« C1-7D(4.15)鎧袖一触 | トップページ | きょうからナゴヤドームでタイガース戦 »

2007.04.16

ウッズ連弾で1週間ぶりの勝利

ウッズの2打席連続ホームランを含む6打点の活躍で
カープを競り落として
先週日曜日以来の勝利となりました。

先発の中田賢一投手は
6回を凌いで開幕3連勝。



カープ1-7ドラゴンズ

落合監督「ひとつ勝つということは大変なことなんだ。周りは点差で判断するけど、ゲームセットになって初めて勝ちなんだ。気を抜いたほうが負け。
(中田は)本人が成長したと思ってやればいいんじゃないのか。ギリギリのところで抑えることは出来た。ムダな四球は多いけど、そこまで望んじゃいけないだろう。
(4番が打って投手が抑えて勝ち)野球ってそんなもん。心配ない?全員心配だよ」(大本営)

ウッズ連発6打点! 竜連敗脱出(大本営トップ)
中日・ウッズ、風邪吹き飛ばす6、7号で連敗止めた(スポニチ)
ウッズ2発6打点、オレ竜連敗ストップ(日刊)
中日・ウッズ、連発キング独走7号!大暴れ3安打6打点!(サンスポ)
ウッズ連発6打点(報知)

ウッズ「歩かされるかなと思っていたけど、内角にシュートが来たから振り抜いた。あの状況でオレに内角が来ることはあまりないんだけど、うまく打てたね。
どうして打てたかって? きょうは、彼が去年みたいな投球をしてこなかったからだよ。
休むことなんて考えなかった。とにかく試合に出てチームの勝利に貢献しよう。それしか頭になかったよ。
ホームランより連敗が止まったことの方がうれしい。」(大本営)
「ストライクなら何でも打つつもりだった。内角なら引っ張るし、外角球は流せばいいんだ。
まだシーズンは始まったばかりで、考えているのは17日からの阪神戦に勝つことだけだ。
風邪は治っている」(スポニチ)

ウッズは5日のジャイアンツ戦に続いての大活躍。


中田ハラハラ3連勝 ボール先行も負けない(大本営)
"サンデー中田"6回1失点で開幕3連勝も反しきり(スポニチ)
中田、無傷の3勝目(日刊)

中田「ムダな四球が多いので、そこを無くさないと。バランスよく、球数を少なくして長いイニングを投げられるようにしないといけません。結果は出ているだけで、修正しないといけないことはいっぱいあります。」(大本営)
「3回は低めに投げて、一人一人抑えようとしました。でもムダは四球が多く、それが反省材料です」(スポニチ)
「まだまだムダな四球が多い…。とにかく大量失点しないように低め、低めを心がけました。結果は出ていますけど、今後は球数を少なくしてもっと長いイニングを投げられるようにしないといけないです」(日刊)

谷繁「(序盤は)何点取られるかと思った。
悪い中で踏ん張れたってところはよかったと思います。」(大本営)


日刊には「中田劇場」なんて書かれましたな>中田
「劇場」が似合うかどうかはおいておくとして、

心臓への負担は朝倉以上だと思う(苦笑)


井端、スキ逃さず 流れ変えた!けん制タッチアウト(大本営)

井端「してやったりでしょう。タイミングもドンピシャリだった。あそこで流れが変わったんじゃないかな。本塁打を打つよりうれしいよ。
打撃? これから上がっていくでしょう」(大本営)

倉を牽制で殺したのは
中田を救うビッグプレーでした。

打撃はオレ流指導が入って
左足の上げ方を修正し、2安打

気になるところは
大本営の記事によると
右足の状態があまりよくないようです


浅尾「前回打たれたんで、絶対に抑えてやろうと思っていました。まだ変化球が思ったところに行かないのが課題ですね」(大本営)

浅尾は甲子園での救援失敗以来の登板。
1イニングは三者凡退に
普通に中継ぎとして数に入れているようですね。


小林「(前田に)自信がある?そんなことないです。きょうは点差が余裕があったし、長いイニングを投げるわけでもないので、1アウト1アウトに集中して投げました」(大本営)

小林は8回から登板。
代打の大須賀と(東出に代打出すんだな)前田を打ち取りました


岩瀬復帰、相棒不在も3人締め(大本営)
岩瀬、5試合ぶり登板(日刊)

岩瀬「こればかりは、いるメンバーでやっていくしかないからね。
それほど久しぶりというワケでもないし、カゼで休んでいただけだから、大丈夫でしたよ」(大本営)

長谷部ブルペン捕手「投手によって受けるブルペン捕手を固定する必要はないかしれないけど、やっぱり同じ人間が受け続けていると、その日の調子が分かりやすい」(大本営)

岩瀬が常に相手にしていた三輪ブルペン捕手は
風邪のためナゴヤで療養中でいませんでしたが、
岩瀬は9回一イニングを無難にきりました。


福留、幻のホームランに発奮(日刊)

福留「オレはついてないね。何はともあれ打ててよかったです」(大本営)

福留はファールをホームランと判定されましたが、
アピール後にひっくり返されて結局ファールに

落合監督が抗議にいったのは
判定ひっくり返すなやってところでしょうか

残った走者は
その後、福留タイムリー、ウッズ3ランでスイープしちゃいましたが(苦笑)


ノリ、今季2度目の猛打賞(日刊)


中村紀「試合中にも監督からアドバイスをもらうんです。それで実戦で渡来する。きょうの結果はたまたまですが、地道にやっています」(大本営)

中村紀は監督との蜜月関係をアピールしつつ3安打猛打賞。



<ファーム:カープ3-4ドラゴンズ

4.14(由宇)
D:|000|310|100|=4
C:|030|000|101|=3

投手
D:川井(4)-清水昭(0.1)-菊地(2.2)-金剛(1)-クルス(1)
C:斉藤(4・1)-森(1・2)-マルテ(2)-広池(1)

本塁打
D:西川(3回)
C:吉田(2回)

西川、プロ初アーチ(大本営)
ファーム情報(カープ公式)

西川(本塁打)「狙い通りの球をしっかりと打つことができました。最近、結果が出ていなかったのでよかったです」(大本営)

川井(先発4回1失点)「ピンチもあったけど、とりあえず抑えることができてよかったです。ホームランを打たれてしまったり、1球1球の重みを感じました。」(大本営)

先発は今季初登板の川井
4イニングを吉田のソロホームランによる1失点。

5回は清水昭の残した走者を
菊地が押し出しや中谷のタイムリーで吐き出して2失点

打線は3回西川のホームランで同点
5回は中村公の犠飛と相手2点タイムリーエラーで計3点。




|

« C1-7D(4.15)鎧袖一触 | トップページ | きょうからナゴヤドームでタイガース戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウッズ連弾で1週間ぶりの勝利:

« C1-7D(4.15)鎧袖一触 | トップページ | きょうからナゴヤドームでタイガース戦 »