« D5-0T(4.17)百九拾弐 | トップページ | D1-9T(4.18)初回轟沈 »

2007.04.18

カウントダウン9→8

山本昌がタイガースを完封して今季初勝利。
プロ通算の勝ち星も192まで積みあがりました

打線は速攻とウッズの長打で5得点。



ドラゴンズ5-0タイガース

落合監督ニンマリ…中日らしい得点パターン喜ぶ(スポニチ)
落合監督、初回の足攻に満足顔(日刊)

落合監督「(山本昌は)“8回でかわる”って本人が言っていたのに、どこでどうなったんだか…。」(大本営)
「マサに勝ちがついたというのはいいんじゃないのか。
あのゲッツーの2点目が大きかったな。一、二塁だったら、ただのゲッツーで点が入らなかった。よかったんじゃないかな。」(日刊)

ウッズ連発6打点! 竜連敗脱出(大本営トップ)
中日・山本昌お目覚め今季初勝利「虎にリベンジ」(スポニチ)
山本昌、セ最年長41歳8カ月で完封星(日刊)
山本昌データ(スポニチ)
竜・山本昌がセ界最年長完封!41歳8カ月「6日」更新(サンスポ)
“マサ”に芸術!歴代2位41歳8か月完封(報知)
“竜のオジさん”セ界最年長完封星(デイリー)

山本昌「9回は左(鳥谷)からだったから、もう1人は行こうか、と。完封? まあ、それは…。5回までは長かったですね。丁寧に、とにかく失敗しないように投げました。
ぼくは特に意識してないんだけど、向こうの方が意識しているのかな。
あれ(ウッズの一言)で気合が入った。とにかく玉砕覚悟で投げようと。感謝しています。」(大本営)
「そんなに調子はよくなかった。勝ってなかったから落ち着かなかった。5回終わるまで長かった…。
(リーグ最年長完封の記録は)そうか…。知らなかった。
ナゴヤドームのマウンドは投げやすいけど僕は相手を意識していない。向こうが意識しているのかもね」(日刊)

落合監督「2回目(10日・阪神戦)よりは良かった。力でいける投手じゃない。ノラリクラリを生かさなきゃ。まあ133球は投げすぎだけどな(笑) 」(スポニチ)

森コーチ「ようやく一つ返したな」(スポニチ)

山本昌にはこれからもいろいろと記録は破ってもらいましょう。
全部自己記録かもしれないけど(苦笑)

スタメンマスクの小田してやったり(日刊)

小田「(1球目のカーブは)ボールになってもいいから、山本昌さんの生命線であるボールを思い出させたかった。(山本昌と)相性がいい? どのピッチャーとも相性がよくやっていきたいと思っています」(日刊)
「自信を取り戻してほしかった」(スポニチ)


山本昌と組んだのは小田でした。


ウッズ、早くも8号 打点は21に(大本営)
ウッズの勢い止まらん「千金8号3ラン」主砲の意地(スポニチ)
ウッズ決めた!怒りの3ラン(日刊)

ウッズ「ピッチャーの失投だと思うけど、強く振った。とてもいい気分。ホームランを打てて、チームが勝ったのがうれしい。
頭にきた。調子は悪くないのに、(福留が)明らかな四球で歩かされたから。
(体調は)ようやく食欲が出てきて、ハンバーガーを食べられるようになったよ。
来日してからずっとスロースターターなんで、今年は最初から何とかしてやろうと思って、オープン戦でもずっと出た。いいスタートが切りたかった。
前回はジャンと初対決で、どういう球を投げるか分からなかったのが今回との大きな差。」(大本営)
「3回は低めに投げて、一人一人抑えようとしました。でもムダは四球が多く、それが反省材料です」(スポニチ)
「最近は(ウッズ自身の)調子が上がってきているのにね。少し面白くないなというのはあったよ。後ろに体重を残して、強くたたくことだけを考えていた」(日刊)

ウッズは8号3ランホームラン

井端、右足は大丈夫?(大本営)
右足太ももに違和感、井端ヒヤリ(日刊)

井端「何もないですよ。マッサージを受けました」(大本営)
「二塁打だったから(ベースの手前で)緩めただけです。もし骨折だったら無理だったんでしょうけどね」(日刊)

井端は二塁打を打ったときに右足を気にするそぶり


荒木「エンドランだったらまず転がさないと。結果は最高だったと思います。
福留のヒットで迷ったけど、ライトの守備位置も深かったので思い切っていきました。」(大本営)


福留「打者としたらすごく楽に打席に入れる形だった。最悪ゴロだっていいわけだからね」(大本営)

井端と荒木、福留でしっかり1回に先制



福留、内野も守る?(日刊)

福留「なぜ、このグラブを使っているかって? それは内野をやるからだよ」(日刊)



<ファーム:ドラゴンズ10-1サーパス

4.17(ナゴヤ)
SU|000|001|000|=1
D:|020|411|20X|=10

投手
SU:小松(6)-軒作(2)
D:小笠原(7)-鈴木(1)-石井(1)

本塁打
SU:アレン(6回)
D:藤井(4回)

若竜21年ぶり快挙、二塁打9本 田中、攻守にMVP級の活躍(大本営)
16安打の猛攻 (サーパス初戦) (公式サイト)

辻2軍監督「(田中は)いいところでタイムリー2本打ったからね。きょうのMVPだね。打てるバッターは見逃し方もいい。一生(中村一)、新井もよくなってきた。
しかし、いつもこんな楽に勝てるといいんだけどね。」(大本営)

田中(3打点)「狙い通りの球をしっかりと打つことができました。最近、結果が出ていなかったのでよかったです」(公式サイト)
「まぐれです」(大本営)

中村一(3安打)「たまたま・・・・かな?早めにタイミングを取るようにして良くなりました。」(公式サイト)
「2本とも変化球にうまく反応できました」(大本営)

藤井(本塁打)「1、2打席が内容が悪かったので打ててよかったです。1打席1打席無駄にしないよう大事に立ちたいです。」(大本営)

堂上直(2安打)「久しぶりにヒットを2本打ててよかったです。」(大本営)

小笠原(先発7回1失点)「指の掛かりも良かったし、外角に良い球が投げられました。今日はなかなか良かったです。」(公式サイト)

小林コーチ(小笠原について)「3回まで球数が多かったけど4回以降は自分のペースで投げていた。特に真っすぐがキレていた。」(大本営)

沢井(親子ゲーム出場、ただし「親」はベンチ入りのみ)「大変なわけないです。いくら練習しても試合に出ないと身につかないこともありますからね」(大本営)

落合監督「うちの若い選手は、何でなのかわからないけど、下に落ちたすぐ後にケガをするんだ。上にいるうちはいいんだけど・・・。あそこが痛い、ここが痛いとなるんだよ。
辻なら、そういうところもキチッとやってくれると思ってるから」(大本営)

二塁打9本のウ・リーグタイ記録で快勝。
小笠原は7回をアレンのソロホームラン一本に抑えました。
まあ来週長峰のところの先発かな

なお中村公が15日のカープ戦(由宇)で右ひざを故障、
実戦復帰まで一ヶ月以上かかる見込み




|

« D5-0T(4.17)百九拾弐 | トップページ | D1-9T(4.18)初回轟沈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カウントダウン9→8:

» 米米 クラブを知り尽くせ! [米米 クラブを知り尽くせ!]
懐かしいけど永遠!米米クラブが好きな人のために最近の情報を集めました。[石井] [続きを読む]

受信: 2007.04.19 16:43

« D5-0T(4.17)百九拾弐 | トップページ | D1-9T(4.18)初回轟沈 »