク(大本営)

堂上直
「プロに入る前にそう(兄弟でクリンナップ)なればいいなとは思っていました。2軍ですけどうれしいですね。」(大本営)

堂上剛「いい状態といっても、まだ期間が短い。これを持続できるようにしないといけないんです」(大本営)

辻2軍監督(堂上剛について)「1軍? 打つだけ、というなら名前があがる。相手が左(投手)でも苦にしない」(大本営)

中里(先発3回8失点)「調子は悪くなかったが?前の広島戦の時の方が悪かったと思う。今日は何となく打たれてしまった。球数は投げられるようになったし、スッポ抜けもなくなったので良しと!考えます」(公式サイト)
「調子自体は悪くないです。カーブやカットボールもだいぶまとまってきました。高めに浮いた球を打たれたので、低めに投げることを意識して、きょうの反省をふまえて次は切り替えたいと思います」(大本営)

福田「ちょっと緊張しました。リードされていたので出してくれたと思いますけど、何とかリードできたと思います。これをきっかけに頑張りたいですね」(大本営)

ファームは先発の中里が打ち込まれてタイガースに大敗
引き分けを挟んでの連勝は9でストップ。
Sラミレス(1回2失点)、石井(1回無失点)といった降格組が降格後初登板
ボチボチ高橋聡文が投げていないことが気になりだすぞぉ
(また肩痛か?案外きょう当たり先発かもしれないが)
野手は森岡がショートの守備につきました。
井端のバックアップというより
ギリギリまで鎌田が1軍についていて出場できなかった
という側面のほうが強いかもしれません。

福田がプロ初マスク
GW明けから復帰している中村公が3打席立ってますね。




|

« 選手登場曲リスト(07.5.10) | トップページ | D5-3S(5.16)成長過程 »

コメント

思えば最近絶望してないですねぇ。
一抹の淋しさを感じるのはどうした事でしょう。
随分とひねくれた応援の仕方をしてますね、我ながら。


ところでノリさんはチームバッティングも『出来る』んですね。
しばらくは蔑称で呼ぶ事を自粛します。
でもキムチはまだ蔑称で呼びますよ、ポンコツですから。
ダニ繁さんも出来るようになってほしいですね、チームバッティング。
いや、それ以前にインサイドワークを何とかして貰いたいものですが。

『代打・たつなみさん』はファンサービスと嘲られませんね。
是非とも50歳くらいまでラヂコンおぢさんと現役で頑張って貰いたいです。

投稿: 糸色望 | 2007.05.16 14:28

>>糸色望さん

中村紀は「何とかもおだてりゃ木に登る」を地で行っているのでしょう。
今年のうちはプレー面では大きな破綻はしないようには思いますが。

代打・立浪は使いどころを絞ってきた感じはありますね。
「ここで使うのはもったいない」というのが減ってきた気がします。
イ・ビョンギュに大しては何の遠慮もなく代打を送っているようですし
英智が戻ってきたときにどうするのか楽しみではあります

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.05.16 14:57

タッチねえ、南は長澤まさみタンではちょっと大柄のような、石原さとみタンの方がいいな・・・なんて話も「一言だけ」の連中にかかったら「タッチ」の「タ」に濁点付けられて滅茶苦茶になりそう


今夜の石井一もウッズのファーボールで闘争心が少し抜けたってのもあるんですかねえ。彼くらいではそういうの無いのかな?

火曜日の試合の七回裏の攻撃、立浪に代走藤井の必要あったんでしょうか?先の2塁にノリもいたんだし・・・そのくらい立浪を労わるんなら、一塁からベンチまで車椅子かリリーフカーで送迎すれば(笑)

あそこは9番投手のとこで代打藤井が良かったような。もっともそれでは上田をベンチに入れておく意味はないか。まあ今後の話ってことで

どうもドラゴンズの優勝パターンは「オールスター時点で首位と3ゲーム差」ってのが抜けなくって、他のドラファンについていけない今日この頃です(苦笑)

投稿: はぐれ雀士清純派 | 2007.05.17 21:29

>>はぐれ雀士清純派(濁点好きのオランダ人)さん

『タッチ』で出てくる名前が
まず最初に『長澤まさみ』というのは「ない」です(断言)

石井はウッズとも普通に勝負したさそうでしたしね
0-3からのファウルに
ヤバイと思って1-3から捕手も立ったのでしょうが
ひょっとしたら逆効果だったかもしれませんね。

敬遠ゼロというシーズンがある今中が解説だったのが
何ともいえない感じでした。

>ベンチに戻るときが最速のスピードの立浪

神宮で立浪のベーランを見たときの印象は
「小田でいいから立浪には代走がほしい」という感じです(苦笑)
よく知りませんけど下半身は万全ではなさそうですね・・・

>ドラゴンズの脚質の変化

今がオールスター直前なら
上にいるのがジャイアンツですし
絶好のポジショニングですね(笑)

これもドーム野球ですかねぇ>シーズンを通しての先行策

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.05.18 03:10

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球の鉄人:

» タイトル考(17) [TIHAGEM!!]
料理バトル番組『料理の鉄人』の ニッサンがスポンサーだったので GTRのCMにこんなバージョンが・・・ (後半部分改変) 落合監督就任以来3年余りに この選手がスタメンから外れたのはわずかに1度 自らの過酷な目標を達ししたもののみが世に問われることになる。 そしてついに熟成に熟成を重ねた 新たなスペシャルメニューが走り出した! さぁ井端弘和よ! その鍛え抜かれた走りを日本中に見せつけるがいい!!! ドラゴンズはチームとして確実に熟成期に入りま... [続きを読む]

受信: 2007.05.16 12:41

« 選手登場曲リスト(07.5.10) | トップページ | D5-3S(5.16)成長過程 »