« D2-4E(5.30)守乱自滅 | トップページ | D10-2E(5.31)巨人試合 »

2007.05.31

センターライン

レギュラーセカンドがいなくて
ショートが満身創痍(回復しつつある)
キャッチャーは全試合出場が厳しくなって(30日は普通に出ていた)
センターがあの人

「センターラインは文字通り、守りの中心線」という言葉に照らし合わせれば
トータルでみて現状の布陣で守り勝つのは難しいわなぁ

打線で点をとっていかないことには

一番どこが手を打ちやすいかってところなんですが・・・



ドラゴンズ2-4ゴールデンイーグルス

竜痛すぎる3連敗 9回4失点…悪夢の逆転負け(大本営トップ)
中日、9回ミス連発でまさかの逆転負け…3連敗(スポニチ)
オレ竜悪夢、守乱で9回逆転負け(日刊)

落合監督「こういうゲームはあれだよ。監督のミスで負けた。その一言。あとは何もない」(大本営)

森野「焦ってもない。握り損ねてもいない」(スポニチ)

渡辺「自分で判断しました。『いける(間に合う)』と思ったので…。勝負をかけたというか、こっちもチャージしていったので。」(大本営)
「(野選は)イケると思った。後悔していない」(スポニチ)

高代コーチ「あれ(野選)が一番痛かった。(走者の)走力を考えていかないと」(大本営)

9日は守備が乱れて敗戦
森野のセカンドは緊急避難ですけどね。
決してうまくない人ですから
鎌田以下若手の選手に全く信頼を置けないのはわかりますが、
それでもつかっていかないとねぇ・・・という感じ

昨夜も少し書きましたが
ここで川相や奈良原の不在をどうこうは言いたくない。

例えばスタメンセカンドの森野はありとしても
「セカンド鎌田、レフト森野、センター英智」でも『守備固め』になるとは思うわけです。
まあきのうに関してはベンチに外野手がいなくなっちゃうわけですが

渡辺の野選については
高代コーチの言うこともごもっともなんですが
いつもウッズのノーチャージのバント守備に文句垂れている人間としては
苦笑いするしかありませんな。あまり責める気にはならない。


岩瀬抑え失敗 「準備していた」(大本営)
中日は岩瀬投入も逆転負け…落合監督「監督のミスで負けた」(サンスポ)

岩瀬「準備はしていました。難しい場面? そう簡単にはいきませんよ。難しいですよ。」(大本営)

岩瀬は被安打1ではありますが守乱もあって敗戦投手。
実際圧倒的な投球はしていませんが、
どうにもならないほど調子が悪いとも思わないんですけどね。


朝倉、1勝またお預け 完封目前も無念降板(大本営)
好投朝倉ショック白星消えた(日刊)
朝倉無念…あと一歩で勝ち星を逃す「仕方ない」(スポニチ)

朝倉「(完封の意識は)全然ないです。
(コースが)甘かったと言えば、甘かった。
仕方がないです」(大本営)

朝倉は完封ならず。
継投期が監督のミスかどうかは結果論でしょう。


ノリ、マー君打ち先制打も実らず(日刊)

中村紀「いい形でゲームを進めるために先制点が欲しかった。いいところで打てましたけどね・・・。仕方ないです」(大本営)

中村紀は先制打。


福留また打てず、24打席音なし(日刊)

福留「記録? 気にせずやるだけ」(日刊)

福留またも打てず。


谷繁に刺激…弟子の謙虚さと向上心(大本営)

谷繁(イーグルス嶋は)「取り組む姿勢というか、野球に対して貪欲(どんよく)なんですよね。たとえばきょう言ったことがあるとして、次に会ったときにはそれを生かそうとした跡が見えるんです」(大本営)

谷繁は国学院大で自主トレをしている関係で、
嶋とは旧知。


小笠原「ずっと好調さを継続できています。思い通りの投球ができるようになってきました。それが結果につながっていると思います。」(大本営)

31日の先発予想は
小笠原-青山


マサ復帰へ再発進 雨の中をランニング(大本営)

山本昌「(抹消の)期間は上(1軍首脳陣)が決めることなので、分からないけど、(その間)しっかりと調整するだけですね。」(大本営)

山本昌がナゴヤで調整


ウッズが小田を“打撃指導”(日刊)



<ファーム:ドラゴンズサーパス雨天中止>




|

« D2-4E(5.30)守乱自滅 | トップページ | D10-2E(5.31)巨人試合 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センターライン:

» ショート といえば [ショート?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007.06.06 23:35

« D2-4E(5.30)守乱自滅 | トップページ | D10-2E(5.31)巨人試合 »