« S10-6D(4.22)四球合戦 | トップページ | 出場選手登録(4.23)中継ぎ再編 »

2007.04.23

名古屋にいったら中日スポーツ

とういわけで名古屋に戻って来ました。

MKコラムによると
2年前の『わいわい広場』での大バッシングで
川上はマスコミに心を許さなくなったそうな
(オフのCTVみたいに酒の力を借りないとダメか?
それにしても次の年から公式サイトを始めるとは・・・わかりやすいヤツ)

『捕手別防御率』(本当にやるとはな・・・苦笑)が
どうのこうのという記事の下にありました。

まあ同情されているようじゃお話にならないんですが>谷繁



スワローズ10-6ドラゴンズ

中田で首位陥落 魔の6回に悪夢の6連打(大本営)
中日ガックリ今季ワースト10失点で首位から陥落(スポニチ)
オレ竜、逆転負けで首位陥落(日刊)
中日・福留2発5安打5打点!サイクル目前の固め打ち(サンスポ)
オレ竜21安打16得点うっぷん晴らし(報知)
中日・福留2発5安打5打点!サイクル目前の固め打ち(デイリー)

中田「野手の方にいいかたちで点を取ってもらったのに、申し訳ないです。
(コースが)高かった部分もあると思うけど、直接的に一番後悔しているのはその前にラミレスに本塁打を打たれたところと(6回に)もう一度打たれたところ。
(ラミレスの本塁打はカウント)2-2から低めを狙ったフォークが高めにいった。完全な自分のミス」(大本営)

落合監督「自滅。そういう(不運な当たり)問題と違う。野球ってのはこれだけ広いところでやってるんだから。不運も何も・・・。これから(本人が)考えりゃいい。これが現状なんだから
吉見とは立場が違う。ローテーションを守っていかなきゃいけない投手と、いいピッチングをしてこれからローテーションに入っていかなきゃいけない投手の違い。一本立ちしていかなきゃいけないんだから。まあ、中田に負けがついたんだからよかったんじゃないか。それだけが」(大本営)


中田が初黒星
これまでの3勝が運がよすぎたから
その振り子が多少戻ったというところかな
戻りきらないうちにしっかりとした内容で立て直してほしいなぁ


谷繁危機、今季最悪10失点 どうなる捕手3人制(大本営)
スタメン復帰の谷繁は敗戦に「力不足」(日刊)

谷繁「(中田は)悪いなりに踏ん張っていたし、1球でも多く投げさせてあげたかったけど、自分の力が及ばずに…。勉強ですわ」(大本営)
「悪いなりに頑張っていたが、1球だけ甘くなって(5回に)3ランを打たれた。それでも次の回もゼロで行こうと声をかけていたんだが。
中田に1球でも多く投げさせてやりたかった。僕の力が足りなかったということ。勉強ですね。」(日刊)

落合監督「(捕手の起用は)わからん。これからは。結果がすべての世界だから」(報知)

田村コーチ「この球場(の狭さ)でこの風。リードは難しかったと思うが、条件は一緒でもある。(6回の連打は)結果的だけど、ストレートを打たれているわけだから、もう少しうまくできたのかもしれない」(大本営)

個人的に谷繁のリードは嫌いだけど
それがいいのか悪いのかってのは
また別次元のはなしで難しいですな。
谷繁が衰えてきたのは事実でしょうが

「小田メイン」っていうのは考えにくいなというのが今の自分の感覚


やったぜ森岡!プロ1号(大本営)
森岡、本人もビックリ 5年目でのプロ初ホームラン(スポニチ)
5年目森岡がプロ初本塁打(日刊)

森岡「感触はよかったけど、ライトフライです。風のおかげですよ。
結果が出たのはよかったです。」(大本営)
「無我夢中で振りました。感触は良かったんですけど、ライトフライかと思いました」(スポニチ)


森岡がプロ初本塁打。


福留が2試合連発(日刊)

福留「あれ(本塁打)は完璧な打撃が出来たね。あーあ、最後も捕まえたんだけど、打球が上がらなかった。失敗した。
中田?どんなに投手が点をとられても、オレたちが点をとらないといけない」(大本営)
「あそこはいい打ち方ができた。でも若い投手が投げていたし、もっと点を取ってあげたかった」(日刊)


見ていて一緒に観戦していた人と話していたんですけど
福留って間違いなくリーグ屈指の好選手なんですけれども
『そこはかとない物足りなさ』が常について回るっているような・・・

期待のしすぎとは思いたくないけど


ノリ、孤軍奮闘の2打点(日刊)

中村紀「1回は捕られるかと思ったけど、うまく抜けてくれた。犠飛は詰まった。最低限の仕事は出来ました。でも、チームが負けてしまってはね」(大本営)

中村の犠飛のときのウッズの二塁から三塁への走塁に
ドラゴンズでの『教育』の成果を見た思いがします。

アウト(4点目認められず)だったら叩かれるような際どいタイミングでしたけど

中村のことじゃなくて
イ・ビョンギュがどうこうって話(苦笑)


井端、左ひじ死球にヒヤリ…(日刊)

井端「腫れ?まだわからないです。」(日刊)

井端は初回に四球。
あとの打席で
ファウルを打った時に
監督が出てくるなど
相当痛そうですね



浅尾「ボクのところにも『何で勝ちじゃないの?』ってメールが、友だちから来ました。自分ではどうやった勝ちがつくかよくわからないし、先発して抑えて、はじめていただけるものと思っています」(大本営)

21日の試合で勝利投手がSラミレスになった件についての浅尾のコメント
あの場合だと浅尾の投球イニングがもう1/3長ければ
(Sラミレスとの差が1イニング以内なら)
協議の対象だったようですね(おそらく浅尾が勝利投手だった)




|

« S10-6D(4.22)四球合戦 | トップページ | 出場選手登録(4.23)中継ぎ再編 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋にいったら中日スポーツ:

« S10-6D(4.22)四球合戦 | トップページ | 出場選手登録(4.23)中継ぎ再編 »