« ちょっとしたこと | トップページ | D5-1S(4.1)新青三号 »

2007.04.01

朝倉劇場~天狗飛翔編

開幕直前のローカル応援番組で
同僚から天狗ッぷりを指摘された朝倉でしたが
今季初登板は7回無失点にタイムリーと大活躍
今季の劇場の第一幕は
まずはハッピーエンドでちゅ(←まああれだ個人的に、こういう口調は苦手だ)



ドラゴンズ6-0スワローズ

落合監督「荒木はセカンドにゴロを打ってっていえば打てるだけに、簡単にアウトアウト1つやることもない。やるにしても多少は相手に考えてもらう方が・・・。いつもいつもとはいかないし、ゲームの流れを見てだけど。
1点あれば2点とられなきゃ、2点あれば3点とられなきゃいい。先に点数あるにこしたことはないけど、1点の次は2点、2点の次は3点・・・。結局、ヒットを打ったのは点を取ったイニングだけだろ?それがヒットじゃなく、四球でもエラーでもうまく結びつけられるかってことでしょう。4より5、5より6点のほうが後ろのピッチャーも楽になる。
(朝倉は)完投させるのも1つの方法論だろうけど、シーズン中に何ゲームかすればそういうスタミナもあるだろう。(開幕直後は)結構ピッチャーは疲れるらしい。投げたことないから分からないけど、球数以上に。
今年というか去年を踏み台にした成長じゃないのかな。あとは点を取ってくれない時にどう我慢するか。取ったときに何としても(直後は)とられないようにするか。それがいい(打線との)巡り合わせになっていく
。」(大本営)


強過ぎ! 竜連勝 朝倉、投打でヒーロー(大本営トップ)
ツバメキラー朝倉、好投7回2安打0封「緊張した」(スポニチ)
朝倉投げて打って今季初勝利(日刊)
朝倉気迫の7回零封!中日開幕連勝(報知)
フォーム修正で柱の投球 成長朝倉、昨季以上の期待(共同通信・スポーツナビ)

朝倉「めちゃくちゃ緊張しました。基本的には緊張しないんですけど、きょうは…。最初の四球と、自分の打席のことしか覚えてないです。オープン戦が悪かったんで、結果を出さなきゃ、という思いでした。
去年はチャンスで打てなかったんで、練習しました。
初戦にしてはよかったのかな。でも、次はもっといい登板にしたい。」(大本営)

「計算通りにゴロを打たせた。結果が出せてすげーうれしい。」(日刊)

森コーチ「一つ大人になったということだ。」(スポニチ)

朝倉が7回無失点の上々のスタート。
今季は本当に信頼される投手になるための足固めのシーズンですね。


小林「自分の持ち場で抑えられてよかったです。この調子を続けていきたいです。」(大本営)

S青木(小林について)「(最後の球は)自分ではストライクと思ったけど、審判に確認したらボールでした。ちょっとやっかいですね。追い込まれてから(打席の)前のほうに立つ位置を変えてみたんですが、届かなかったです。」(大本営)

小林は朝倉が少し困っていた感じのあった青木を空振り三振に抑えました。
ルール改正とかいい感じで追い風は吹いているようです。


来日初登板グラセスキが1回無失点(日刊)

グラセスキ「初めての登板で、緊張というか、プレッシャーを感じた。点差は開いていたけど、うまくストライクをとることだけを考えた投げた。」(大本営)
「初めての場面でプレッシャーを感じた。うまくストライクをとることに集中していた」(日刊)

グラセスキも初登板。
東海ラジオ解説の谷沢は「先発タイプ」と評していましたが、さて?
(おそらく案外コントロールがまとまっていたからでしょう)


井端通算1000本安打に王手(日刊)

井端「思い切り振れなかったけど、よく飛んだね。まあ、残りの2打席が情けない。インコースを狙われて・・・。
1000本安打?どさくさに紛れて打ちたかったけどね。まあ、あした。通過点じゃなくて目標を達成したい。今シーズンのね。」(大本営)
「全打席で打つつもりでやっていますから」(日刊)

井端は先制の口火を切るツーベース。
1000安打まであと1

中日・荒木V撃「感謝の一打」ばあちゃん見てくれ(スポニチ)
2番荒木が先制タイムリー(日刊)

荒木「打ったのはストレートランナーを進めようと思っていたのが、たまたまヒットになっただけです。最低セカンドゴロと思っていたからラッキーでした。
(母校の活躍は)発奮材料になりました。熊工には優勝目指して頑張ってほしいです」(大本営)
(試合前)「本当にばあちゃんには世話になったんですよ。90歳だから大往生なんだけど、きょうはどんな形でもいいからヒットを打ちたい」(スポニチ)

荒木が「セカンドゴロを打てといえば打てる選手」(落合監督)というのは
意外(?)な高評価かも
先制の場面は
落合監督と違う理由で
バントなんて微塵も頭をよぎらなかったなぁ
(井端がすでにスコアリングポジションにいたせいもあるけど)

新外国人・李が来日初打点(日刊)

イ・ビョンギュ「(グライシンガーは)初めての(対戦の)選手と違って、対戦したことのある選手。心理的な不安はそれほどなかったですね。
2ストライクと追い込まれていたので、広く対応できるように心がけていた。打ちそこなったけど、飛んだコースがよかったですね。
オープン戦はオープン戦。結果云々より、相手投手の研究や審判のストライクゾーンに慣れるためにやっていた。オープン戦で結果が出なかったことはまったく気にしていません。
毎試合チームのために頑張って、こういう結果が出せてうれしい」(大本営)

イ・ビョンギュは来日初打点。


ノリ、連日の2安打!(大本営)
ノリ、好調“連夜2安打”「自然とバットが出た」(スポニチ)
ノリまた打った!竜連勝だ単独首位だ(日刊)
ノリにノッてる!中日・中村紀、連勝呼ぶ2試合連続マルチ(サンスポ)
ノリが新天地でいきなりお立ち台!(デイリー)
連夜の快打 中村紀(共同通信・スポーツナビ)

中村紀「1日1本を目指していますが、2本、出ていますね。
(故障の左ひざは)痛い。腫れてます。
自分の調子もそうですが、チームが勝つことが優先なので、このまま続けていきたい」(大本営)
「追い込まれていたし自然とバットが出た。
(元同僚Bsローズには)ナイスバッティングって言われたよ」(スポニチ)

中村紀は連日のマルチ安打


立浪 代打の新神様 勝ち越し打の翌日はダメ押し打(大本営)
代打立浪さすがの2戦連続打点(日刊)

立浪「空振りをしてから切り替えて、最悪、外野フライでもと思ったのがいい結果になった。ダメのダメを押せてよかった。
まあ、結果を出せないと悔しいんで必死でやっているよ。
オープン戦の最後の方でDHで出させてもらったでしょ。あれで調子を上げた。ありがたいです。」(大本営)
「確実にダメのダメ押しをしたいのでよかったです。最悪、外野フライでもと思っていたのがいい結果につながりました」(日刊)

代打で登場の立浪はこの日も打点。
コールからヒットを打って歓声にこたえつつベンチに戻るまで
『様式美』にまでなりつつあるな


開幕戦3勝の川上が一夜明け練習(日刊)

川上「記録は特に意識していないし、あまり興味はないです。ただ冷静に考えて8回3失点は、先発としてそんなに悪くないかなとも思います。野球の流れもありますからね」(日刊)

川上は次は中5日でジャイアンツ戦の3試合目か?


長峰「ぼくはいつもあまり変わらないです。」(大本営)

長峰が1日の先発予想



<ファーム:ドラゴンズ1-2カープ

3.31(ナゴヤ)
C:|000|001|100| =2
D:|000|100|000| =1

投手
C:今井(5)-○山中(2)-森(0・1)-仁部(0・1)-田中(0・1)-Sマルテ(1)
D:浅尾(5)-三沢(1)-●石井(1)-石川(1)-クルス(1)

ファーム情報(公式サイト)
小笠原 5イニング50球ゼロ封 1軍お呼び待ち(大本営)
堂上直 4試合連続安打(大本営)

小笠原(先発5回無失点)「ストレートも腕が振れました。変化球もストレートを投げる感じで投げれたので良かったです。低めにもいったし、結果を出すだけです」(公式サイト)
「きょうは無駄な球をなくすことを心がけました。球数が少なかったのがよかったですね。
毎年のことですけど、いつでもいける準備はしていますよ。
状態はずっといいんです。」(大本営)

堂上直(4番・1安打)「いつも通り積極的にいってそれが結果につながっていると思います。でも、1本じゃなくて2本と打たないといけないです。」(大本営)

小笠原は場合によっては来週後半の先発もあるのかな
佐藤亮がもし1日のファームの登板が悪くても
一度一軍で使ったほしいんですけれどもね




|

« ちょっとしたこと | トップページ | D5-1S(4.1)新青三号 »

コメント

絶望した!
いきなり開いたHome Pageの口調のアホさに絶望した!
あれじゃ馬鹿丸出しじゃないですか!


『様式美』良いですね。
『代打・たつなみさん』がファンサービスに留まらず、きちんと機能してくれている事はとても嬉しいです。

投稿: 糸色望 | 2007.04.01 17:04

 こんちは~ 今日ケーブルTVでファーム見てたけど
 解説は豪華に(堂上照館長)今日の先発佐藤亮くんはあまり出来がよくなかったのか、持ち味のボールが決まらず最後までしかめっ面の顔でした。もう少し下で調整がほしいかな。

投稿: えぽな | 2007.04.01 17:07

>>糸色望さん

1.タイプミス(携帯からの更新らしいから其の可能性は低いと思いますが)
2.子供向け(子供に失礼な話だと思う)
3.素

のどれかによって評価はかわりますね。
基本的に先輩川上の路線のようですね>朝倉の公式サイト


>>えぽな師匠
佐藤亮、「5回2失点」だけをみると
まだいいんですけれどもねぇ・・・

展開次第ですけれども
上で一度駄目出しでもいいから見たいんですけれどもね。
小笠原はもう少し先でもそこそこやってくれそうだし

投稿: MegaDra@管理人 | 2007.04.01 17:51

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉劇場~天狗飛翔編:

« ちょっとしたこと | トップページ | D5-1S(4.1)新青三号 »